ACとDCを間違えると?テスターで見分け方や違いをわかりやすく解説

ACとDC 電気電子・情報工学
直流と交流を間違えるとどうなるのか解説!

ACとDCを間違えると、周波数成分を無視できるか否かによって、動く機器と動かない機器があります。

ACは交流電源でコンセントから出力される電源ですが、DCは直流で主に電圧が常に一定の乾電池などが代表的です。

電球などの様に電圧で動作する機器であればACとDC関係なく動きますが、スマホの充電器であるACアダプターのように、周波数成分が無視できない機器を使用した場合はACとDCを間違えると動作しない原因になります。

ACとDCを確認する方法としては、テスターが一般的ですが、オシロスコープの波形で確認する方法もあります。

スポンサーリンク

ACとDCを間違えると?テスターで見分け方や違いをわかりやすく解説ポイント

  • ACとDCを間違えると、動く機器と動かない機器がある。周波数成分を無視できる白熱電球であればDCとAC関係なく動作するが、スマホの充電器のACアダプターのようなものは動かない。
  • ACとDCの電圧はテスターで確認可能!どのような波形の電圧がかかっているか知る為にはオシロスコープを使用する。
  • DC24VとAC100Vの違いは、一定の24Vが出ているのが直流(DC)。時間と共に向きと大きさが変化するのがAC100Vの交流。
PR:このページではプロモーションを表示しています

ACとDCの違いを分かりやすく解説!テスターを使った見分け方

冒頭でも簡単に解説した通り、ACは交流電源で向きや大きさが一定時間ごとに変化しますが、直流は常に電圧が一定で、時間ごとに大きさが変化する事はありません。

AC:交流電源では、一定時間ごとに向きや大きさが変化すると説明しましたが、これはつまり一定時間ごとにプラスとマイナスの向きが逆転するという事でもあります。

対する直流は、大きさが常に一定なのでプラスとマイナスが変化する事はありませんので、この変化をテスターで確認すれば良いという訳です。

直流電源波形
直流は時間がたっても交流の様に大きさや向きの変化はない
交流電源のイメージ
交流電源は、時間ごとに向きや大きさが変化する。プラスとマイナスも変化する

例えば、計ろうとしている電源がACかDCのどちらか分からない時は、テスターのレンジを一番大きな電圧にして、直流モードにした時に、テスターのプラスとマイナスの線を逆にして、逆に振り切れるようなことがあれば直流で、プラスとマイナスを逆にしても振り切れず常に同じ電圧ならば、交流電源という事になります。

周波数に関する豆知識が中部電力さんのサイトにありましたので、どの地域でどんな周波数が使われているか知りたい方はこちらもご覧ください。

地域と周波数 - 電気のマメ知識|中部電力
地域と周波数。中部電力のホームページ。総合エネルギーサービス企業として、安価で高品質なエネルギーサービスを提供し、お客さまとともに未来を創造します。

ACとDCを間違えるとどうなる?コンセントはACとDCどっち?

結論から言ってコンセントはACの交流電源で、DCは乾電池の直流電源です。

AC・DCどちらも動くデバイス
電球など周波数成分が無視できるような電気部品ではACとDC関係なくどちらでも動作する

AC:交流電源とDC:直流電源の両方で動く機器と動かない機器がありますので、その代表例を挙げて何故動くのか解説します。

  • 白熱電球
    画像でも解説している白熱電球は、ただフィラメントを加熱する電圧があればよいので、直流や交流等は関係なく動作します。
    フィラメントでの交流は、明るくなるまでのタイムラグもあり、実際は50または60回ON・OFFを繰り返しているにも関わらず、ずっとついて居るように見えます。
  • ニクロム線ヒーター
    これも直流と交流関係なく動作します。ただモノを温めるだけならば周波数は特に関係なく電圧と電流が重要だからです。

スマホの充電器はACとDCの違いはあるの?アダプターがキモ!

世の中の電子機器はほぼ直流で動いていますが、コンセントはACで交流電源なので、DCの直流へ変換する必要があります。

ACアダプターはACとDCどっち?
ACアダプターは直流では動きません!内部にトランスが入っているからです。