部屋にいる蚊を見つける方法の知恵袋!炭酸水・めんつゆトラップ殺虫

部屋にいる蚊を見つける方法は? 田舎暮らしを楽しむ
効率的な蚊の捕虫方法や駆除薬剤の知恵袋!

部屋にいる蚊を見つける方法で効果的な知恵袋について解説します。

部屋にいる蚊を効率的に見つけるにはトラップ作りが有効で、めんつゆは効果がありませんが、炭酸水は科学的根拠からも蚊が好む気体である事が分っています。

蚊は、主に二酸化炭素・乳酸・温度・特定の光源に引き寄せられるので、これらの条件を満たすトラップを作る事で蚊が効率的に捕獲可能という訳です。

部屋にいる蚊の寿命は一般的に2か月程度ですが、吸血したメスは越冬し春頃活動を再開します。

活動を再開した蚊は、少量の水源を利用して産卵するので、蚊を家に大量発生させない抜本的な対策は、水源の除去が第一です。

この記事では、各種トラップの効果や部屋にいる蚊を効率的に見つける方法、蚊の大量発生原因を食い止める抜本的な対策や、捕虫・殺虫の科学的根拠についても解説します。

スポンサーリンク

部屋にいる蚊を見つける方法の知恵袋!炭酸水・めんつゆトラップ殺虫ポイント

  • 部屋にいる蚊を効率的に見つける方法は、温度・二酸化炭素・乳酸・特定の光源が鍵!つまり、この条件を満たすトラップを作る事で蚊を効率的に見つけられる。
  • 蚊のトラップでめんつゆは効果0だが、ハエは沢山捕虫可能。蚊を捕まえるなら炭酸水の飲み残しが効果的。
  • 蚊の寿命は2か月程度、しかし発生サイクルは早く、大量発生の原因である水源を取り除く事が抜本的な蚊対策になる。
PR:このページではプロモーションを表示しています

部屋にいる蚊を見つける方法は?部屋の蚊を見つける知恵袋を公開!

部屋にいる蚊をみつける方法で、蚊をおびき寄せる知恵袋は主に3つあります。

蚊を見つけるより寄せ付けない方が楽
忌避効果のあるオレンジやミントなどの成分も蚊に効果的

具体的な方法は、二酸化炭素・体温・特定の光源と言われており、蚊は人の吐く息や肌に含まれる乳酸と体温を目標にして人によって来ると言われています。

特定の光源については、蚊は主に360~400nmの紫外線に近い波長の光に引き寄せられ、この波長は、人間の皮膚から出る熱に近いため、蚊はこれを餌場を探す指標として利用していると考えられています。

体感しても、私はジュースが好きなので炭酸飲料をよく飲みますが、やはり飲む日と飲まない日では蚊が寄ってくる事や、刺される頻度が断然に違うと感じます。

通常の電撃殺虫器には、特定の光源である紫外線を発生させる事が出来ますし、体温に相当する部分も、機器から発生する熱でカバーできます。

残る二酸化炭素ですが、蚊は飲み残しの炭酸飲料に寄ってくるという数多くの報告があるので、ビールやジュースの飲み残しを電撃殺虫器の近くに置いておくとより効果的と思われます。

炭酸飲料が蚊を寄せ付ける知恵袋の裏付けとして、蚊が好む二酸化炭素を分子や密度というレベルで考えると、二酸化炭素(CO2)の分子量は44g/mol、酸素(O2)の分子量は32g/molです。

つまり、二酸化炭素の分子は酸素の分子よりも重い粒子で構成されています。

従って、飲み残しの炭酸飲料の中には酸素より重い二酸化炭素が長時間留まる事になりますので、ジュースの飲み残しを人肌程度に温める事が出来れば、より蚊を見つけたりおびき寄せる効果が高い事がわかります。

室内の蚊が、二酸化炭素や乳酸に反応してよってくるというのは、実験や科学的根拠からも数多くの立証結果があります。

蚊は普段、壁の隙間やベットの裏やカーテンの裏に隠れている事がありますので、暗いところをよく探すのをおすすめします。