ベアグリルスの死因と病気!現在の生活は?ナイフで芋虫を食べた人!

ベアグリルスの現在や死因説について解説 田舎暮らしを楽しむ
ベアグリルスは存命中で死因説はデマです

ベアグリルスとは元SASの隊員で、現在は冒険家として活躍していますが、サバイバル中に芋虫を食べたり数々の無茶な行動で、病気や死因説等が噂されていますが、現在も存命中です。

数々のサバイバル経験を活かし、ナイフブランドのGB(ガーバー)では、自身が監修したナイフでサバイバルを行っています。

私が最も尊敬する数人の一人、ベアグリルスについて、サバイバル中の逸話(芋虫を食べたり)、死因説や病気説、現在の生活について、ベアグリルスが監修したナイフについても解説します。

スポンサーリンク

ベアグリルスの死因と病気!現在の生活は?ナイフで芋虫を食べた人!ポイント

  • ベアグリルスの死亡や死因説は嘘!過去には大事故や病気にかかったこともあるが、現在も自身の経験を活かし、冒険家や活動家として活躍中。
  • ベアグリスが、自身の経験と知識を凝縮させたナイフを初め、数々の道具がGB(ガーバー)から発売されている。
  • ベアグリスは過去に様々なサバイバル食を食べてきたが、その中でも有名なのが芋虫を食べる動画。
PR:このページではプロモーションを表示しています

ベアグリルス級の有名人だとなぜかネットで死因説が検索されてしまう

ベアグリルスもそうですが、なぜか有名人だと死亡説や死因説が独り歩きする事がありますが、ベアグリルスは死因どころか現在も生きていますし、自身の経験を生かし、サバイバル番組などで現在も活躍しています。

ベアグリルスは無敵のヒーロー
死因説どころか現在も様々な分野で活躍中です

ここで、私の尊敬する人物の一人であるベアグリルスについて解説します。

ベア・グリルス(本名:エドワード・マイケル・グリルス、1974年6月7日生まれ)は、イギリス出身の作家、冒険家、テレビ司会者です。

彼は、世界中の過酷な環境で生き残るためのサバイバル術を紹介するテレビ番組「MAN vs. WILD(原題:Man vs. Wild)」で有名です。

ベアグリルスの経歴:幼少期よりサバイバルの英才教育を受ける

番組中でも解説していますが、ベアグリルスが登山やアウトドアに目覚めたのは、ご多分に漏れず両親の影響を強く受けているそうです。

  • 4歳の時に家族と共にワイト島へ移住。
  • 8歳からスカウトに入団し、登山やカヌーなどのアウトドア活動に親しむ。
  • 21歳でイギリス陸軍に入隊し、特殊部隊(SAS)に配属される。
  • 23歳でエベレストに登頂し、当時最年少の英国人登山家となる。
  • 2006年より、テレビ番組「MAN vs. WILD」に出演。
  • 2010年、英国スカウト協会の最年少会長に就任。
  • 2013年、アメリカ合衆国大統領バラク・オバマから「冒険家功労章」を授与される。

ベアグリルスの人物像はクールなイケメン

サバイバルとか軍隊に入る人って、ごっついマッチョを想像しますが、ベアグリルスはそんな事は無く、どちらかというと細身で端正な顔立ちをしていますが、異常なまでに屈強な精神力と体力は、一般人の想像を遥かに凌駕しています。

  • 屈強な精神力と体力を持つ。
  • 過酷な状況でも冷静さを失わず、創意工夫で困難を乗り越える。
  • サバイバル術だけでなく、野生生物や自然環境に関する知識も豊富。
  • 明るい性格で、ユーモアセンスも持ち合わせている。

ベアグリルスの主な活動しては、アウトドア・サバイバル関連書籍の執筆や、テレビ番組『MAN vs. WILD』への出演、企業向けのコンサル、講演活動が中心です。

ベアグリルスのX『旧Twitter』

ベアグリルスは、日本ではベアニキと呼ばれて親しまれています。</