照明カバーが外れない!丸型で昔の照明器具の外し方の手順を解説

宇宙船のようなライト 田舎暮らしを楽しむ
蛍光灯タイプのレトロ照明

丸型で昔の照明器具の照明カバーが外れない!古い照明器具でよくある照明カバーが外れないお悩みを画像と動画で解決します!

昔の照明器具の丸型照明カバーは固定方法が実に様々で、パナソニックやナショナルで規格が決まっているわけではありません。

照明カバー本体にネジが切ってあるガラスタイプのものや、シーリングタイプは溝に合せてはめるもの。

ネジで留まっているものが代表的です。

それぞれの外し方の手順やコツを昔の照明器具がついて居る筆者の自宅を参考に、画像と動画付きで解説します!

スポンサーリンク

照明カバーが外れない!丸型で昔の照明器具の外し方の手順を解説ポイント

  • 昔の照明器具に取り付けられた照明カバーはネジが錆びていて外れない事がある。錆止めを塗りながらバイスクランプなどで少しづつ力をかけて外そう。
  • 照明カバーが外れない原因はいくつかあるが、丸型プラスチックのシーリングライト場合、スライドロック機構の数に対して爪の数が多すぎる為、引っかかて外れない事がある。
  • 昔の照明器具の照明カバーは主に、左に回して取り外すソフトターン方式とネジで固定する方法が主流である。
PR:このページではプロモーションを表示しています

昔の照明カバーの外し方を解説!天井丸型ガラスやシーリングライト

天井丸型のシーリングライトに関しては、内部に蛍光灯が入っているかLEDが内蔵されているかだけで、昔の照明カバーも現代のLEDタイプのものもそれほど変わりはありません。

ガラスタイプのものだと、中心にネジが切ってあり、ネジを取り外す事で照明カバーも一緒に外れるような構造になっています。

丸型の古い照明器具
照明カバー固定用のネジを外すだけで取れる
古い照明器具カバー
ガラス製でとても重いが、ネジ一本で支えている

画像はめちゃくちゃ昔の照明で、内部に丸型の蛍光灯が入っており、照明カバーもガラス製でとても重いです。

現在でいうシーリングライトですが、これは昭和初期のものでかなりレトロです。

昭和後期ごろになると、現在のLEDシーリングライトとは変わらないプラスチック製カバーのシーリングライトが主流になります。

画像のように昔の照明カバーの外し方は、真ん中のネジ一本で照明カバーを固定している事がありますので、このネジを外せば照明カバーも一緒に外れますので、手で支えながら慎重に照明カバーを外します。

外れない丸形の古い照明器具を取り外す様子

動画ではなかなか伝わりにくいですが、ネジはさび付いているので回すのにかなり力を入れています。

また、ガラスは厚みもあるので、その分ネジも長く回しても回しても外れません。

取り外した後も、意外にも重いガラスを一人で支えなければならないので、古い照明カバーを交換する時は、二人作業で一人支えてもらうと作業がしやすいです。

丸型シーリングライト
丸型照明カバーの取り外し方は基本的に変わらない

続いて、照明カバーがプラスチックの丸型シーリングライトの外し方について解説します。

このタイプも外れない場合や、外すのに苦労する場合があります。(構造が簡単なようで手探りで天井についたカバーを取り外すのはなかなか大変です)

丸型照明本体
丸型照明カバーの固定用スリットが三か所ついている

まずは、丸型の照明カバーを外したところからご覧ください。

こちらの丸型シーリングライトは最新のLEDタイプのものですが、今までいくつもの照明カバーを取り外して来た筆者の経験から、LEDシーリングライトも蛍光灯シーリングライトも昭和後期のプラスチックカバー制のものであれば、取り外し方にそれほど差異はありません。

丸型シーリングライト本体の内部を見ると、三か所カバーを固定するスライドロック機構が見えます。

ここに、照明カバーの爪をスライドさせて固定するという仕組みになっています。

丸型照明カバー
丸型照明カバーには写真のようなカバー固定爪がついている

シーリングライトの照明カバーを見ると、画像のようなスライドロック固定用の爪がいくつも見えます。

丸型シーリングライトの照明カバーを外すときは、左に回せば外れ、右に回せばロックされますが、取り外すときがなかなか癖があり、外せないもしくは外しにくいと感じる原因です。

まず、第一にスライドロック機構が三つだけなのに対し、照明カバーの爪の数が多すぎるので、回して外れた状態から更に多く回し過ぎてしまうと、直ぐに他の爪にひっかかっていつまでたっても外れないという原因にな