ハクキンカイロ 火口の寿命は?使い方や仕組を解説

ハクキンカイロ本体と注入ジョッキ 田舎暮らしを楽しむ
ハクキンカイロを使うのに必要な道具は注入ジョッキだけ!

ハクキンカイロの火口寿命を最大限に延ばし、使用する燃料や触媒反応の仕組みや使えなくなった時のメンテナンス方法を徹底解説します!

冬は必ずハクキンカイロを利用し、何シーズンにも渡り同じ触媒を使い続ける筆者がハクキンカイロを使い倒す極意を伝授します。

ハクキンカイロは事故も起こらず安全なハンドウォーマーです。

ハクキンカイロは正しく使えば火口の寿命は長持ちしますし、超音波洗浄によって復活させることもできます。

スポンサーリンク

ハクキンカイロ 火口の寿命は?使い方や仕組のポイント

  • ハクキンカイロの火口の寿命は使い方次第!触媒を劣化させない使用方法が寿命を延ばす鍵。
  • ハクキンカイロは火災などの事故が起きる心配はないが、高温なので使用には注意が必要。
  • ハクキンカイロの火口を復活させるには超音波洗浄がおすすめ。何シーズンも大切に使って発熱しなくなった場合は超音波洗浄で復活する場合がある。
PR:このページではプロモーションを表示しています
ハクキンカイロ本体と注入ジョッキ
ハクキンカイロを使うのに必要な道具は注入ジョッキだけ!

100均で販売しているカイロはだれしも使ったことがあると思います。通常のカイロについて簡単に解説すると、鉄や酸化物で構成されています。鉄が酸化鉄になる過程で熱が発生する仕組みは学校の授業でも定番ですね。しかし、反応が終わった鉄は再び鉄にする事は出来ませんので、使い捨てとなります。

ハクキンカイロにおいては、燃料であるベンジンと触媒のプラチナの触媒反応で熱を発生させます。そもそも鉄ですので、かさばりますし重いです。燃焼時間の調整等も利きません。

ハクキンカイロで使用するのはベンジンだけで本体である触媒は再利用可能なのです。ベンジンは100均で販売している安いものでも十分に使えます。一回のフル給油で朝入れて夕方くらいまでは暖かいです。詳細は25mlで24時間使用可能。500mlの専用オイルでも何と一日たったの1.4円!あまりのコスパの高さに驚きます。

おまけにハクキンカイロはとても安全です。触媒反応で熱を出すだけなので火口が燃えているわけではありません。筆者も何回も裸の状態で布団にそのまま入れて使っていますが、家事どころかボヤもありません。

ハクキンカイロの仕組みを徹底解説。ベンジン【燃料】と触媒反応について

続いてはハクキンカイロのベンジン【燃料】と触媒反応について解説します。

触媒反応で水と炭酸ガスに分解されるときの熱を利用しています。しかし、可燃物の近くでの使用はなるべく避けましょう。(暗闇で見ると触媒が赤熱しているのが見える)

燃料はジッポーオイルやベンジンを利用していますので、火の無い所で点火しましょう。

ハクキンカイロに必要な燃料や道具について

ヤフオクなどで落札しない限り必要なパーツはすべてそろっていますが、あると便利な物や燃料について改めて解説します。

ハクキンベンジンと専用オイルじょうご

ハクキンカイロの燃料はベンジンです。このベンジンを付属の専用じょうごで軽量して注入します。このオイルはジッポーを購入したからと言って指定メーカーのものを必ず買わなければならないという訳ではありません。上記の画像の様にNTベンジンもどこのホームセンターでも販売していますし、コンビニでジッポー専用のものを購入しても良いです。メーカー品は高いですが、100均に行けば黄色いボトルに入った燃料が売っていますので、それでもOKです。

NTベンジン
ハクキンカイロ用のオイルだがZippoオイルでも可
ハクキンカイロオイル注入ボトル
ハクキンカイロにオイルを定量注入する時に使用

キャンプがお好きな方はコールマンのホワイトガソリンも使えます。ただ、ベンジンよりも匂いが気になるので正直あまりお勧めしません。

ライター【マッチ・ターボライターNG】

下記の【ハクキンカイロの火口寿命を延ばす使い方を解説!】でも触れていますが。ライターは100均のライターで十分です。マッチは側薬の酸化力の強い火薬が触媒を傷めますし、ターボライターは火力が強すぎてガラス繊維をダメにする可能性があります。下記のようなライターが炎も通常で扱いやすいです。