バルサン一部屋だけや家具をそのままでも使える!家にいても大丈夫?

ペットとバルサン 田舎暮らしを楽しむ
燻煙タイプのバルサンを別の部屋で焚く事が多いが、ペットに影響は無い

バルサンを一部屋だけ使ったり一時間だけ使っても問題ありませんし、家具・荷物をそのままで置いたまま使っても大きな影響が出る事はまれですが、幾つか注意点も存在します。

ペットがいても使えるバルサンでも、使用中は人やペットは別の部屋に移動してから使う事が大前提で、中途半端な時間で使うと薬剤耐性のある害虫を増やす事に繋がる為注意が必要です。

そのまま置いた家具や荷物に与える影響は、ピレスロイド系薬剤がエステル化合物故、水や洗剤に溶解しにくく、油のようなベタつきが残る可能性があります。

そうった場合の掃除の仕方は、エステル化合物がエタノールに溶けやすいという性質を利用して、エタノールを含ませた布で優しくふき取りましょう。

スポンサーリンク

バルサン一部屋だけや家具をそのままでも使える!家にいても大丈夫?ポイント

  • バルサンを一部屋だけ・一時間だけという使い方は薬剤耐性を持った害虫を増やす原因になる!使用時間は守ろう。
  • バルサンはペットがいても使える商品も存在するが、使用中は人やペットの移動は大前提!使用後は適切な換気を行う事。
  • 家具をそのまま・荷物を置いたままでの使用も問題ないが、エステル化合物というピレスロイド系薬剤の性質上、油に似たようなべた付きが残る可能性がある。ふき取りはエタノールで!
PR:このページではプロモーションを表示しています

バルサンは一部屋だけ使える?一部屋だけだと他の部屋に逃げる可能性

バルサンは勿論一部屋だけ使えるのでとても便利ですが、一部屋だけ使用するとデメリットもあるってご存じですか?

三個パックのバルサン燻煙タイプ
値段はバルサンシリーズの中でも高め

一部屋だけバルサンを使用する事のデメリットは、バルサンを焚いて居ない一部屋以外に害虫が移動してしまう可能性があるからです。

他にもバルサンを一部屋だけ使うデメリットが存在します。

薬剤を中途半端に使用する事で、薬剤耐性のある害虫が生まれてしまう可能性が高い事です。

特に、近年話題になっている『トコジラミは薬剤耐性が非常に高い』事で知られていますので、中途半端に一部屋だけ殺虫しても、かえって逆効果になる事も十分にありえます。

また、布団の縫い目に紛れ込んだ小さなダニや、トコジラミのような薬剤耐性が強く、隙間に潜り込んで隠れる害虫は、霧状タイプの薬剤では上手く殺虫出来ない事も多いです。

この場合、中途半端に一部屋だけ使えるから大丈夫と安易な考えで使用すると、逆効果になります。

近年のトコジラミは、一般的な殺虫成分であるピレスロイド系殺虫剤への耐性も強く、その薬剤耐性の強さから、『別名スーパートコジラミ』と呼ばれる程です。

バルサンを一部屋だけ使う事で他に懸念される問題として、一部屋だけ使うと薬剤の濃度が高くなりすぎるという問題があります。

勿論、薬剤の濃度が高い=殺虫効果も高い事は確かですが、下記の見出しで解説した通り、薬剤の濃度が高いという事は、家具や他の日用品に与える影響も大きくなるという事です。

特に、ピレスロイド系薬剤は、化学的には「エステル化合物」に分類されますので、油脂(トリグリセリド)とは異なる構造を持ち油ではありませんが、水に溶けにくいという性質を持っていますので、薬剤が手につくと、油の様にベタベタした不快感が残り、ふき取ってもなかなか薬剤が取れません。

↑これ結構重要で、スプレータイプの薬剤が手について石鹸で洗ってもなかなか落ちない経験をした方もいると思います。

油ではないので、基本的に洗剤でも落ちにくいのがピレスロイド系薬剤です。

この弱点は、他のサイトや公式サイトにも書かれていないバルサンを含めピレスロイド系薬剤の意外な盲点なので、注意する必要があります。

鏡などがあると、とてもベタベタしてふき取ってもなかなか落ちません。

エステル化合物にも様々な種類があり、炭素鎖が長いエステルと短いエステルでもエタノールへの溶解度は異なりますが、洗剤や水で落とすよりはエタノールでふき取った方が溶解しやすいです。

もし、バルサンを焚いた後にピレスロイド系薬剤が家具にべたついてしまった場合は、エタノールを含んだ雑巾やウエスで掃除すると落としやすいかもしれません。

ピレスロイド系薬剤の化学構造の詳細は、国立科学研究所さんが分かりやすいです。