スベア123r生産終了?どこで買える?使い方の変更は?

スベア123r 田舎暮らしを楽しむ
付属のカップとスベア123r。カップは軽量のアルミ製

スベア123rは、元々スウェーデンで生産されていたアウトドア用のガソリンストーブですが、2017年に生産が台湾に移されただけで生産終了はしていません。

スベア23rは1955年に発売されて以来、60年以上愛され続けるロングセラーモデルのガソリンストーブです。

マニアックなアウトドアショップやウェブ上を探すと、今も生産終了されたスウェーデン製スベア123rが販売されています。

使い方は生産終了したモデルと同じで、部品なども互換性があるものがありますのでメンテナンスは容易です。

スベア123rの購入を検討している方向けに、プレヒート時の使い方や、購入方法を解説します。

スポンサーリンク

スベア123r生産終了?どこで買える?使い方の変更は?ポイント

  • スベア23rは生産終了していません!スウェーデンから台湾へ生産が移されただけで、現在もネットや店舗で入手する事が出来ます。
  • 生産終了したスウェーデンモデルのスベア123rも稀に在庫品や未使用品が出回る事がある。
  • 使い方の変更点も無く、プレヒートしてから気化したガスに火を着ける構造は1955年発売当初から変わらない。
PR:このページではプロモーションを表示しています

スベア123rは生産終了してない!リアル店舗やネットで入手可能

真鍮の美しい輝きが魅力のレトロなガソリンストーブ”スベア123r”は生産終了しておらず、現在も入手が可能です!

この記事では、スベア123rの購入を検討している方向けに、使い方・メンテナンスの方法・使用時のコツを解説します。

スベア123rは点火して使えるようになるまで少し慣れが必要な癖のある道具ですが、スベア123rは点火時の手間とストーブ独特の癖を楽しむアウトドア道具です。

キャンティーンカップとの比較
キャンティーンカップや水筒よりも小さいストーブだが高火力なスベア123r
スベア123r刻印
見難いけど、svea123rの刻印が見える

スベア123rは、2017年にスウェーデンでの生産が終了し、製造は台湾に移管されました

そのため、現在販売されているものは「MADE IN TAIWAN」と刻印されています。

外観や性能は以前のものと変わりありませんが、製造国が変わったことを懸念する声も一部ありますが、品質管理は徹底されており、信頼性の高いストーブであることに変わりはありません。

スベア123Rは、1955年に発売されて以来、60年以上愛され続けるロングセラーモデルです。

そのコンパクトさ、頑丈さ、シンプルな構造で、登山やキャンプをはじめ、様々なアウトドアシーンで活躍しています。

もし、スベア123Rの購入を検討されている場合は、製造国が台湾製であることを承知の上でご検討ください。

スベア123rの使い方2パターン!ポンピングとプレヒートで点火

スベア123rの使い方は、ガソリンを入れたらポンピングを2,3回だけして後は出てきたガソリンに火を着けてプレヒートを繰り返せば、直ぐに炎が安定し、別途プレヒートジェル等を使用する手間もありません。

水筒・123r・点火ツール
ブログネタに久々に引っ張り出して来たスベア123r