扇風機つけっぱなしで外出すると?つけっぱなしで寝ると死亡の可能性

扇風機をつけっぱなしで外出 田舎暮らしを楽しむ
扇風機をつけっぱなしで外出すると、時間に比例して電気料金が上がる

扇風機をつけっぱなしで外出すると、動作時間に比例して電気代がかかり、モーターによっては異常加熱の原因となるので、安全面からもOFFにしてから外出する事をおすすめします。

扇風機をつけっぱなしで寝ると、死亡リスクがあるという噂は都市伝説の域を出ず、科学的根拠がないため安易に信じない事をおすすめします。

但し、締め切った部屋で扇風機を使用すると、埃が循環して一時的な健康被害を起こす原因となりますし、ブラシモーターの場合、内部で発生したスパークや、過負荷による異常加熱で室内温度上昇の原因となる事が懸念されます。

スポンサーリンク

扇風機つけっぱなしで外出すると?つけっぱなしで寝ると死亡の可能性ポイント

  • 扇風機は他の電化製品よりも低消費電力だが、使用時間に比例して電気料金が加算される為、つけっぱなしで外出するのはお勧めしない。
  • 扇風機をつけっぱなしで寝ると死亡するというのは、韓国ではやりの都市伝説で科学的根拠がない。
  • 締め切った室内で扇風機を使用すると、埃が循環して一時的な健康被害を起こす可能性があり、モーターのスパークが熱となり室内温度上昇のリスクが懸念されている。
PR:このページではプロモーションを表示しています

扇風機をつけっぱなしで外出するのは危険だし電気代の無駄!必ずOFF

扇風機をつけっぱなしで外出するのは非常に勿体ない事です。

昨今の電気代の高騰からも、扇風機は低消費電力と言えども、使用していない電気は出来るだけ消してからつけっぱんしにせず外出するのが望ましいと言えます。

ブラシモーター扇風機
ブラシモーターは特に電気料金が高い

扇風機は内部にモーターを使用しており、微小ながらスパーク現象が起こっています。

このスパーク現象が激しくなると、モーターが熱を帯びて外出時に火災に発展する可能性もゼロではありません。

長期間外出する場合は、扇風機がつけっぱなしにならないように、タイマーを付けるなどして稼働時間に制限を設けて使用するのが適切と言えます。

続いて、扇風機をつけっぱなしにして外出した場合の電気代について解説します。

扇風機の電気代は、基本的に消費電力と使用時間に依存し、扇風機の消費電力はさほど高くないので、電気代がそれほど高くなる心配はありません。

扇風機の消費電力の確認方法は、本体の裏や取り扱い説明書・外箱に必ず記載があるはずです。

消費電力の記載がない扇風機の方が珍しいですが、万が一消費電力が記載されていない古い機種だったり、抵抗や電流が書かれている場合は、以下の記事で商品電力の確認を行う事が出来ます。

消費電力の確認方法や、電気代を効率的に計算する機器について解説!

電気代は、計算するよりも電気料金チェックツールなど、コンセントに差し込んで簡単に使用できるタイプのものもおすすめ商品です。

上記の記事で解説している電気料金の計算方法をかいつまんで説明すると以下の計算式となります。

1時間あたりの電気代: 消費電力(W)÷ 1000 × 電気料金単価(円/kWh)

使用時間あたりの電気代: 1時間あたりの電気代 × 使用時間(時間)

電気料金単価は電力会社や契約プランによって異なりますが、おおよその目安としては、全国平均で31円/kWh程度です。

次に、扇風機をつけっぱなしで外出してしまったとしても、電気代を低く抑える方法について解説します。