壁紙のヤニはキッチンハイターで落ちる!簡単で最強のヤニ落とし

ハイターで壁ヤニ汚れ落としの違い 田舎暮らしを楽しむ
①をごらんください。前オーナーがヘビースモーカーで壁ヤニがひどいです

どこの家庭にもある漂白剤のキッチンハイターを使えば壁紙のヤニは一瞬で落ちます。結論から言って壁ヤニ落としにはキッチンハイターを使ったヤニ落としが簡単ですし最強です。(配合量的にはカビキラーや強力カビハイターに軍配が上がりますが、どこの家庭にもありヤニを落とすだけならコスパ的にもハイターで十分と言えます)

カビキラー・強力カビハイターやウタマロクリーナー・セスキ炭酸ソーダなどの洗剤についても壁ヤニ落とし効果を検証!

スポンサーリンク

ハイターで壁ヤニ汚れ落としの違い
①をごらんください。前オーナーがヘビースモーカーで壁ヤニがひどいです

まずは写真で結果からご覧ください。この違いです。私の家は古民家で前のオーナーがヘビースモーカーでした。夏になると蚊取り線香を頻繁に焚いていたらしく、たばこのヤニと蚊取り線香のヤニでべったべたでした。一番は比較の為にあえて一部分だけ壁ヤニの汚れを残しています。

➁番はハイターの原液をそのまま使って掃除した壁紙です。これだけ白く綺麗になるのです!

ちょっとすごくないですか?

壁紙のヤニはキッチンハイターで落ちる!簡単で最強のヤニ落としポイント

  • 壁紙のヤニ落としにはキッチンハイターが簡単で最強の汚れ落とし
  • 強力カビハイター>カビキラーの次に最強の壁ヤニ落としはキッチンハイターで決まり!
  • 繊細な壁紙や人体への影響を無視できないならウタマロクリーナーが安全。だが効果は弱い!
PR:このページではプロモーションを表示しています

壁紙のヤニがキッチンハイターで落ちる理由を簡単に説明

酸性汚れの必須道具
ハイターは細菌やウイルスを始め生活の汚れを強力に落としてくれる強い味方

壁紙のヤニ落としをする前に、たばこのヤニについて知る必要があります。タバコのヤニは主に酸性です。壁についた壁ヤニは漂白剤であるアルカリ性洗剤で落とす事が出来ます。

酸性の汚れがアルカリ性洗剤で落ちる理由は、酸性とアルカリ性の性質が反対であることによるものです。

酸性とアルカリ性は、水溶液中の水素イオン濃度(pH)の違いによって分類されます。pHが7より低い溶液を酸性、pHが7より高い溶液をアルカリ性と呼びます。

酸性の汚れには、油汚れ、手垢、食べこぼし、落書きなどがあります。これらの汚れは、酸性であるため、水に溶けにくく、固着しやすいという性質があります。

アルカリ性洗剤は、水溶液中の水素イオン濃度を高める働きがあります。そのため、酸性の汚れにアルカリ性洗剤を作用させると、酸性とアルカリ性が中和されて、水に溶けやすい中性になります。

中性になった汚れは、水に溶けやすくなり、簡単に落とすことができるのです。

具体的には、アルカリ性洗剤の成分である水酸化ナトリウムや炭酸水素ナトリウムが、酸性の汚れの表面に結合して、その性質を中和します。これにより、汚れが水に溶けやすくなり、落としやすくなります。

また、アルカリ性洗剤には、汚れを分解する働きもあります。例えば、油汚れは、脂肪酸とグリセリンのエステル結合によって構成されています。アルカリ性洗剤の成分である水酸化ナトリウムや炭酸水素ナトリウムは、このエステル結合を切断して、脂肪酸とグリセリンに分解します。分解された脂肪酸は、水に溶けやすくなるため、簡単に落とすことができるのです。

このように、酸性の汚れがアルカリ性洗剤で落ちるのは、酸性とアルカリ性の性質が反対であることによるものです。

壁紙にキッチンハイターを使って変色しないの?

壁紙にキッチンハイターをつけた場合、変色する可能性があります。

キッチンハイターは、塩素系漂白剤です。塩素系漂白剤は、酸性汚れを落とすのに効果的ですが、アルカリ性です。アルカリ性洗剤は、酸性汚れと反応して中和する性質がありますが、壁紙の素材によっては、この反応によって変色することがあります。

具体的には、白以外の壁紙や、柄のある壁紙、フッ素加工やシリコン加工などの特殊な加工が施された壁紙は、変色しやすい傾向があります。また、壁紙の表面が傷んでいる場合も、変色しやすくなります。

そのため、壁紙にキッチンハイターをつける場合は、目立たない場所でテストして、変色などが起こらないか確認することをおすすめします。また、原液のまま使用すると、変色や壁紙の剥がれの原因になるため、必ず水で薄めて使用するようにしましょう。

壁紙の変色を防ぐためには、以下の点に注意しましょう。

  • 目立たない場所でテストする
  • 原液のまま使用しない
  • 使用後は、よくすすぐ

また、壁紙のカビ取りには、キッチンハイター以外にも、カビ取り剤やセスキ炭酸ソーダなど、壁紙に適した洗剤を使用するとよいでしょう。

では、実際にハイターやカビキラー等の漂白剤を使用して普段から掃除している壁紙を見てみましょう。

ベニヤに塗装した昔の壁紙
昔の壁紙は薄いベニヤ板に塗装を施しただけの壁紙だが変色は無い
天井の防火ボード
昔のキッチンによくある防火用の石膏ボードもハイターやカビキラーでよく落ちる

壁や天井だけじゃなく、料理や食べこぼしで床にとびちった酸性の油にも有効!

フローリングの床