ブラックキャップが逆効果はウソ!引き寄せてしまうから置くのが怖い

ブラックキャップ逆効果の真相は? 田舎暮らしを楽しむ
使い方によっては耐性ゴキブリを誕生させ逆効果になる事もあるので注意!

ブラックキャップが逆効果になるという事はウソでもあり本当でもあります。

最初のうちは効果的な薬剤も、使用方法によってはゴキブリ駆除には逆効果となる場合がありますので注意が必要ですし、ブラックキャップがゴキブリを引き寄せてしまうのは、餌で誘引して駆除する薬剤なので、当然で自然な事と言えます。

ブラックキャップがゴキブリを引き寄せてしまうから置くのが怖い場合は、直ぐに捨てられるような小さな段ボールに入れて設置すると直ぐに捨てる事も出来て便利です。

ブラックキャップの期限切れを放置すると、中に入っている誘引剤の一部である液糖類が溶け出してベタベタになりますし、一部の誘引剤が揮発して効果を発揮できなくなります。

中途半端な効果の薬剤は、耐性ゴキブリを誕生させる原因となるので、期限切れの放置には注意が必要です。

スポンサーリンク

ブラックキャップが逆効果はウソ!引き寄せてしまうから置くのが怖いポイント

  • ブラックキャップが逆効果になる理由は、中途半端に薬剤を使用して薬剤耐性のあるゴキブリを誕生させてしまうのが原因。
  • ブラックキャップはエサで誘引して殺虫するので、引き寄せてしまうのは仕方ない事。置くのが怖い場合は、直ぐに捨てられる段ボールなどの隅に設置すると安心。
  • 期限切れのブラックキャップを放置すると、内部の誘引剤が溶けてベタベタになる可能性と、一部の薬剤が揮発して誘引効果が低下する。
PR:このページではプロモーションを表示しています

ブラックキャップが逆効果の噂!引き寄せてしまうのは本当か?

ブラックキャップが逆効果の噂は、基本的にはウソですが半分本当でもあります。

どういうことかというと、最初は薬剤が効いていても、薬剤耐性のあるゴキブリは何れ誕生してくるから逆効果の可能性があるという事です。

逆効果にならないブラックキャップの使い方は?
長期間使用しない。期限の切れたものは処分するのが基本

昨今では、ゴキブリよりも厄介なスーパートコジラミが話題ですが、大量に誕生して短命の昆虫は薬剤耐性を持つ事が多いので、逆効果が疑われています。

下記のリンクの研究結果にもある通り、逆効果になる理由の一つとして、本来甘いと感じる糖分が、一部のゴキブリには苦味として認識されて薬剤の入った餌を食べない種も既に誕生しているようです。

以下、薬剤耐性について基本的な知識と、ゴキブリキャップが逆効果にならないように、薬剤耐性を持たせないようにブラックキャップを使用するポイントについて解説します。

ブラックキャップは、ゴキブリ駆除剤の中でも高い効果と安全性で知られるエサ剤ですが、近年では薬剤耐性を持つゴキブリが出現しているという報告も増えてきています。

薬剤耐性とは、害虫が本来有効なはずの薬剤に対して、効果を感じにくくなってしまうことで、これは、害虫が薬剤に対する抵抗力(つまり逆効果)を獲得することで起こります。

薬剤耐性によるブラックキャップの逆効果は、『同じ薬剤の長期使用』『薬剤の使い過ぎ』『薬剤の不適切な使用』が原因で発生します。

同じ薬剤の長期使用は、同じ薬剤を長期間使用していると、害虫はその薬剤に対する抵抗力を獲得しやすくなりますし、薬剤の使い過ぎは薬剤を過剰に使用すると逆効果で、害虫が生き残る可能性が高くなります。

薬剤の不適切な使用は、使用方法や保管方法を誤ると薬剤の効果が低下し、薬剤耐性を発生しやすくなります。