ホワイトガソリンの処分。ガソリンと違いや車に使う事の危険性を解説

コールマンホワイトガソリン 趣味のDIY
外出時はこのタンクにレギュラーガソリンを小分けにして入れている

ホワイトガソリンの処分費用がエネオス調査では、購入時と同程度の金額がかかり、非常に勿体ない事が分ります。

揮発するまで待つ方法も、時間がかかり事故の危険性が高いので最も避けたい処分方法です。

ホワイトガソリンは、レギュラーガソリンと成分が同じナフサを使用しているので車に使用しても問題ないように思われますが、オクタン価が異なり、エンジン故障の危険性が高いのでお勧めしません。

この記事では、ホワイトガソリンの処分方法を初め、レギュラーガソリンとホワイトガソリンの違いやオクタン価について、車やバイクにホワイトガソリンを使用する事の危険性について解説しています。

その他、アウトドア用品でホワイトガソリンの代わりに灯油が使用できるかについても解説しています。

スポンサーリンク

ホワイトガソリンの処分。ガソリンと違いや車に使う事の危険性を解説ポイント

  • ホワイトガソリンは処分すると購入時と同程度の処分料がかかるので、なるべくなら使い切れる範囲で購入するのがベスト。
  • ホワイトガソリンとレギュラーガソリンはオクタン価が異なるので、車に代用する事は出来ない。一時的に問題なくても故障の危険性が高い。
  • アウトドア用品では、レギュラーガソリンの代わりに灯油を代用する事も可能だが、緊急用途に限る。
PR:このページではプロモーションを表示しています

ホワイトガソリンの処分費用や方法。蒸発させるのは危険性が高い

ホワイトガソリンの処分方法はいくつかの方法が考えられますが、揮発するからと言って地面に撒いたり排水溝に流すのは危険すぎるのでおすすめ出来ませんし、環境負荷の観点からも適切な処分方法とは言えません。

ホワイトガソリンの処分費用
エネオスでは一般的に購入価格と同じくらいの処分費用がかかるようだ

かといって、ガソリンタンクを開けっぱなしにしておいて揮発するまで放置するのも、何が原因で火災に発展するか分からないので、危険性が高い処分方法です。

コールマンのホワイトガソリンは1リットルの少量から販売されているので、あまり使う用途が無い場合は、少量のみ購入してなるべく処分に困らず無駄の無いように使用する事が前提です。

ホワイトガソリンもそれなりに高価なものなので、少量であれば次回のキャンプやアウトドア用途として保管しておくのもアリです。

他社の製品はわかりませんが、少なくともコールマンのホワイトガソリンには、タンク内部にパッキンがついて居ますので、保管中にガソリンが揮発して無くなる心配もありません。

ホワイトガソリンは多くのキャンパーが使用するバーナーやランタンの燃料なので、頻繁にキャンプに出掛ける仲間がいるのであれば、『処分ではなく譲』という選択もアリです。

ガソリンを処分しないで別の事に代用するという方法もあります。

ガソリンはDIY用途として脱脂にも使えますし、発泡スチロールと混ぜると直ぐにドロドロに溶けて、そのドロドロに溶けたものは、プラスチック同士の接着に使えたりもします。

ただ、ホワイトガソリンもガソリンの仲間ですので、発泡スチロールと混ぜて接着剤にしても、発火のしやすさは変わりませんので、安全に注意して行ってください。

ホワイトガソリンは、廃棄タンクのあるガソリンスタンドなら大抵の場合処分してくれますが、処分費用が意外と高額ですので、処分するのは本当に勿体ないです。

エネオスでホワイトガソリンの処分料を調査した所、0.7Lで1000円以上の価格でした。

lLで1200円前後で販売しているホワイトガソリンですので、処分費用も同額程度の金額がかかる事が分ります。

いくら使わないからと言って、これでは本当に無駄金ですので、『使い切る』『他のキャンパーに譲る』『脱脂や接着剤として工夫』をしてなるべく無駄にならないように使用すると良いでしょう。

他にも、ホワイトガソリンはハクキンカイロの燃料の代用としても使う事が出来ますし、ジッポオイルの代用にもなりますので、安易に捨ててしまうのは非常に勿体ないと言えます。

ハクキンカイロって初めて聞いた方もいるかもしれませんので、解説するとプラチナとの触媒反応で繰り返し手を温められるハンドウォーマーの事です。

ハクキンカイロに関する記事はこちらで解説しています。

ハクキンカイロにホワイトガソリンが代用できるって知ってる?ガソリンを処分するのは勿体ない!