引っ掛けシーリングを自分で天井に取り付ける手順と固定時の注意点

引っ掛けシーリング天井固定 趣味のDIY
引っ掛けシーリングを自分で天井固定!取り付けの注意点は?

引っ掛けシーリングを自分で天井に取り付けるには、既存の照明器具を外して引っ掛けシーリングにする場合と、天井下地に穴あけと配線を行い引っ掛けシーリングを固定する2通りのパターンがありますが、1から自分で穴あけして取り付ける場合、必要な材料は引っ掛けシーリングのソケットとVVFケーブルで、道具は最低限電動ドリル・カッターナイフ・ニッパーが必要です。

既存の天井照明を外して引っ掛けシーリングを取り付ける場合の材料費は110円です。

手順は下地穴あけを始めに行い、VVFケーブルを通したら被覆を剥いて、引っ掛けシーリングに差し込みビスで固定すれば完了です。

注意点は大きく分けて2つあり、感電に注意する事と、固定は天井間柱に引っ掛けシーリングソケットを固定する事です。

スポンサーリンク

引っ掛けシーリングを自分で天井に取り付ける手順と固定時の注意点ポイント

  • 引っ掛けシーリングを取り付ける手順は大きく分けて三つで、下地への穴あけ・VVFケーブルの配線・引っ掛けシーリングのビス止めです。
  • 天井固定時の注意点は大きく分けて二つあり、感電と間柱へ取り付けないとビスが効かない材料があるという事です。(石膏ボード等は通常のビスでは固定でいない)
  • 引っ掛けシーリングを天井に固定するとにかかる費用は、業者に頼んだ場合相場は5000~10000円ですが、自分で取り付けた場合、材料費の110円だけです。
PR:このページではプロモーションを表示しています

引っ掛けシーリングを自分で天井に取り付ける時の材料と手順

引っ掛けシーリングを天井に固定する時の材料は、コーススレッドが2本必要ですが、配線を行うには丸端子が2本と引っ掛けシーリングのソケット本体が最低限必要です。

自分で天井に引っ掛けシーリングを固定したい場合、必要な材料と作業手順について解説します。

天井に引っ掛けシーリングの固定を効率的に行う為に、タイムラインで作業の全体像と各作業におけるポイントを把握しておきましょう。

天井引っ掛けシーリングを1から自分で取り付ける時の流れと注意点
  • START
    天井下地への穴あけ

    天井下地への穴あけは必ず天井間柱がある部分に取り付けを行ってください。特に石膏ボード等は厚みがあるもののビスが効かないので、専用のネジやアンカーが必要です。

    古民家のキッチンの石膏ボードの下地はかなり細い木が使われているので、注意しないと天井を踏み抜く可能性が高いです。

  • STEP1
    VVFケーブルの増設と固定

    天井裏でジョイントボックス内部の既存の配線から分岐させて、今回施工する天井裏穴付近までVVFケーブルをステップルで固定しながら這わせます。

    穴あけを先にやった方が何処迄ケーブルを伸ばせるのか把握できるので作業がしやすいです。

  • STEP2
    VVFケーブルの加工

    穴を開けた天井裏からVVFケーブルを通して、引っ掛けシーリングのソケットに通します。この時、白と黒の差し込み穴を間違えないように注意。配線の長さにも注意して、短すぎ・長すぎる事の無いように。

  • END
    引っ掛けしーり軍のビス止め

    付属の固定ビスを使ってもいいし、コーススレッドやスリムビスでも問題ないが、重要な注意点は天井裏からビスが飛び出さない事。ビスが飛び出すと怪我の原因になるし、VVFケーブルとビスを挟んで踏んだ時に感電・漏電事故の原因になる。

  • CHECK
    天井照明(シーリングライト)点灯チェック

    シーリングライトや、ぶら下がりの照明器具を取り付けて、点灯チェックを行う。点灯した状態で少しゆすってみてぐらつきや照明のチラつきがないか確認して問題なければ施工完了。

天井に引っ掛けシーリングを固定する時の材料は?本体とケーブルが主

天井に引っ掛けシーリングを自分で初めから固定する時に必要な材料は主に、引っ掛けシーリングのソケット本体と、付属品の固定用ビス、増設用のVVFケーブルです。

今回は引っ掛けシーリングの取り付けがメインなので、VVFケーブルの配線や固定方法については詳しく触れませんが、VVFケーブルを固定するにはステップルや、配線を分岐させるために必要に応じて差し込み型コネクタ・ジョイントボックス・絶縁被覆付閉端子が必要になる場合があります。

VVFケーブルの配線の種類や接続方法に関してはこちらの記事でまとめていますので、家庭で使用されるケーブルの種類に関して詳しく知りたい方は参考になります。