VVFケーブル屋外配線工事の基礎!PF管保護OK。露出配線はNG

VVFケーブル電気工事DIYのイメージ 電気電子・情報工学
VVFケーブルで屋内配線を行うには?屋外で使ってもOK?

家庭の屋内や屋外で使用される屋内外配線用のケーブルにVVFケーブルというものがあります。

電気工事士の免許を持っている方や、住宅設備の配線に従事している工事業者の方ならおなじみの代表的なケーブルですね。

このVVFケーブルは主に屋内用で屋外で使用できないわけではありませんが、露出配線は基本NGで極端に寿命を縮める可能性があるのでPF管などで保護が必要です。

元工場勤務で機械や電気配線設備に従事していた筆者がVVFケーブルの屋外配線について解説します。

スポンサーリンク

VVFケーブル屋外配線工事の基礎!PF管保護OK。露出配線はNGポイント

  • VVFケーブルは屋外配線できないわけではないが、露出配線は寿命が極端に低下するのでPF管や他の方法での保護が必要。
  • 屋外で配線を使用するなら一般的にはCVケーブルで十分!電工ドラム(ドラムリール)でも使用される丈夫な屋外ケーブル。
  • VVFは柔軟性はあるが、CVケーブルのようなヨリ線ではないので何度も曲げたり戻したりしているうちに内部で切れる可能性もある。
PR:このページではプロモーションを表示しています

VVFケーブルの屋外配線工事はOK?露出配線はNGだがPF管で保護でOK

VVFケーブルは屋内・屋外で使用できるケーブルである事は冒頭でお伝えした通りですが、実際にどのようなケーブルでどんな配線パターンがあるのか見てみましょう。

CVケーブル・VVFケーブル・アース線
本題のVVFケーブルは真ん中の平たいケーブルの事。主に屋内専用

こちらが家庭で良く使用される一般的なケーブルの種類です。

左から主に屋外で使用できるケーブルで電動工具などのケーブルにも使用されているのがCVケーブルです。

真ん中のケーブルが今回の記事で主に解説しているVVFケーブルで、上から見ると分かりにくいですが平たい形をしています。

補足ですが、屋内で使用できるケーブルは他にも延長コードのような細い線を何本も束ねて柔軟性を持たせたようなケーブルも存在します。

\延長コードのケーブルの構造や過負荷で焦げる原因について解説!/

延長コードのケーブルの構造や過負荷で焦げる原因について解説!

右はアース専用のケーブルでアース線は緑色をしています。(線が一本だけなのはアース線だからで、このケーブルを地中に埋めたアース棒と接続して地中に電気を流して感電を防止します)

どれも屋内・屋外や家庭の電気配線で良く使用されるケーブルですので覚えておきましょう。

屋内のVVFケーブルと露出コンセント
たるんだVVFケーブルはステップルで綺麗に固定する

続いては屋内でVVFケーブルを使った露出配線の事例です。

VVFケーブルは内部が太い銅線なので、細いヨリ線のCVケーブルよりはたるみが少ないですが、それでも長ければたるみますので、要所要所でステップルという材料を使って固定します。(ステップルは平たいVVFケーブルを固定するためのコの字型の釘です)


建設キャリアプラス