瞬間接着剤の落とし方!机・金属・木・プラスチックや固まった接着剤の取り方

瞬間接着剤の落とし方! 田舎暮らしを楽しむ
効率的な接着剤の落とし方は、成分と下地が鍵!

固まった瞬間接着剤の落とし方は、接着剤の成分や接着剤がついてしまった下地の種類にもよりますので、それぞれ木製の机・金属・木・プラスチックに対する接着剤の剥がし方について解説します。

先にポイントだけ解説すると、エポキシ系・ウレタン系接着剤は、アルコールや除光液に含まれるアセトンでは落とす事が非常に難しく、耐熱性も高いので、現実的な方法は物理的に削る事が一番です。

下地に傷はついてしまいますが、極力下地への影響を避ける為に、マスキングをしてから作業する事をおすすめします。

対して成分が、ゴム系・アクリル系・水性接着剤は、時間はかかりますが、アルコールでも落ちる可能性が高いです。

アロンアルファを剥がすために、アロンアルファはがし隊などの商品がありますが、主成分はアセトンなので、高いお金を出してブランド製品を買うよりも、100均で除光液を買った方がコスパ的にも効果的です。

スポンサーリンク

瞬間接着剤の落とし方!机・金属・木・プラスチックや固まった接着剤の取り方ポイント

  • 木製の机についた瞬間接着剤の落とし方は、下地のニスに注意!油性ニスだとニスを塗りなおす事になるかもしれない。
  • 金属についた接着剤は、エポキシ系・ウレタン系以外なら除光液・アルコールや熱で落ちる可能性がある。
  • プラスチックのように固まった接着剤を落とす方法は、溶剤や専用リムーバーを使うよりも、養生して物理的に削るのが最も効果的。
PR:このページではプロモーションを表示しています

瞬間接着剤が付いた木製机の落とし方!除光液やアルコールで落ちる?

瞬間接着剤が付いた木製机の落とし方は、市販で”アロンアルファはがし隊”等の製品も販売されていますが、容量が少ない割に、主成分はアセトンと同じで、値段はとても高価なので、アロンアルファには申し訳ないですが、全くお勧めできない商品です。

木材・机の接着剤
木材・机についた接着剤は、下地のニスに注意!

名前を変えて、自社ブランドを活用しただけで、『アロンアルファはがし隊』は売れる事は分かっていますが、無知なユーザー向けで、ブランド名に踊らされると中身は安いのに、ブランド名だけで高く売られている商品を掴まされる結果になるので注意が必要です。

『アロンアルファはがし隊』は、主成分がアセトンなので、効果が無いわけではありませんが、同じ値段で倍以上の瓶入りのアセトンが購入できる事を考えると、正直、アロンアルファの販売戦略には疑問を感じてしまいます。

このサイトでも何度か登場しているマニキュアを落とす除光液ですが、こちらも主成分はアセトンですので、代用する事が出来ます。

中途半端に高いお金を出して、アロンアルファはがし隊を購入する位なら、ダイソーや100均で安い除光液を購入した方が、他の用途にも代用できるので絶対におすすめです。

少し接着剤を落とす成分の話が多くなってしまいましたが、木製の机についた接着剤を落とす時はどうすれば良いでしょうか?

木材に塗られるニスは、代表的なものとして油性と水性ウレタンニスがあり、油性ニスはアセトンで落とす事が可能ですが、水性ウレタンニスは硬化後にアセトンやアルコールでは落とす事が出来ないと覚えておきましょう。

つまり、油性ニスだとアセトンで接着剤事剥がす事が出来ますが、ニスまで一緒にはがれてしまうので、塗りなおしが必要です。

対して水性ウレタンニスは硬化後にアセトンで落とす事は出来ないので、木製の机にこぼした接着剤を選択的に溶かす事が出来ると言えます。

過程に良くあるアルコールですが、アルコールで接着剤をおとすことは難しいです。

特にアロンアルファ・エポキシ・セメンダインにはウレタン系やエポキシ系の接着剤が多いため、アルコールで落とす事は困難です。

主成分がアクリル系やゴム系の接着剤ならアルコールで落ちる可能性が高いので、成分を確認した上で試してみる事をおすすめします。

瞬間接着剤が付いた金属の落とし方は、溶剤を使う他に削る方法もある

瞬間接着剤がついた金属の落とし方は、木製机より気を使う必要が少ないので楽です。