蚊取り線香で蚊は何分で死ぬ?室内で喉が痛い時の対処と危険な線香ヤニ

蚊取り線香で蚊は何分で死ぬ? 田舎暮らしを楽しむ
通常は数分から数十分で効果があると言われる。室内での使用は危険

蚊取り線香で蚊は何分で死ぬかは、使用する環境にも左右されますが、一般的に数分から数十分で殺虫効果が期待できると言われています。

室内で蚊取り線香をつけて喉が痛い!イガイガする場合は、定期的な換気が必要で、子供やペットのいる家庭ではなるべく使わない方がよいというのが医師の見解として情報がありました。(中野子供クリニック参照)

蚊取り線香の煙は殺虫成分の他に、”灰”と”ヤニ”で、それぞれアルカリ性と酸性の粒子なので、煙は体に悪い影響を与える可能性があります。

家の中で蚊取り線香を使う場合は、全て天然成分で匂いなしの蚊取り線香も販売されていますので、検討するとよいでしょう。

スポンサーリンク

蚊取り線香で蚊は何分で死ぬ?室内で喉が痛い時の対処と危険な線香ヤニポイント

  • 蚊が何分で死ぬかは使用環境に左右されるが、蚊取り線香の効果は数分から数十分で殺虫効果が発揮される!家の中で使うなら匂いなしの蚊取り線香がおすすめ。
  • 医師の見解にもある通り、『蚊取り線香を室内で使う場合は一時的にして換気をする事』が大切で、子供やペットの居る家庭ではお勧めできない。
  • 蚊取り線香の成分で危険は無いが、煙から出る成分は体に悪く、灰とヤニはアルカリ性と酸性の為、のどが痛い!イガイガするという症状が出る。
PR:このページではプロモーションを表示しています

蚊取り線香で蚊が何分で死ぬ?密室での効果!煙はダニにも有効

蚊取り線香の煙に含まれる有効成分(ピレスロイド系化合物)が蚊に接触すると、神経系に作用して麻痺や死に至りますが、死亡までの時間は様々な要因によって異なります。

蚊取り線香の匂いなしタイプは?
家の中で使うなら匂いなしタイプも販売している

蚊に影響を与える要因として、蚊の種類によって感受性が異なり、一般的に、アエデ属(ヤブ蚊)は他の蚊よりも感受性が高いです。

蚊取り線香の有効成分の濃度は、線香の種類や燃焼状態により、煙中の有効成分の濃度が変化します。

蚊取り線香で蚊が何分で死ぬかは、蚊の活動範囲にもあり、活動している蚊は、じっとしている蚊よりも煙に接触しやすいため、影響を受けやすいです。

蚊取り線香の煙は風に流れていくので、使用環境にも蚊が何分で死ぬかが左右され、風通しや室内の温度、湿度なども影響します。

これらの要因を考慮すると、蚊取り線香の煙にさらされてから蚊が死ぬまでの時間は、数分から数十分程度と考えることができます。

ただし、上記のように様々な要因が絡むため、一概に断定することはできません。

蚊取り線香や、前回の記事でも書いた液体蚊取り器に共通して言える事は、熱によって揮発した成分が空気中を漂う事で広範囲に蚊を殺虫する効果がありますので、ピンポイントで隙間などの蚊を退治したい場合は、スプレータイプの薬剤を噴霧するなど様々なタイプの薬剤と併用する事をおすすめします。

アースノーマットは火元や煙が出ないので密室でもつかえる安全な蚊取り線香の一種!成分はピレスロイド系薬剤