圧電スピーカーとスピーカーの使い方と音質の違いは歴然!

スピーカー単体 電気電子・情報工学
様々な形のスピーカーがあるがこれは細長い。通常のスピーカーは大抵が丸い

圧電スピーカー(圧電ブザー)とスピーカーの音質や使い方の違いを知って工作に役立てましょう。

圧電素子を利用したものはセラミック媒体で小型・省電力・低コストで大量生産可能ですが、音楽を聴いたり音質は期待できません。(あくまで簡易的な用途で100均等の低コスト製品向け)

スピーカーは大型化出来、大電力を流す事が出来るので高音質で音楽を楽しむ事が出来ますがコストが高いです。

どちらもブザーの様な音を出すだけならブロッキング発振回路を使えば簡単に音が出ます。

構造の違いは圧電スピーカー(圧電ブザー)は内部にとても薄いセラミックと振動版で構成されており、圧電効果を利用して音を鳴らしますが、スピーカーは磁石とコイルの振動で音を鳴らします。

スポンサーリンク

圧電スピーカーとスピーカーの使い方と音質の違いは歴然のポイント

  • 圧電スピーカーと圧電ブザーは基本的な仕組みは全く同じ。両方とも圧電素子のセラミックを利用している。
  • 圧電スピーカー(圧電ブザー)とスピーカーの違いは圧電素子を利用しているかコイルと磁石を利用しているかの違い。
  • 音質はコイルと磁石を使ったスピーカーが断然有利で音楽向き。コストと比較すると圧電スピーカー(圧電ブザー)に軍配が上がるが、低音質であくまで簡易的な用途
  • 圧電ブザーと同じようなもので電子ブザーがあるがこれは内部に発振回路が内蔵されており、1.5Vの電池で動作する。圧電スピーカー(圧電ブザー)・またはスピーカーは直流の電池では動作しない。
PR:このページではプロモーションを表示しています

圧電スピーカーはスピーカーと比べ音楽向きの音質はどちらが有利?

始めに抑えておきたいのが、圧電スピーカーと圧電ブザーは仕組みは全く同じという事です。

若干の違いを挙げるとすると、圧電ブザーは下記のようなプラスチックの簡易的な外装ですが、スピーカーとなると音質をよくするためにエンクロージャー化されて音が前面から出るように各使用機器の躯体で指向性を持たせています。

電子工作用の圧電ブザー
パッケージ化された圧電ブザー。基盤やボックスに固定できる
スピーカー単体
様々な形のスピーカーがあるがこれは細長い。通常のスピーカーは大抵が丸い

さて、本題の圧電スピーカーとスピーカーの違いですが、既に大きさから比べても全く異なりますね。

圧電スピーカーは簡易的なおもちゃや100均の防犯ブザーで使われる

圧電スピーカーは構造が簡単で大量生産可能な為、おもちゃや安い100均の防犯ブザーとして使われています。

大型化可能で大きな電流を流す事が出来るスピーカーと比べると大型化するのが難しいので、圧電スピーカーとして利用する場合は、簡易的な製品ととらえておくのが良いでしょう。

とにかくスピーカーと比べて製造コストが安いのが特徴です。

薄いセラミックで金属板を振動させているので、大型化には向かないのは前述したとおりです。

圧電ブザーの単体:表側
振動させた金属板を穴の開いた蓋をすることで集音性能を上げているようだ
圧電ブザーの単体:裏側
圧電ブザーの裏側。白い部分が圧電セラミック