ファイヤースターターはいらない!キャンプでカッコいいけど使い難い

ファイヤースターターとナイフ 田舎暮らしを楽しむ
ファイヤースターターはいらない?各国軍隊で使用実績のあるサバイバルグッズ!

ファイヤースターターは使い難いからいらないという方!ファイヤースターターってキャンプで使えるとかっこいいですよね!

ファイヤースターターは一般的にマグネシウムが含まれた金属を、ナイフや付属のストライカーで削り、粉に着火させることで火が着きます。

ライターに比べ、ファイヤースターターは防水性能が高いですが、火が着くまでのステップが多いことがファイヤースターターがいらない!と感じる原因です。

キャンプ・アウトドア・サバイバル・海外でバックパッカーを経験した筆者が、ファイヤースターターは使い難いからいらないという悪いイメージを払拭します。

スポンサーリンク

ファイヤースターターはいらない!キャンプでカッコいいけど使い難いポイント

  • ファイヤースターターはワンタッチで火が出るタイプのものを選ぶと、使い難いからいらない!というイメージを払拭できる。
  • ファイヤースターターがいらないと感じるのは、主に日常生活!かっこいいけど緊急時以外は使い難い事は確か。
  • 様々な用途で使うなら、ライターの方が便利!ファイヤースターターはいらないかもしれない。
PR:このページではプロモーションを表示しています

ファイヤースターターはいらない?緊急用途以外はあまりいらないかも

ファイヤースターターは緊急用途以外はいらないかなと思うのが正直なところです。

手軽に炎の向きや火力を調整できるライターとは違って、あまりにも限定的過ぎる火花の範囲がファイヤースターターがいらないと感じる原因です。

リントンとファイヤースターター
リントンにはファイヤースターターポケットがついている

下記で詳しく解説している事を一度要約すると、ファイヤースターターは3000℃の高温で発火し、ライターよりも高温で燃焼しますが、範囲が限定的で着火時間も短いので、緊急用途に使える道具ではあるものの、使用するにはある程度の練習とスキルが必要だからです。

ファイヤースターターが必要かどうかは個人のニーズにより異なります。

ファイヤースターターは、便利で頼りになる道具ですが、万能ではありません。状況に応じて、適切な着火手段を選択することが重要です。

もし、アウトドア活動や防災対策に興味がある場合は、ファイヤースターターを検討してみるのも良いでしょう。

他のライターや燃焼器具と比較して、ファイヤースターターのメリットとデメリットを解説します。

ファイヤースターターの利点は故障個所が無い事と防水性能

ファイヤースターターは金属の合金の棒を、ストライカーやナイフで擦るだけなので、非常にシンプルな構造です。

この構造の為、ライターの様に複雑な機構や可動部分がなく、劣化もしない為、長期間保存されたファイヤースターターでも直ぐに使えて火を起こす事が出来ます。

また、一般的な100円ライターは水に落とすと着火出来ませんが、(実際かなりの確率で火が着きます。100円ライターのフリントはファイヤースターターと同じ成分なので水に強いです)ファイヤースターターなら、直ぐに水分をふき取って着火する事が出来ます。

  1. 燃料不要: ライターやマッチとは異なり、燃料が不要なので、長期間使用できます。
  2. 水や湿気に強い: 濡れても使用可能なので、アウトドアに最適です。
  3. 災害時の備え: 停電時や緊急時にも火を起こせるため、防災用品としても役立ちます。
  4. サバイバルスキル: 火起こしの基本的なスキルを身につけることができます。