イタドリ新芽の食べ方と人気のレシピ!生と塩漬けの下処理とあく抜き

イタドリ 田舎暮らしを楽しむ
イタドリは生命力が強く、竹のように根を張るので毎年生えてくる

イタドリは何処にでも生えるとても生命力の強い植物で、日本では昔から春の山菜としてイタドリの新芽や茎を生でかじったり、塩漬けにして郷土料理として楽しんだりしてきました。

今回の記事では、私の自宅にも毎年生える春の山菜イタドリの新芽の食べ方(あく抜き等の下処理の仕方)や、イタドリ料理で人気のレシピを紹介します。

イタドリにはシュウ酸が多く含まれるので、下処理せずに生で多量に食べると尿路結石の原因となる事があり、カルシウムを多く含むチーズなどと一緒に食べる事により、より結石が出来やすくなります。

シュウ酸は水溶性で、イタドリは他の植物と比べてシュウ酸が少なめの山菜なので、十分なお湯でゆでたり、気になる場合は重曹を小さじ1杯入れる事でシュウ酸を防止する事が出来ます。

スポンサーリンク

イタドリ新芽の食べ方と人気のレシピ!生と塩漬けの下処理とあく抜きポイント

  • イタドリの人気のレシピは油炒めが多いが、新芽や茎は昔から生でかじって酸っぱさを楽しんだりする事もある。塩漬けも多い。
  • シュウ酸は水溶性なので、イタドリを食べる時の下処理はたっぷりのお湯でゆでたり、重曹を少し入れるとあく抜きが出来る。
  • イタドリの新芽は紫の柔らかい葉で、少し成長すると茎が竹のような節状になっており、そこについた新芽は緑色。
PR:このページではプロモーションを表示しています

人気レシピ!イタドリ新芽の食べ方は?生でもイケるが塩漬けでもOK

イタドリの人気レシピは油炒めですが、成長した新芽の食べ方は、生でも塩漬けでも食べる事が出来ます。

イタドリの塩漬けは道の駅でよく見かけますが、成長した新芽でもクセが無いのでさっと洗ってサラダにも出来ますし、天ぷらもとても美味しく食べる事が出来ます。

イタドリの塩漬けや油炒めは他の記事でも沢山人気レシピの紹介があるので、今回はイタドリの新芽を素揚げにして食べてみようと思います。

イタドリの葉と新芽
イタドリは成長しても新芽の部分なら食べられる

肝心なところのピントがぼやけていますが、成長したイタドリの新芽であればおいしく食べる事が出来ます。

新芽の近くには、閉じた新芽と開いた直後の新芽がありますが、どちらを素揚げや天ぷらにしても食べられます。

ただ、開ききって枝分かれした成長した部分の葉は食べられない事は無いですが、硬くてあまりおいしくないですし、新芽よりシュウ酸も含むので、おすすめはしません。

イタドリの新芽の部分
開く前の葉と開いた直後の新芽

先ほど解説したイタドリの閉じた新芽と開いた直後の新芽を採取しました。