床下バルサンで火事!注意点とムカデを自分で害虫駆除のやり方は?

床下バルサンで用意する物 田舎暮らしを楽しむ
自分で床下バルサンで害虫駆除する時には火事に注意!

床下のバルサンで火事になる可能性はゼロではなく、バルサンの煙タイプは火薬を使い、煙を揮発させるタイプだからです。

床下バルサンはムカデや害虫駆除に効果的な一方、自分で害虫駆除を行うには注意点も存在します。

やり方は側薬に火を着けて放置するだけですが、あまりに燃えやすいガラクズが床下に堆積していると、火事になる可能性があるからです。

前回はバルサンの家具や人への影響についての記事でしたが、今回は自分で床下バルサンをして害虫駆除を行ったり、火事への危険やムカデに効果があるのかを注意点を交えて解説します。

スポンサーリンク

床下バルサンで火事!注意点とムカデを自分で害虫駆除のやり方は?ポイント

  • 床下バルサンで火事になる危険性!床下に潜って状況が把握しにくい場所の害虫駆除は火事の危険もある。
  • 床下バルサンを自分で行い害虫駆除をするには、新聞紙で換気口を塞ぐとより効果的!
  • やり方は床下の換気口全てを新聞紙で塞いだ上で、側薬に点火したバルサンを置いて、入り口は煙が漏れないように養生テープで目張りする事!
PR:このページではプロモーションを表示しています

床下バルサンで火事!?火薬タイプの床下バルサンは火事にご注意を!

床下バルサンは火事になる危険性があり、非常に危険です!それも側薬を使用して薬剤を揮発させるのですから、火災のリスクは当然です!

前回の記事を読んでいただきたいのですが、私は床下バルサンの煙タイプを使用した時に、危うく失明と火事になりかけました。

床下バルサンの煙タイプって実はめちゃくちゃ危険!側薬が目に飛んで失明しかけ、火傷・床が焦げた時の話
一見何の変哲もないフローリング
一部はまっているだけになっており、床下への出入りは簡単

床下へのアクセスは家によって様々ですが、私は押し入れの床下のフローリングを貼り替えた時に、床下の一部をカットして容易にアクセスできるように改造しました。

見た目には床下へ行けると判りませんが、フローリングのつなぎ目を外すと床下へ潜る事が可能です。

床下バルサンをする時は一旦中を開けてみて、ガラクズが堆積していないか確認しましょう!

古民家や空き家で床下バルサンをする場合、まずはこの確認をしないと、シロアリに食われた腐った木材カスが堆積していたり、蜘蛛の巣が大量にあったりして火がうつる可能性がゼロではないので、床下に潜って極力取り除いてから床下バルサンをしましょう。

業者に頼まず、折角自分で低価格でムカデやゴキブリなどの害虫駆除を行うのに、火事になっては意味がありませんからね。

余談ですが、私は春先にバルサンで床下の害虫駆除を行い、ある程度虫が居なくなってから、サイベーレなどの害虫駆除業者が使用する薬剤を床下に吹きかけて、シロアリやムカデの侵入を防止しています。

床下の蟻道をチェックする事で、シロアリの侵入を防止するとともに、いち早い対策が出来、家も長持ちします。