PHPがプログラミング言語じゃない?特徴や将来性を考察

PHPベースのワードプレス 電気電子・情報工学
ワードプレスのブログは主にPHPベースで書かれています。ワードプレスについて深く理解するならPHPは必須

PHPがプログラミング言語じゃないと揶揄される理由を特徴や将来性を踏まえて元WEBプログラマーでPHPでウェブサイトを製作していた筆者が解説します。

PHPはれっきとしたプログラミング言語ですが、使えないと揶揄されたり嫌われたりするのは型や関数で使用される演算に許容性というか寛容性があり過ぎて、他の言語と比べるとまとまりのないようなコードに見える事に起因しています。

言語の使用例の話をするとFacebook・ホワイトハウスのCMS(ワードプレスと似ているドゥルーパル)・私たちがブログで良く使用しているワードプレスはPHP言語で作られています。

スポンサーリンク

PHPがプログラミング言語じゃない?特徴や将来性を考察ポイント

  • PHPは関数や型などの処理に許容性と汎用性が高く誰でも扱いやすい一方、見た目が煩雑になりがちなのが揶揄される原因。
  • PHP言語は動いただけでは危険な部分がある。きちんと対策しないとハッキングの対象になる事がある。(XSSクロスサイトスクリプティング・SQLインジェクション攻撃など)
  • PHPは使えないという訳ではない。使い方次第!今でもホワイトハウスを始めワードプレスやFacebookはPHP言語で書かれている。(ワードプレスを深く知りたいならPHPの習得は必須)
PR:このページではプロモーションを表示しています

PHPとHTMLはどっちから入門・勉強するのが適切?

PHPを学ぶ上でHTMLは避けては通れませんが、どちらから勉強するのがおすすめかを結論から言うとHTMLです。

HTMLが理解できていない状態ではPHP言語の習得には進めませんので、最低限HTMLとそれに付随する言語であるCSSを学んでからPHPを学びましょう。

それでは、HTMLとPHPで具体的にどんな事が出来るのかをもう少し詳細に解説します。

HTMLはサイトの枠組みを作り文章を整える

仮に、HTMLが全くないサイトでPHPだけを使ったらどのようなウェブサイトが出来上がるでしょうか。

答えは簡単で、何の装飾も無いただの文章が並んでいるだけです。

画像を配置したりするのも文章の段落や改行を作るのもHTMLの仕事なので、HTMLが無いとただつながった文字が並ぶだけのサイトが出来上がる事になります。

HTMLは見出しのH1タグやtitleタイトルタグを使用してSEOを行います。(SEOとは簡単に説明すると検索エンジンに上位表示するために必要な施策の一つです)

上記の様にhtmlが無いとサイトの枠組みが整わないばかりか、検索エンジンにウェブサイトに必要な情報を与える事が出来ませんので、自分のサイトをサーチコンソールに登録してインデックス申請を行っても検索にヒットさせる事ができません。

HTMLソースを表示
ウェブサイト→右クリック→ソースの表示

HTMLのソースの表示を行い、HTMLが表示されないと焦る方がいる様ですが、コクーンなどの高速化設定が原因ですのでそれを切ればHTMLを表示する事が出来ます。

CSSはウェブサイトの見た目を整えるのが仕事

HTMLに対してCSSはサイトの見た目をととのえるのが専門です。

HTMLでも文字の大きさやテキストの位置などの変更は出来ますが、CSSではHTMLでは出来ない更に細かな設定が出来ます。

CSSが理解できるようになると見た目を整えるのは勿論、fontawesomeなどのサイトを利用して当サイトのようにテキストの前に好きなアイコンを配置する事も可能です。

ちょっと内容が抽象的なので、もうすこし具体的に多くのブロガーが使っているワードプレスに絞って考えると、私はワードプレスのテーマにCSSを独自に変更する事でオリジナル処理を読み込ませています。

具体的には外観→テーマファイルエディタ→style.cssに処理を追加する事で既存のテーマに直に変更を加えずに、オリジナルの変更を読み込ませる事が出来ます。

『使っている検索窓のアイコンの色やサイズが気に入らないから変更』『この部分の要素はいらないから非表示(HTMLのソース上では表示される)』他にも色々ありますが主にこれらの用途で使用しています。

Font Awesome
The internet's icon library + toolkit. Used by millions of designers, devs, & content creators. Open-source. Always free...

例えば、既存サイトのロゴにdisplay:none;を指定してロゴを消そうとする場合を考えてみます。

ソースを見ながら画像のファイル名で検索して該当箇所を探すのもアリですが、そんなことをしなくてももっと便利な機能がクロームでは標準で備わっています。

それがデベロッパーツールです。

クロームのデベロッパーツール
デベロッパーツールはCSSで変更を加えるのに大変便利

キーボードのF12ボタンを押すと、右サイドに画像のようなデベロッパーモードが出現します。

2番のボタンを押すとセレクトモードになり、各部分の要素を選択できるようになります。

試しに画像のロゴの要素を選択すると、画像の様に4番の部分が赤で反転します。

ここで出てきた要素にスタイルシートで変更を加えるわけです。

コクーンstyle.css
ダッシュボード→外観→テーマファイルエディター→style.css

スタイルシートの選択は、ワードプレスの管理画面のダッシュボードから外観をクリックし、テーマファイルエディターへと進みます。

該当するテーマでは必ず子テーマになっているか確認しましょう。(デフォルトで選択はされているが)

styel.cssが出てきますのでここで選択した要素に変更を加える記述をします。(ピックアップされ反転された部分をコピーしました)

<img class="site-logo-image header-site-logo-image" src="https://jpprepper.com/wp-content/uploads/2024/02/header-logo-kawane-lab-e1708826503428.png" alt="川根本町ラボ" width="499" height="150">

この部分の画像のロゴを見てみるとclassに”site-logo-image header-site-logo-image”が指定されていますので、このスタイルに対して変更を加えればよいことが分かります。

試に子テーマのstyle.cssに以下を入力して意図的にロゴを消してみましょう。

/*画像ロゴさようなら!出てこないでください*/
site-logo-image.header-site-logo-image {display: none;}

すると、サイトのロゴが消えれば成功です。

コクーンcocoonを使用しているユーザーであれば上記の方法で意図的にCSSでロゴを非表示にする事が出来ます。

ワードプレスを使い、CSSでデベロッパーツールの操作方法と見た目の変更を行う方法の一例を紹介しました。

PHPとHTMLを組合せると何が出来るのか

PHPで出来る処理の範囲や内容が細かすぎてすべて網羅する事は出来ませんが、大体以下のような事が出来ると捉えて後は