排水溝にアルミホイルが効果ない?なぜぬめり防止と抗菌効果がある?

排水溝のぬめり防止と抗菌 田舎暮らしを楽しむ
排水溝のぬめり防止にアルミホイルの効果は?

排水溝にアルミホイルが効果ない?というのはウソでもあり半分本当でもあります。

市販されているアルミホイルにはコーティング処理がしてあるので、金属本来のイオン化能力を十分に発揮できず、全くではないものの、中途半端なぬめり防止効果と抗菌効果しか期待できない場合があります。

また、アルミホイル以外に10円玉もぬめり防止や抗菌に効果的という情報もありますが、10円玉はアルミホイルに比べ陽イオンになりにくく、アルミホイルよりも抗菌効果やぬめり防止効果が少ないと言えます。

アルミホイルを排水溝や風呂に入れたのを忘れた状態で酸やアルカリ等の洗剤で殺菌すると、酸やアルカリどちらにも反応しやすいアルミは水素を発生させて爆発の危険性があり大変危険です。

スポンサーリンク

排水溝にアルミホイルが効果ない?なぜぬめり防止と抗菌効果がある?ポイント

  • 金属の陽イオンの性質を利用して排水溝や風呂のぬめり防止や、抗菌効果を期待したい場合は、陽イオンになりやすい性質の金属を選ぼう!
  • 冒頭でも書いた通り、アルミホイルを風呂や排水溝に入れた事を忘れて酸やアルカリで殺菌すると、水素が発生して最悪爆発の危険性がある為、取り忘れの無いよに気をつけよう。
  • もし抗菌鋼やぬめり防止効果を狙って排水溝や風呂にいれるならば、10円玉よりアルミホイル。アルミホイルよりマグネシウムが効果的。
PR:このページではプロモーションを表示しています

排水溝と風呂にアルミホイルが効果ない?抗菌効果は金属イオンが鍵!

排水溝にアルミホイルや10円玉を入れると、抗菌効果やぬめり防止効果が期待できるのは、主に金属イオンによる働きで、風呂や排水溝に繁殖した雑菌やぬめりにフリーラジカルとして働き、菌の酸化力を高める為です。

排水溝と風呂にアルミホイル
どちらも効果がないわけではないが、コーティング処理された金属は反応がイマイチ

後ほど詳しく解説しますが、金属には陽イオンになりやすい性質のものが存在します。

確かにアルミホイルも10円玉も陽イオンになる性質がありますが、アルミホイルに比べたら10円玉のイオン化傾向は少なく、金属による風呂場や排水溝のぬめりを最大限に防止したいのであれば、イオン化傾向の高い金属を選ぶ必要があります。

原子周期表からイオン化傾向の高い金属を確認すると、Liやカリウムが筆頭に挙げられますが、これらのイオン化傾向が高すぎる金属は、何かに使う前に水と反応して発火したりと非常に危険な側面もあります。

そもそも一般人が入手する事自体が難しいでしょうが、実は私たちの身近に使われている金属でもあり、スマホに使用されているバッテリーの金属が正にリチウム金属です。

度々、互換性バッテリーなどでリチウムが発火した事件は記憶に新しいですね。

このように、金属にはイオン化傾向に違いがあり、一般的に入手できる金属でぬめり防止効果や抗菌効果を期待するのであれば、マグネシウム・亜鉛・アルミニウム・鉄などが適当ですが鉄はさびて風呂水の見た目が悪くなりますし、口に入った時にカナケっぽくなります。

それから、ナトリウムも金属で、アルミよりも抗菌効果は高いですが、私たちが普段口にしている調味料の塩は塩化ナトリウムで金属とは全くの別物ですので、風呂や排水溝に塩を入れないように注意しましょう。

もう一点重要な事ですが、実はアルミホイルを排水溝に入れても、ぬめり防止効果としてはそれほど大きな期待をする事は出来ません。

それは、金属表面が酸化しにくいように、アルミホイルがコーティングされているからです。

普段私たちががいつも見ているアルミホイルって、銀色に光沢がありとても綺麗ですよね?あれは、アルミが酸化しないよにコーティングされているからで、コーディングされているアルミホイルを使っても、アルミ本来の力は十分に発揮できないという事です。

排水溝・風呂にアルミホイルをどこに入れる?ネットに入れて落下防止

排水溝や風呂にアルミニウムや10円玉を入れる場合、どこに入れるか悩んでいるユーザーもいるかと思いますが、これはシンプルに排水溝に流れて行かないような大きさやパッケージのものに入れておけば問題ありません。

ネットに入れたアルミホイル
ネットに入れるアルミホイルはぎちぎちに固めずにクシャッとするくらい

下の見出し『排水溝にアルミホイルを入れる事の危険性!水素が発生する危険な側面』でも解説していますが、排水溝にアルミが流れた状態で、パイプユニッシュやハイターを使用すると水素が発生して最悪爆発する危険もある為、注意して入れたアルミニウムが排水溝に流れださないように注意しましょう。