懐中電灯接触不良の直し方!スイッチ接触不良はアルミホイルが超簡単

LED懐中電灯フロント 電気電子・情報工学
懐中電灯の接触不良をアルミホイルで解決

LED懐中電灯を落としたりぶつけたりすると、スイッチの接触不良を起こしてつかない可能性があります。

フラッシュライトやLED懐中電灯が落としたりぶつけたりした衝撃でチカチカ点滅しだした場合の直し方は、アルミホイルが有効です。

懐中電灯を落とした衝撃で縮んだバネや接点の接触不良をアルミホイルがカバーしてくれます。

懐中電灯・フラッシュライトを分解に関しては全ての懐中電灯が分解して点検できる訳ではありません。

ものによっては手で回せる部分と、バイスクランプ・パイプレンチなどの固定工具をつかって力を加え回さないと分解修理できない可能性もあります。

スポンサーリンク

懐中電灯接触不良の直し方!スイッチ接触不良はアルミホイルが超簡単ポイント

  • つかないLED懐中電灯の接触不良の直し方はボディーのネジ部分の清掃と、縮んでしまった接点のバネに丸めたアルミホイルをかませてねじ込むと改善する事も。
  • LED懐中電灯がどこまで分解できるかはものによって違います。下記で解説している画像の様に分解できないタイプのLED懐中電灯も存在します。
  • 落としたりぶつけたりして付かなくなった懐中電灯は様々な原因が考えられるが、落とした衝撃で接点のバネが縮んでしまった事が原因の一つとして考えられる。(アルミホイルをかましてねじ込んでみる)
PR:このページではプロモーションを表示しています

LED懐中電灯接触不良の原因はスイッチ周りの仕組みにあり!

LED懐中電灯やフラッシュライトを修理する前に懐中電灯の仕組みについておさらいします。

LED懐中電灯のスイッチとキャップ
懐中電灯蓋の一部がスイッチになっている

LED懐中電灯の電圧は大体3V/3.7Vの2つの電圧が一般的で、LEDは電流駆動なので流れる電流は30mA前後です。

3Vで使われる懐中電灯は、ダイソーなどで販売敷いてる簡易的な懐中電灯で主に砲弾型のLEDを抵抗などを使わずに直接ドライブしています。

回路のイメージは実に簡単で、LEDに直接電池を繋いでいると想像すると分かりやすいです。

3.7Vで駆動するような懐中電灯は電池にリチウムイオン電池を使用しており、18650や26650の大容量の電池を使用する事が一般的ですが、LEDチップ自体の動作電圧や動作電流は実に様々です。(調査したところ、懐中電灯に使用されるLEDチップは3.3V-6Vが多いようです)

これらのLEDチップを動作させると、LEDチップは大変熱を持ちますので、LED懐中電灯の躯体はアルミニウムなどの軽量な金属が基本です。

LEDの駆動方式も様々で、ブロッキング発振回路による電圧の昇圧で3.7Vから12VのLEDを駆動したりPWM制御による調光機能がついて居たりします。

ハイパワーで大電流が流れるLEDチップだとアルミ躯体だけの放熱では足りず、内部に温度センサーとファンを持ち強制空冷するタイプもあります。

LEDチップと動作回路は一体になっている事が殆どですので、衝撃で故障したり接触不良を起こす事は殆どないと思います。

落とした衝撃でLEDがチカチカ点滅しだしたりするのは、制御回路の故障というよりは、衝撃と電池自体の重さでキャップマイナス極のバネが縮んでしまったりして動作不良を起こす事が殆どです。

接触不良を起こしやすいバネの部分
縮んでしまい一部接触不良が起きている事も

18650や26650はかなり重いので、落とした衝撃で蓋のマイナス極のバネが押されてしまい縮むと接触不良の原因になる事がある。

LED懐中電灯の有名老舗メーカーと言えばウルトラファイヤーですので、高性能で安価な懐中電灯を検討されている方はメーカーのHP(海外)を参考にどうぞ。

Flashlight, Batteries, Tactical Gears - UltraFir