アシダカグモはなつく?殺してしまったということはゴキブリが復活する

アシダカグモを殺してしてしまったということは? 田舎暮らしを楽しむ
アシダカグモはかなりの益虫の為、ゴキブリが復活する可能性大!

アシダカグモはなつくというより慣れる事があります。

益虫なので、ゴキブリ・ハエ・蚊・蛾等の不快害虫が大好きで、好んで捕食する肉食蜘蛛です。

アシダカグモが出る原因は、上記の不快害虫が多い家屋という事になりますが、個体数も多くゴキブリを始めとした害虫が全滅するのは時間の問題と言えますので、見つけても気持ち悪いから殺してしまったという事の無いよに見守りましょう。

また、タカアシグモ・アシダカグモに違いがある訳ではなく、単に呼び方が異なるだけです。

スポンサーリンク

アシダカグモはなつく?殺してしまったということはゴキブリが復活するポイント

  • アシダカグモは基本的にはなつく事は無いが、慣れて手に登ったり、ピンセットで与えたエサを食べるようになる事もある。
  • アシダカグモがいるということは他の不快害虫の個体数が減るという事。特にゴキブリ・蚊・蛾・ハエは大好物。
  • アシダカグモが出る原因はエサとなるゴキブリが多くいる証拠。毒性は無く益虫なので殺してしまったという事の無いように見守ろう。
PR:このページではプロモーションを表示しています

アシダカグモはなつくとかわいい?寿命・購入方法・死因を解説!

アシダカグモは基本的になつくことはありませんが、それでもペットとして飼育する場合、ピンセットで与えた小さめのコオロギや虫を食べるようになるそうです。

もっと慣れてくると手に乗ったりもするそうですが、ここまでなつくというより慣れるのは稀で、アシダカグモはとても臆病な性格の為、人に慣れる事は殆どないようです。

クモ目アシダカグモ科の節足動物で、巣を張って獲物を捕獲する蜘蛛と違い、徘徊して俊敏な動きで獲物を捕まえるのが特徴です。

壁のアシダカグモ
自然界では保護色だが室内では異様に目立つ存在!

アシダカグモの寿命は平均3年ほどと言われていますが、長い個体だと7年以上生きたという記録もあるそうです。

私の家では頻繁に見かけるアシダカグモですが、意外にも結構な価格で販売されており、アマゾンや楽天を見ると、今まで見た事の無いようなアシダカグモの個体が販売されていました。

アシダカグモは抜け殻にも価値があるようで、アシダカグモは生まれてから脱皮を繰り返し成虫になりますが、完全な形の抜け殻は4万円以上の価格で取引されることもあるようです。

アシダカグモは肉食性で、蜘蛛の巣は張らずに自身の俊敏な動きで、主にハエ・ゴキブリ・ハサミムシ等の昆虫の他に、何とネズミまでも捕食する事があるそうです。

ペットとして飼育する場合は、主に小さめのコオロギをピンセットで与えるとなつくこともあるようです。

意外な死因として挙げらるのが水不足で、アシダカグモは水をよく飲むそうなので、水や砂糖水を含ませたティッシュを飼育容器と一緒に入れておく必要があります。

弱ってくると、足を縮ませて丸まり体が縮こまってくるそうなので、アシダカグモの健康管理目安になるかもしれません。

アシダカグモに関する記事はWikipediaで詳しくまとめられています。

アシダカグモ - Wikipedia

アシダカグモを殺してしまった!気持ち悪いけど殺したらダメな益虫!

アシダカグモは人にとっては無害なので、絶対に殺してはいけません!万が一殺してしまったとしても、アシダカグモは夏に卵を300匹程生み