ハッカ油で作った虫除けが逆効果なんてウソ!安全な虫よけ対策法

昭和レトロ吊り下げミニランプ 田舎暮らしを楽しむ
昭和レトロなミニサイズのオイルランプ

ハッカ油で作った虫よけが逆効果になる!?そんな噂を鵜呑みにしてはいけません!ハッカ油で作った虫よけスプレーは天然由来でディートやイカリジンなどの化学成分と違ってお子様がいる家庭でも使用出来て人体影響も無く安全です。ハッカ油を使った安全な虫よけスプレーの作り方から、ゴキブリやシバシムシと今話題のトコジラミ対策の方法についてもおすすめの自作レシピを公開します。

スポンサーリンク

ハッカ油で作った虫除けが逆効果なんてウソ!安全な虫よけ対策法ポイント

  • ハッカ油で作った虫よけは殆どの虫に効果あり!逆効果なんてウソ。話題のトコジラミにも効く。
  • ハッカ油で作った虫よけは成分がミント・ハッカ油なので安全。子供のいる家庭でも安心して使える。
  • 注意点としては、ハッカ油やハッカ油を溶かすエタノールは可燃性の液体で火元には注意するのと、プラスチック製品によっては溶けてヒビが入る場合もある。
PR:このページではプロモーションを表示しています

基本的に虫全般に効果があります。但し、安全である一方化学薬品であるイカリジンやピレスロイド系殺虫剤、ディートなどと比べると効果は劣ります。また、ハッカ油を使用したからと言って虫が駆除出来るわけではありません。あくまで忌避剤としての効果を狙っての防虫対策という事です。

直接振りかけるのは勿論の事、巣穴近くに脱脂綿にしみこませたハッカ油を設置すると暫く虫よけの効果があります。

乾麺・菓子類・穀類・ペットフードが大好きなシバシムシ!食性と駆除方法

シバシムシは、甲虫目シバンムシ科に属する、体長2~3mm前後の小型の甲虫です。世界に2000種以上、日本には137種が生息しています。

生態

シバシムシは、ほとんどの種が樹木を食害する「材害虫」ですが、一部の種(タバコシバンムシ、ジンサンシバンムシ)の幼虫期に雑食性がみられ、さまざまな食品を食害する「貯穀害虫」として問題視されています。

成虫は、4~6月頃に羽化します。成虫は1~2週間ほど生き、卵を産みます。卵は、食品の隙間や、畳や壁のひび割れなどに産み付けられます。

幼虫は、卵から孵化後、食品を食べながら成長していきます。幼虫は、1~2年かけて成長し、蛹になります。蛹は、2~3週間で成虫になります。

食性

シバシムシの幼虫は、雑食性で、小麦粉などの粉類、菓子類、漢方薬や乾燥麺類など、さまざまな食品を食べます。また、畳や壁などの木質材料も食害することがあります。

シバシムシは、食品を汚染するだけでなく、食品の栄養価を低下させるため、食品害虫として問題視されています。

駆除方法

シバシムシの駆除には、以下の方法があります。

  • 食品の密閉保存:食品を密閉容器に入れて、シバシムシの侵入を防ぎます。
  • ゴミの早期回収:ゴミ箱に残った食品カスは、すぐに回収して、シバシムシの繁殖を防ぎます。
  • 掃除機やほうきで掃除:床や家具の隙間などに潜んでいるシバシムシを掃除機やほうきで吸い取ります。
  • 殺虫剤の使用:殺虫剤を使用して、シバシムシを駆除します。

シバシムシの被害を防ぐためには、普段から食品の管理を徹底することが大切です。

ゴキブリがハッカ油に寄って来るなんて大嘘!ハッカ油スプレーはゴキブリにも効果的

読者の皆さんはゴキブリの嗅覚ってどのくらいかご存じですか?あんな小さな体ですが、嗅覚はなんと人間の100倍以上あると言われています。この嗅覚の高さからもゴキブリがハッカ油スプレーをいやがる姿が想像に難くありません。ハッカ油はゴキブリの忌避効果に有効な成分が二つ含まれています。

一つ目がメントールです。メントールはゴキブリの嗅覚に作用して不快感を与えます。人間ですら近くで嗅ぐときつい匂いのメントールですから100倍の嗅覚があるゴキブリにはたまらない不快感でしょう。

もう一つの有効成分がハッカ油に含まれるシネオールです。このシネオールはゴキブリの神経系に作用して興奮状態や麻痺作用を引き起こします。

ただ、生命力の強いゴキブリですのでこれらの作用は一時的なものと思われます。

ハッカ油で作った虫よけスプレーは変色するの?長期保存は可能?

ハッカ油は変色する可能性があります。ハッカ油の主成分であるメントールは、酸化や紫外線に弱い性質があります。そのため、光や空気に触れると、茶色や黒に変色することがあります。また、ポリスチレンなどの素材には溶ける性質があるため、容器に直接入れて保管すると、容器が変形することがあります。

ハッカ油を変色させないためには、以下の点に注意しましょう。

  • 光の当たらない、涼しい場所に保管する
  • 開封後はなるべく早く使い切る
  • ポリスチレン以外の容器に入れて保管する

また、ハッカ油を衣類や布製品に使用する場合は、変色する可能性があるため、目立たない箇所で試してから使用することをおすすめします。

ハッカ油は、さまざまな用途に使える便利なアイテムです。正しく保管して、長く安全に使いましょう。

虫よけスプレーのディートって?危険性を解説

ディートは、蚊やブヨ、ダニなど吸血性の昆虫に効果的な殺虫剤の成分です。日本では、昭和37年から虫よけスプレーの主成分として広く使用されています。

ディートは、神経伝達物質の働きを阻害する作用によって、虫を寄せ付けないようにします。この作用は、人間の神経系にも影響を与える可能性があります。

ディートがもたらす可能性のある危険性としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 神経系への影響

ディートは、神経伝達物質の働きを阻害するため、頭痛、めまい、吐き気、嘔吐、痙攣、意識障害などの神経系への影響を生じる可能性があります。特に、子供や高齢者、妊娠中の女性は、神経系への影響を受けやすいと考えられています。

  • 皮膚への影響

ディートは、皮膚に刺激を与える可能性があります。そのため、敏感肌の人や、日焼けなどで皮膚が弱っている人は、使用に注意が必要です。

  • 吸収による影響

ディートは、皮膚から吸収されて体内に入る可能性があります。そのため、大量に使用したり、長時間使用したりすると、体への影響が懸念されます。

厚生労働省は、ディート入りの虫よけスプレーの使用について、以下の注意事項を示しています。

  • 使用上の注意をよく読み、用法・用量を守って使用してください。
  • 子供や高齢者、妊娠中の女性は、使用に注意してください。
  • 皮膚に傷や湿疹がある場合は、使用しないでください。
  • 日焼けなどで皮膚が弱っている場合は、使用に注意してください。
  • 大量に使用したり、長時間使用したりしないでください。