笹竹を枯らす方法はこれがベスト!簡単な笹駆除の除草剤と道具

笹竹イメージ 田舎暮らしを楽しむ
竹はとても固く丈夫なので人力での根絶は不可能!

家に笹竹や笹が生えると厄介です。笹は植えてはいけない植物のランキング上位に入るほど駆除するのが大変な植物です。

竹は地中に太い根を張って繋がっているので、地上に出ている笹や竹を切ったところで竹が枯れる事は永遠にありません。

笹竹を枯らす方法は、塩や石灰などもってのほかです。効果が無いばかりか塩は永遠に地中に残るので、まいた所に二度と植物が育ちませんし笹や竹に浸透する程の効果はありません。

笹竹を枯らす方法は根から根絶する抜本的な駆除しかありません。私の自宅に生えている笹や竹を例にそのコツを解説します。

スポンサーリンク

笹竹を枯らす方法!笹駆除の除草剤と道具のポイント

  • 笹竹を枯らす方法で一番のおすすめは、ランダムに切った竹にラウンドアップなどの除草剤を直接注射器で注入し、防水テープで蓋をして放置すること。
  • 崖や傾斜地などの竹はむやみ枯らすと丈夫な根の土留め効果が無くなり土砂崩れの原因になることもあるので注意が必要。意外な落とし穴です。
  • ユンボでの駆除経験もあるが、取り残しがあるとやはりそこから生えてくる。竹の生命力はすさまじい!
  • ユンボ以外の道具で笹竹の根を掘り起こすのはお勧めしない。あまりにも効率が悪く笹竹は人力で掘り起こせる代物ではない。
PR:このページではプロモーションを表示しています

笹竹を枯らす方法は結局なにがお勧めなのよ?竹の根も枯らす薬が鍵

斜面の笹竹の根っこ
ユンボで斜面を削った時に出てきた笹竹の根っこ

冒頭でも書きましたが、笹や竹はその辺に生えている雑草とは違い、小手先のテクニックでは枯らす事が出来ません。

例えば熱湯等が良い例です。竹の根はとても深く丈夫で熱湯はとても根には届きません。

同様に除草剤を含む塩や石灰もですし、竹を枯らせる時期も関係ありません。こんなものを適当にまいたところで、熱湯と同様に竹の根まで浸透しません。第一竹の根は固まって生えるわけではなく、かなりまばらで広範囲なので、いくら除草剤を含む薬剤をまいたところで焼け石に水です。

冒頭で竹の根を枯らす薬が鍵と書きましたが、笹竹を枯らす方法はコツがあります。薬剤を撒くのではありません。竹を切って直接入れて蓋をするのです。後は放置するだけです。

笹竹の根っこ
手では抜けない!重機が必要

画像をご覧ください。地面に生えた笹竹の根っこの分かりやすい写真です。これはユンボで笹竹が生えている地面の根っこを整地した時に出てきました。

笹竹は密集していても根っこ自体はかなりランダムで通間隔で埋まっている事が分かります。

画像にもコメントしましたが、ここは通り道ですが放置しています。このレベルの太さでも人力ではとても抜けません!

土起こし器のような道具を使っても不可能です。体力と時間の無駄なのであきらめた方が良いです。

笹竹の切り口
笹竹を枯らす方法
切り口は図のように節になっているので、節に穴を開けて薬剤を注入する

竹をカットすると、上記の様な節になっています。ずらして切れば節に当たらずに穴を開けられますが、笹竹を枯らす方法のお勧めは画像のように節の部分で竹をカットしてドリルやキリで小さく穴を開けて、注射器でラウンドアップなどのグリホサート系の薬剤を注入してテープでふさぎます。

ポイントは穴を小さく開けて、水などが入ったりこぼれたりしないようにすることです。

節の部分を外して大きな穴を開けてしまうと、テープでふさぐのが大変です。

開いた大穴から水が侵入したり、風で揺れてこぼれたり薬剤が浸透する前に蒸発してしまったのでは無意味です。

小さな穴を開けて放置しておけば、後は勝手に根っこも腐るのでおススメです。

笹竹は中国原産の亜種!庭に植えられる竹とご近所トラブル

調べたところによると、一般的に笹竹や竹などと呼ばれているものは、孟宗竹で中国から日本の京都に持ち込まれたのが始まりの様です。

竹には針のような細長い種があります。この種が、なんらかの植物を刈り取って移動した時や洋服についたりして広まる事が多いようです。

また、笹竹を塀などの代わりとして利用する場合に注意したいのがご近所トラブルです。

先の話のように笹竹の種は小さくとがっているので洋服についたり風に飛ばされたりして隣接する近所の庭に生えたら大変です。

種が飛んでこなくても笹竹は植えたところに大人しく生えているわけではなく、どんどん生息域を拡大する為、地下で繋がりご近所の庭を破壊する事があります。

都心方面では最近隣接する住宅が多いので、笹竹による近所トラブルも実際に起こっています。

笹竹イメージ
竹はとても固く丈夫なので人力での根絶は不可能!

竹の詳しい生態や構造を勉強し、記事を書く上で近畿大学のHPが参考になりました。