猫が歯磨きしてない!歯磨き代わりや口を開けない時の知恵袋

口を開けない猫の歯磨き 田舎暮らしを楽しむ
猫が歯磨きしていない場合の対処法は?代わりの方法も解説

猫が歯磨きしてない場合や、一回もしたことない猫の口の中の状態と、歯磨きのコツについて猫を飼っている筆者が解説します。

口を開けない猫でも、最低週に3回は歯磨きする事が推奨されており、全く歯磨きしてない猫は、食べかすが腐り、口臭の原因となる他、歯周病になる可能性も高くなるので、面倒とは言え定期的なケアが欠かせません。

口を開けない猫に無理やり歯磨きをさせると、余計に抵抗するようになるので、まずは少しづつ慣らして猫の負担が少ない方法で歯磨きする必要があります。

理想は子猫の頃から毎日歯を磨くと抵抗があまりなくなります。

スポンサーリンク

猫が歯磨きしてない!歯磨き代わりや口を開けない時の知恵袋ポイント

  • 歯磨きしてない猫や全くしたことない猫に無理に歯磨きをすると、怪我や猫の負担になるので、いきなり歯磨きではなく、負担の少ない方法から試すこと。
  • 歯磨きの代わりになるグッツは沢山あり、歯磨きシートや水にいれるだけの商品もおすすめです。
  • 口を開けない猫は、歯磨きシートも嫌がる場合があるので、歯磨きが難しい場合は定期的な診察をおすすめします。
PR:このページではプロモーションを表示しています

猫が歯磨きしてない!今まで一回もしたことないけど平気?

猫が歯磨きを全くしてないと、将来的に健康リスクが高まる可能性があるので、今からでも歯磨き習慣を身につけることをおすすめします。

家猫は、野生の猫と異なり柔らかいキャットフードを食べるため、歯垢や食べカスが残りやすく、歯周病になりやすい傾向がありますので、猫が歯磨きしてない!今まで一回もしてない場合の知恵袋についてお話しします。

歯磨きを嫌がる猫
全く歯磨きしてない猫にいきなり歯磨きは無理!

歯磨きしてない猫の歯周病は進行すると、口臭・歯槽膿漏・重度の場合は歯の喪失だけでなく、心臓病や腎臓病などの全身疾患にも繋がる可能性があります。

猫の歯磨き頻度は、猫が嫌がらない程度に行う必要があり、理想は毎日歯磨きをする事ですが、歯磨きしてない猫が最初は暴れてたり、口を開けなかったりして多頭飼育している場合も現実的に難しいと思うので、週に2~3回か、最低限三日に一度くらいは歯磨きを行う事もお勧めします。

子猫の頃から始めるのが理想ですが、成猫から始めても問題ありません!但し、経験上歯磨きしてない猫は、慣れるようになるまで相当時間もかかります。

歯磨きしてない猫の猫の口臭の原因は、大きく分けて以下の3つに分類されます。

1. 口腔内の問題

  • 歯周病: 歯磨きしてない猫の猫の口臭で一番多い原因で、歯垢が歯石化し、歯肉炎や歯槽膿漏を引き起こします。
    進行すると、口臭だけでなく、歯の喪失や全身疾患にも繋がる可能性があります。
  • 口内炎: 口内粘膜に炎症や潰瘍ができる病気で口臭だけでなく、食欲不振やよだれが出ているなどの症状がみられます。
  • 歯折れ・脱落: 歯が折れたり抜けたりすると、口臭の原因となります。
  • 口腔腫瘍: 悪性の腫瘍ができると、口臭や出血などの症状がみられます。

2. 内臓疾患