無線防犯カメラが充電されない時はソーラーパネルの状態を確認

川根本町ラボ | 監視カメラ 田舎暮らしを楽しむ
自宅に防犯カメラを設置してセキュリティ対策をしよう!

田舎暮らしにおいても防犯対策は必要です。昨今で普及率の多い、無線防犯カメラが充電できない時のソーラーパネルの状態や、内部の電池について解説します。

Ring・DEKCO・ANRAN・塚本無線の無線ソーラーパネル防犯カメラも基本的な仕組みは同じですので、ソーラーパネルに陰りや埃はないか、充電電池は正常かの2点を確認しましょう。

無線防犯カメラが充電されない時はソーラーパネルの状態を確認ポイント

  • 無線防犯カメラが充電できない時はまずはソーラーパネルの確認が必須。(ほこりやごみ。葉っぱ一枚でも充電電圧が低下する)
  • 充電電池の18650についても要注意。粗悪品は保護回路が入っていないものがあり、過充電・過放電で直ぐに使えなくなることもあるので、保護回路入りの電池を選ぼう。
  • 電池とソーラーパネルの上記2点の状態を確認したら、無線防犯カメラのアプリで充電されているかを確認して、正常ならばOK。
PR:このページではプロモーションを表示しています

ソーラーパネルが充電されないのはどうして?

筆者はソーラーパネルは防犯カメラの他にも小屋のメイン電源としても使用していますが、ほんの少しの影や葉っぱ一枚乗った程度でも発電電圧は極端に低下します。

小さな無線用の防犯カメラであれば尚更、ソーラーパネルが完全に日の当たる所に設置しなければなりません。

また、最近のソーラーカメラには充電用のバッテリーとして主に18650のリチウムイオンバッテリーが充電用の電池として使用されています。

この電池には内部に保護回路が入っているのですが、保護回路の入っていない状態の電池を使用すると電池が直ぐにダメになる可能性があります。

電池が充電できないと、ソーラーで発電していてもソフト側でエラーとして機能しなくなります。

防犯カメラのソーラーパネルで電池が充電されない時は、まずソーラーパネルの状態を確認して次に使用しているバッテリーについても充電可能か確認しましょう。

塚本無線が最悪という口コミはまことか?

ワイヤレス(Wifi)防犯カメラやソーラーパネル付きの防犯カメラについて調べていると、サジェストキーワードに『塚本無線 最悪』といった気になるキーワードが出てきたので調べてみました。

確かに、実際に楽天などのレビューを見るとかなり高確率で低評価がついているコメントが散見出来ました。

更に詳しく調べてみると、塚本無線の本社は三重県にあるそうですが支社(多分工場)は深圳にあるようなので、おそらく深圳でカメラを製作して日本に卸していると思われます。

日本の会社でも製品自体は海外製品ですので、粗悪品の蔓延している大陸では粗悪品を掴まされる場合も多いです。

私自身塚本無線さんのカメラは使用したことが無いので、実際に悪評も良評も分かりませんが、実際にレビューの評価はイマイチという記載は確かにあるようです。

川根本町で防犯対策を行い事件 事故を未然に防ごう!

川根本町は田舎だからと言え安心は出来ません。しっかり防犯対策を行わないと、空き巣被害の事件を始め何らかの事故に巻き込まれる可能性があります。田舎特有の警戒心が薄いのんきな風土も関係していると思います。移住してからも事件や事故の話は度々耳に入ってきます。川根本町在住の筆者が川根本町で可能なおススメの防犯対策についてお話しします。

【防犯対策が必要な理由】静かな川根本町だからこそ犯罪の標的

私の住んでいる川根本町東藤川地区では、泥棒の被害をよく聞きます。近所でもかなりの数の家が被害にあいました。人の住んでいない空き家などは勿論の事、人の住んでいる住宅の留守を狙っての空き巣。大がかりなものになると工事現場の備品などが狙われるケースもあるそうです。

川根本町が泥棒に狙われる背景

人往来が少なく、空き家も多い川根本町だからこそ注意が必要。誰も来ないと思って対策をしないとある日突然家財道具が持ち去られていた・・・。なんてことが川根本町では実際に起こっています。

川根本町が空き巣被害を受けるポイント

  • 人の往来が少なく静かな環境である。
  • 基本家の鍵を閉めずに開けっ放しにする人が多い。車も同様。
  • 民家同士の距離が離れている。茶ノ木や山が邪魔して見通しが悪い場所がある。

上記に書いた被害を受けるポイントでも判るように、基本的な防犯対策をしている家庭は私が見ても川根本町には全くと言っていい程ありません。更に、近隣店舗に限っては現金やカードを扱う商売であるにも関わらず警備会社は愚か基本的な防犯対策をしていない店舗が殆どです。

犯罪グループは、おそらく外国人や県外のグループではないかと町内で噂されています。
ガソリンスタンドなどの店舗は監視カメラが付いていなかったこともあり、結構荒らされたようです。

川根本町でおススメの防犯対策

地域の駐在さんが定期的に見回りはしているようですが、それでも限界はあります。何事も人任せにしないで自分で出来る対策をするのがおススメです。(うちでは町内で配っている警察官見回りステッカーと監視カメラステッカーを玄関の見える位置に貼っています。)

  • 監視カメラを導入する
    昔と違って今は監視カメラもめちゃくちゃ安いです。ソーラーのものでも安いものだと3000円位で導入出来たりします。安いですが、ソフトウェアが少々使いにくかったりしますが・・・。これくらいの値段で購入できる機種も増えてきているよという事を覚えておいてください。
    監視カメラは個人が出来る最もおススメの防犯対策です。防犯カメラはただ録画するわけではありません。最近のカメラには殆ど顏認証付きでモーターでの自動追尾機能・配線要らずでソーラーパネルの無限の給電・通話機能は標準で搭載しています。
    オマケにこういったネットワークカメラは、カメラ本体を破壊しただけでは無意味で撮影された時点で設定した顏認証が出来なければ、不審人物として即座に撮影され動画は本体のメモリ・サーバ・自分の端末へ送信されますので、高画質なネットワークカメラであれば速やかに犯罪の抑止や解決につながるでしょう。
    自分の家の監視カメラには通話機能や警報機能も付いているので、不審人物を発見次第サイレンを鳴らしたり、通話で警告することも出来ます。特に、外出時等の来客には配達に来た運送会社さんとの通話に役に立っています。

私の自宅も監視カメラやセンサーライトを6台導入して常時監視しています。

セキュリティカメラ:野外
セキュリティカメラ:野外
セキュリティカメラ:モニター
セキュリティカメラ:モニター