イヤホン線が切れた!断線防止や中の線が見えてる時の簡単な直し方

イヤホンが断線!ハンダを使わない修理方法も公開 電気電子・情報工学
イヤホンと言っても無線・有線・片耳のみと様々な種類がある

有線イヤホンの線が切れたら、音がブツブツ切れる事や急に聞こえなくなる事はよくある事ですし、両耳のイヤホンが断線しなくても片耳だけ聞こえない事も有線イヤホンだとよく起こります。

今回の記事では有線イヤホンの線が切れたり、線の中が見えている状態や聞こえなくなった時の簡単な直し方と、断線防止!ハンダなしで修理は可能か?どんな道具や材料が必要?イヤホンが断線すると感電して危ないって聞くけど?こんな悩みに技術的な解説を交えてお答えします。

スポンサーリンク

イヤホン線が切れた!断線防止や中の線が見えてる時の簡単な直し方ポイント

  • イヤホンが切れたりすると、感電して危ないというのは誤情報!そもそもイヤホンを駆動するには人が感電する程の高電圧・電流が必要ないからです。(イヤホンを駆動するのに必要な電圧は僅か数mV-1V程度)
  • 線が断線したイヤホンを修理するのにハンダが無くても修理は可能です!但し、スリーブを使用するのでカシメ工具が必要。
  • イヤホンが片耳しか聞こえないのは四本のうちの線の一本・もしくは二本が断線しているから。(後ほど詳しく解説)
PR:このページではプロモーションを表示しています

イヤホン線が切れた!断線すると感電して危ないってホント!?

冒頭のポイントでお伝えしたとおり、結論から言ってイヤホンで感電する心配や危険性はありません。

但し、家庭用のスピーカーアンプから取れる有線イヤホンやBluetoothの無線イヤホンでは危険が異なります。

感電注意ステッカー
イヤホンで感電する危険性はありません

イヤホンの動作電圧は数mV-1V程度の電圧で動作します。

殆どのイヤホンは乾電池式のポータブルなものですので、内部回路的にも大きな電圧を発生させる回路がないので、感電の心配はありません。

ただ、一点注意が必要なのがアンプ付きの家電のスピーカーで、100Vを使用しています。

これが何らかの原因で内部回路がショートしてイヤホン迄漏電していないとは限りません!こういった製品は予測不能なので、テスターや検電器を使用して実際に漏電しているか確認するしかありません。

ブツブツ切れて片耳だけ聞こえない中の線が見えている時の簡単な修理

有線のイヤホンがブツブツ切れて両耳もしくは片耳だけ聞こえない症状の断線修理について解説します。

イヤホンのイメージ
クリスタルイヤホンは時代の遺物で現在は安価で大量生産できるセラミックイヤホンが主流

断線を修理する方法として大きく分けて二つの修理方法が存在します。

一つ目がハンダを使わずに、スリーブを断線個所に通してカシメ工具でかしめて断線部分を圧着する断線修理方法です。

この断線修理方法の良い所は、ハンダ付けよりも断線修理が簡単で早く終わる点ですが、金属スリーブを使用して工具で圧着するので、どうしても圧着部分がコブになってそこが洋服やカバンに引っかかって取り出しにくくなり、そのひっかかりが原因でイヤホン線の断線の原因になる事もあります。

筆者は次に書くハンダ付け断線修理をお勧めします。

ハンダ付けでの断線修理は断線個所をハンダ付けして熱収縮チューブで覆いますので、先のようなコブが出来ずに使用できます。

また、ハンダごてとハンダがあれば、イヤホンジャックの根本部分の断線にも対応できるからです。

イヤホンジャックの根本部分がぐらぐらしてしまうとイヤホンの端子をカットして新たなイヤホンジャックをハンダ付けするしかありません。

イヤホンの断線をハンダなしで修理する簡単な直し方

イヤホンの断線をハンダ付けなしで断線修理する簡単な直し方を解説します。

写真のように赤色のグリップは本来VVFケーブルの被覆をむいたりリングスリーブをかしめる時に使用する工具ですが、小径のリングスリーブならイヤホンの断線修理に使えないこともありません。

ワイヤーカット工具
有線イヤホン断線