LEDのつけっぱなしで火事!LED電球は布で覆うと焦げる原因に!

LED照明をつけっぱなしで火事? 電気電子・情報工学
LED照明をつけっぱなしで火事!布や紙が火事の原因に?

LED電球のつけっぱなしで火事になる原因となるのでしょうか?結論から言ってなる場合とならない場合がありますが、LEDイルミネーションや電球は布や紙で覆うと焦げる可能性がありますので、基本的にLED電球やイルミネーションを紙は勿論、布で覆うべきではありません。

何故、火事の原因になるかというと、LED電球の発熱には消費電力が関係しており、消費電力の高いLED程発熱し、布や紙で覆うと熱の逃げ場がなくなり火事の原因となります。

旅行中に防犯の目的で、トイレの電気や洗面台の電気をつけっぱなしにしても、LED電球には放熱対策が十分に施されていますし、LED電球は白熱電球や蛍光灯と違って消費電力も少ないので火事の心配はありません。

スポンサーリンク

LEDのつけっぱなしで火事!LED電球は布で覆うと焦げる原因に!ポイント

  • LED電球が熱いのは消費電力が関係しています。諸費電力(ワット数)の高いLED電球程明るいですが熱を出すので燃えやすい紙は勿論、布で覆うべきではありません。
  • LED電球や照明は基本的に放熱設計がされているので、旅行でトイレや洗面台のLEDをつけっぱなしにしても問題ありません。
  • LEDイルミネーションは他の照明機器と違って最も低消費電力で動作するテープ型の照明ですが、ショート等で火災の原因になるのでやはり布や紙で覆うべきではありません。
PR:このページではプロモーションを表示しています

旅行でトイレ・洗面台・イルミネーションの電気はつけっぱなしOK

旅行中にトイレの照明や、洗面台・イルミネーションをつけっぱなしにしてもOKですが、条件もあります。

LEDはつけっぱなしOK
旅行でトイレや洗面台やイルミネーションLEDをつけっぱなしにしてもOK

LEDに関わらず、照明器具には火災が起きないよに、必ず放熱対策が施されていますので、トイレの電気をつけっぱなしで火事になる事はほぼないでしょう。

但し、イルミネーションや洗面台の照明に関しては注意が必要な場合があります。

LEDのイルミネーションのつけっぱなしに関する注意点

LEDはテープ型のイルミネーションですが、多くは装飾として利用する事が一般的です。

このLEDテープのイルミネーションは、他のLED照明に比べて消費電力が少ない設計です。

消費電力が少ないという事は、ほぼ発熱が無いという事ですが、油断は禁物です!つけっぱなしによる火災は殆どないとは思いますが、テープという性質上、切れやすく断線に伴うショートで火災の危険が無いとは言い切れません。

つけっぱなしにした時に、ペットなどLED型のイルミネーションをおもちゃにして遊ばないよに注意してください。

工事用のイルミネーションテープなら問題ありませんが、家電量販店のインテリアコーナーで販売されている殆どのテープ型イルミネーションは、防水処理がされていないので、外でのつけっぱなしはNGです。

洗面台をつけっぱなしにする時の注意点

意外と注意が必要なのが水回りです!勿論水がかからなければ問題ないのですが、水が洗面台に跳ねてしまったりしたら大問題です。

つけっぱなしは勿論、即電気を切って水漏れの原因を調査する必要があります。

他にも、洗面台の照明をつけっぱなしにする注意点として、洗面台の上の方には大抵タオルや洗面道具を入れる棚があると思いますが、そこから垂れたシャンプーやリンス・液体石鹼が洗面台の照明にかかると一大事です。

旅行でトイレや洗面台、イルミネーションをつけっぱなししても基本問題はありませんが、水回りにやペットには注意して、思わぬところから火事につながらないように注意しましょう。

LEDを紙や布で覆うのは絶対NG!焦げるし最悪火事の原因に!

結論から言って何が起こるか分からないので、燃えやすいものを電化製品の上にかぶせる行為は基本NGです。

LEDを紙や布で覆うのはNG
いくら消費電力と発熱が少ないLEDでも紙や布で直接覆うのはやめよう

他の見出しでも解説していると通り、LEDは他の発光デバイスと比較しても抜群に低消費電力で高効率なので、発熱がすくないデバイスですが、電気を扱うという性質上、燃えやすい火事になりやすいものの上で使うべきではありません。

大事な事なので、もう一度LEDイルミネーションやLED電球を紙や布で覆う事の危険性についてまとめます。

乾電池で3V程度のリモコンの点灯に使われるくらいのLEDであれば、火災が起きる事はまずないと思うので、夜中まぶしければ布で覆っても大きな事故につながる事は想定しにくいが、この場合は電源をOFFにするのが適切で、LED照明で使用している電気は家庭用のAC100Vで、条件が整えば簡単に火事が起きるので、注意が必要です。

LED電球が熱いのは大丈夫?電圧・電流・消費電力から徹底解説

LEDは他の照明器具とは違い、低消費電力である事は間違えありませんが、消費電力がゼロというわけではありません。