パソコンに水をこぼした!電源がつかない時の知恵袋。乾燥時間は?

パソコンに水をこぼした 田舎暮らしを楽しむ
電源がつかない場合は直ぐに電源を抜いて純水で洗浄しよう

パソコンに水をこぼした!電源がつかない時の対処法や注意点に関する知恵袋について解説します。

パソコンの液晶の水シミはエタノールで簡単に落ちますし、ノートパソコンにお茶や水をこぼした場合も、純水で洗浄すれば大丈夫な事も多いです。(但し、電源が入ってない事前提ですが)

今回の記事ではパソコンに水やお茶をこぼした!電源が入らない・水没した時の乾燥時間の知恵袋についてお話しします。

他の記事を読んでも、水で洗う・ふき取る・乾燥する等、どれも当たり前で誰でも思いつくような対処方法の記事ばかりが目立ち本質的な解決になっていません。
そこで、元電気電子工学科で数多くの関連会社で勤務経験のある筆者が、
パソコンに液体をこぼしてしまった時の本当の解決方法について解説します。

スポンサーリンク

パソコンに水をこぼした!電源がつかない時の知恵袋。乾燥時間は?ポイント

  • パソコンに水やお茶をこぼした!電源がつかない時は、純水で洗浄すれば大丈夫な事が多い
  • 液晶の水シミはエタノールで洗浄すれば落ちる!但し多量に使い過ぎると変色の危険性も
  • パソコンが水没した時の乾燥時間は環境によりけりだが、分解して一週間ほど乾かせば大丈夫
PR:このページではプロモーションを表示しています

パソコンに水をこぼして電源がつかない時の知恵袋!感電対策第一

結論から言いますが、パソコンに液体をこぼしてしまった場合、用意するものは『純水』です。

他の記事で書かれている、水で洗って乾燥!拭いて数日放置して乾燥は、正直言って無意味です。

タブレットに水をこぼした
タブレットは分解が難しいので直ぐに修理に出そう

なぜ、こんな無意味な対処方法が世に氾濫してしまうのかというと、水やお茶に含まれる成分や、電気の基本的な知識について無知な方が多すぎる事が原因です。

パソコン屋さんの書いた記事でも同じような無意味な対処方法が書かれている事が多く、驚きますが、ある意味仕方無い事です。

彼らはハードウェアやパソコンの関連知識に関するプロではありますが、電気に関しての基本的な知識は素人です。

では、なぜパソコンに水をかけて洗浄したり、ふき取って乾燥する事が無意味なのか具体的に解説します。

まず、液体には導体と絶縁体が存在し、水・お茶・コーヒーは導体で、早い話が電気を流す性質を持っています。

これは、水やお茶の内部に含まれるミネラルが電気を通す働きをするので、これがパソコンが起動しなくなる原因です。

分かりやすく解説すると、導体である水がパソコン内部の基盤に浸入すると、めちゃくちゃに内部回路を接続し、正しい命令や処理が実行されない事が原因です。

一方、半導体の製造現場で使用される水は純水で、ミネラルや不純物を含まない水の事です。

不純物を一切含まない水は、絶縁体で電気を通す事がありませんので、半導体の洗浄に使えるという訳です。

水で洗って乾燥させた場合、一見綺麗になったように見えますが、乾燥した後に残ったミネラルのシミや不純物が導体の役割を果たし、いつまでたってもパソコンが起動しない原因です。

パソコンにお茶や水をこぼしてしまった場合!感電リスクの知恵袋

パソコンに水をこぼして電源がつかない時に焦りますね!そんな時の知恵袋について解説します。

まずは、感電対策が第一です!パソコンに水やお茶をこぼして動作しなくなる事よりも、感電のリスクが一番危険ですので、パソコンに液体をこぼした場合は直ぐに電源を抜いて冷静に対処しましょう。

特に注意が必要なのが電源周りで、パソコンの電源はAC100Vからパソコンが動く電圧まで降圧したり、ACからDCへ変換する役割を持っていますが、この中にはコンデンサーという部品が入っており、これが電気を貯める電池のような役割をしています。

このコンデンサーには220V等の高電圧が蓄電されている場合もあり、電源を切っても直ぐには放電されず、濡れた手で電源を触ると感電の危険があり非常に危険ですので、パソコンにお茶や水をこぼしたり、水没してしまった場合は、たとえ電源を抜いたとしても感電の注意が必要です。