コンクリートを溶かす?サンポールの酸でコンクリートが溶ける危険!

サンポールとコンクリートの関係 田舎暮らしを楽しむ
サンポールはコンクリートを溶かすのか?実際に検証して解説!

コンクリートを溶かす薬剤は主に酸性で、溶かすというよりは中和反応によってコンクリートがもろくなり強度が低下します。

同じアルカリ性の液体も、コンクリート内部のアルカリ性のバランスが崩れてコンクリートを溶かしたり劣化させる原因になるので注意が必要です。

実際の所、サンポールではコンクリートがボロボロになるほどの深刻なダメージになるとは思えません。

サンポールの主成分である塩酸は、常温で気体の為、硫酸のように長くとどまる事が出来ないからです。

スポンサーリンク

コンクリートを溶かす?サンポールの酸でコンクリートが溶ける危険!ポイント

  • コンクリートを溶かすのは、サンポールの主成分の塩酸だけではなく、アルカリ性の液体でもコンクリートは脆くなる。
  • コンクリートが溶ける温度は、一般的に1300℃~1400℃と言われており水和物が溶解しはじめる限界温度。
  • 固まったコンクリートを剥がすモルタルセメントはがし剤は主に強酸性の物質+界面活性剤が主成分。
PR:このページではプロモーションを表示しています

コンクリートはサンポールの成分塩酸で溶けてしまう?結果は!?

結論からお話しすると、サンポールをコンクリートやタイルの掃除に使用する事は出来ますが、原液のままコンクリートの掃除に使用する事はお勧めしません。

サンポールの説明書きを見ると、”タイルには薄めて使用する”と記載されているので、使う事は出来ます。

サンポールの注意書き
一応使用する事は出来るがコンクリートには薄めた上で!

但し、あくまで薄めて使うというのがポイントです!大量に使うと意外と面倒な事になりますのでご注意を!

なぜ、コンクリートにサンポールの使用をおすすめしないのか、まずは科学的根拠から解説します。

コンクリートは元々が強アルカリ性で、酸ポールは強酸性です!二つを混ぜれば化学反応が起きて中和してコンクリート本来の性能を発揮できなくなってしまいますが、これはあくまでコンクリート硬化初期の頃の話です。

コンクリートをDIYで自分で練ったことのある方なら判ると思いますが、コンクリートは水と混ぜると強アルカリ性を発揮し、セメントだけではなく、砂と砂利や他の鉄筋を混ぜる事で最高の強度を発揮します。

実際に水で練ったセメントを手で触ると皮膚が溶けてヌルヌルしますが、雨でぬれたコンクリートを手でさわってもヌルヌルする事はありませんよね?

硬化が終わったコンクリートは、極めて安定した物質なので、コンクリートとはそう簡単には反応しませんが、実は他に注意が必要な理由があります。

コンクリートは液体を吸収しやすい多孔質な構造なので、一度吸い込んだ酸はなかなか揮発せず長くその場に留まります。

それだけならまだ良いのですが、コンクリート土間の場合には、骨材として大抵鉄筋が使われていますが、中の鉄筋にサンポールがしみ込むと、当然ですが骨材が錆びてボロボロになるので、コンクリートの強度は著しく低下します。

他に注意したい点が、変色です!

コンクリートには様々なカビや汚れが付着していますが、土間のようなコン