東芝洗濯機の乾燥フィルターが濡れる理由!ザブーンダクト奥掃除解説

東芝ドラム式洗濯機 田舎暮らしを楽しむ
東芝ドラム式洗濯機ザブーンを対象に乾燥フィルターが濡れる原因を解説

東芝のドラム式乾燥洗濯機ザブーンは、ごみ取り用の乾燥フィルターが2個ついて居ますが、何度掃除しても濡れる事があります。

これは、フィルターだけの清掃ではダクト奥に残った埃の固まりを除去しきれていない事が原因です。

ダクトの奥までしっかり掃除すれば空気の流れが良くなり、生乾きも乾燥フィルターも濡れる事は無くなります!

具体的な掃除方法や掃除道具についても写真付きで詳しく紹介していますので、『乾燥フィルターが濡れる』『乾燥フィルターを掃除しても乾かない』方はぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

東芝洗濯機の乾燥フィルターが濡れる理由!ザブーンダクト奥掃除解説ポイント

  • 東芝ドラム式乾燥洗濯機ザブーンの乾燥フィルターが濡れる原因は、フィルター本体ばかり掃除してダクト奥につまった埃の掃除をしていないから。
  • 湾曲して掃除し辛い東芝ドラム式乾燥洗濯機ザブーンの吸気・排気ダクトの掃除は充電式マキタの掃除機にホースを付けてダクトに差し込んで掃除するのが効果的。
  • ドラム式乾燥洗濯機の乾燥機能で効率的に乾燥させるには、ダクトの他にも定期的な層洗浄を行い、ドラム外部にへばりついたゴミを洗浄し、ドラムの目詰まりを防止する。
PR:このページではプロモーションを表示しています

東芝ドラム式乾燥洗濯機ザブーンの乾燥フィルターの掃除方法を解説

東芝のドラム式乾燥洗濯機ザブーンについて、乾燥フィルターが濡れてしまうときの掃除方法を画像付きで詳細に解説します。

東芝洗濯機クリーニングツール
クリーニングホースはマキタの掃除機を購入するとついてくる。これが洗濯機の掃除には便利!

まずは掃除用具の準備から!ドラム式乾燥洗濯機の乾燥フィルターの掃除には主に二種類の掃除道具を使用します。

マキタ掃除機+クリーニングホース
クリーニングホースはどんな掃除機にも取り付け可能な汎用品である

充電式マキタ掃除機に付属の延長ホース

これはドラム式乾燥洗濯機全般の掃除に必須の掃除用具で、他の掃除用具は省いてもこれだけは絶対に必要です。

重要な事なので何度も書きますが、東芝『メーカー』の指示通りに定期的に乾燥フィルターを掃除していれば、乾燥フィルターが濡れずに必ず乾くわけではありません。

後ほど写真で解説しますが、乾燥フィルターではどうしても取り切れないダクト内部のゴミが長年使用していればいずれは貯まります。

これは乾燥フィルターをどんなに綺麗に掃除しようが関係ありません!それもそのはず、ダクトの排気口は乾燥フィルターの手前側なので、掃除しないと詰まるのは当然です。