壁からカリカリ音がする一軒家。ネズミを即日安全撃退する唯一の方法

ネズミの見た目はかわいいが・・・ 田舎暮らしを楽しむ
見た目はカワイイですが病原体の塊のようです

壁からカリカリ音がする一軒家。その正体はどこから!?ネズミ?虫?それともコウモリ?

夜中に壁や床下から何者かの生活音!ガリガリ・カリカリという音がする。こちらからドン!と壁や床を叩き返しても一向に収まらない虫か動物か分からない正体不明の不快音について、数年間虫やネズミ、コウモリ対策に悩まされた筆者が、壁の中や床下に潜む生物の撃退方法を解説。

スポンサーリンク

壁からカリカリ音がする一軒家。ネズミを即日安全撃退する唯一の方法ポイント

  • コウモリは家にも居たが、夜行性で天井付近に巣をつくるので夜中にカリカリ音がするのはコウモリではない。
  • 壁からカリカリ音がするは虫でもない。虫は夏が終わると大抵はいなくなる。つまり冬の夜中に音がするのは不自然である。
    更に、虫は暗い所より照明などの紫外線に引き寄せられる事が多いので、壁の中より室内が好き。
  • 床下や天井に住み着くのは大型のハクビシン(夜行性)・アライグマ・イタチ等。いずれもデカすぎて壁の中には入れない。(筆者も隙間対策をする前に出会ったことがあるが、ネズミの音とは比較にならない。ドン!ドン!ドン!というものすごい音)
  • 壁の中から音がするのはネズミ!ネズミは狭い所が好きで断熱材がある冬に寒さをしのげる場所が好き。しかも、垂直の壁は問題ではない。
  • ネズミを撃退するならまずは隙間を徹底的に塞ぐなどの抜本的対策が必要。その上で超音波発生装置を設置すると直ぐに居なくなる。
PR:このページではプロモーションを表示しています

壁からカリカリ音がする一軒家。冬の夜中に轟く正体不明の不快音

壁からカリカリ音がするのは結論から言ってネズミです。『アパートやマンションも!壁からカリカリ音がするのは一軒家と同じ』でも触れていますが、ネズミは壁の中の温かい狭い空間を好みます。

壁には様々な断熱材が使われており、生活を維持するのに沢山の配線や配管が通っています。

壁の配管や配線の穴は、それほどシビアに作られてはいませんので、ネズミが出入りするのに十分な穴が開いている事もあります。

石膏ボードはかじると粉になってしまいますが、グラスウールやスタイロフォームは保温性に優れ、ネズミがちぎったりかじって巣を作るには丁度良い素材です。

ネズミの身体能力もバカに出来ません。ネズミは垂直の壁を登れるので、壁の下に穴が無くても壁を登って上から入る事が出来ます。

ネズミの大きさや具体的な特徴、撃退サービスなどはダスキンさんが参考になりますね。

ネズミ駆除サービス | ネズミ | お掃除サービスのダスキン
ダスキン ターミニックスのネズミ駆除サービス。捕獲、駆除、忌避、侵入経路閉鎖など、建物の構造や周辺環境に合わせた施工プランをご提案。ネズミを寄せつけにくい環境づくりを行います。

夜中に床下からガリガリ音がする原因は?ネズミ以外の動物です

ネズミは壁の中の様な断熱材があり、保温されている場所が好きなので、空間の広い床下でガリガリと音を立て続ける事は少ないでしょう。(通り道に使う場合はあるかもしれませんが)

夜中に床下からガリガリ音がするのはほぼ、大型の野生動物です。

ハクビシンやイタチやアライグマなどです。特にハクビシンやアライグマについては、北海道などが主な生息域でしたが、近年は全国に生息範囲を拡大しています。見た目はかわいらしいですが、とても狂暴な外来種です。

ハクビシン・アライグマ・イタチは狩猟獣ですが、イタチに関しては注意が必要です。

上記の動物は本来は狩猟免許を持って狩猟者登録をしていなければ捕獲できない動物です。

特に、イタチのメスに関しては狩猟が禁止されているので、安易に毒エサなどで対策しないようにしましょう。(ちなみに、イタチは水田や沼地等の水場を好む動物ですので、ガチの山中ではありま見かけません)

アパートやマンションも!壁からカリカリ音がするのは一軒家と同じ

一軒家以外にもアパートやマンションも例外ではありません。壁からカリカリ音がするのは一軒家と同じことです。

その理由は、ネズミの身体能力にあります。ネズミは垂直の壁でも登れる驚異の身体能力を持っています。

アパートやマンションの基本的な建築構造も一軒家と変わりありません。トタンやサイディング等の外壁があり防水シートそして合板、その中にグラスウールやスタイロフォームや石膏ボードなどの断熱材があり、内壁の壁紙となります。

グラスウールやスタイロフォームなどの断熱材が入っている所には同時に電気配線や、配管などを通す隙間が空いています。

これらの穴を利用してネズミが出入りしているという訳です。

巾木の外れた床、外れたコンセントカバー等はネズミが出入りするのに最適な場所です。そこがキッチンならネズミにとって最高でしょう。

壁の中のネズミはカリカリと何をしているのか!?

壁の中に巣をつくるのは基本的にはネズミです。私の家にはコウモリも居ましたが、コウモリは夜行性で夜中に出ていくことが多く、また天井付近に巣をつくる事が多いです。虫は冬に殆ど出ませんし、ネズミ程長期間生きられません。小型のハクビシンやアナグマは壁に入れる大きさはありません。

従って、夜中に家の壁からカタカタ・カリカリと音がしているのはネズミが原因という訳です。

ネズミが壁の中に巣を作る理由は、主に以下の3つです。

  1. 寒さをしのぐため

ネズミは寒さに弱い動物で、気温が10度以下になると活動が鈍くなります。そのため、冬になると暖かい場所を求めて、壁の中などの暖房が効いている場所に巣を作ります。

  1. 外敵から身を隠すため

ネズミは天敵が多く、常に外敵の脅威にさらされています。そのため、安全な場所を求めて、壁の中などの狭い場所に巣を作ります。

  1. 繁殖するため

ネズミは繁殖力が非常に高く、1回の出産で10匹以上の子ネズミを産みます。そのため、子ネズミを安全に育てるために、壁の中などの安全な場所に巣を作ります。

具体的には、壁の中の断熱材や配管などを巣材として利用し、巣を作ります。巣は、ネズミの体格に合わせて、直径5cm程度の球形や、平らな形になります。

ネズミの巣は、衛生状態が悪く、さまざまな害虫や病原菌の温床になるため、早めに駆除することが大切です。

ネズミは壁を登るのが得意?垂直の壁を物ともしない脅威の身体能力!

ネズミは壁を登ることができます。特に、クマネズミは垂直の壁も登れるほど、壁登りの能力に優れています。

ネズミの足には、壁に引っ掛かるための小さな突起があり、また、尾を支えとして使うことで、安定して壁を登ることができます。また、ネズミは非常に敏捷で、動きが機敏なため、壁を登る際にも、バランスを崩すことなく、スムーズに登ることができます。

ネズミは、壁を登ることで、高いところからエサや水を探したり、敵から身を隠したりすることができます。ま