コンセントさすとき光る!白やオレンジに光る時の原因と対策の知恵袋

コンセントさすと光るのは絶縁破壊! 電気電子・情報工学
コンセントさすと光る現象は様々な要因が複合的に絡んで発生する絶縁破壊が原因

コンセントにさすとき光るのは、一瞬絶縁破壊が起きてスパークする現象ですが、特に問題はありません。

ただし、負荷の流れる電流の大きさによってはスパークが大きくなり、ホコリが貯まっているとトラッキング現象で、火災の可能性があるので危険です。

火花が起きないように対策する方法としては、負荷側の電源をOFFにしてからコンセントを差し込むようにしましょう。

今回の記事では、電気電子工学の専門家で、電気工事にも従事した経験のある筆者が、一瞬、白やオレンジにコンセントさすとき光る時の原因と対策の知恵袋について解説します。

スポンサーリンク

コンセントさすとき光る!白やオレンジに光る時の原因と対策の知恵袋ポイント

  • コンセントにさすとき光るのは、絶縁破壊によるもの!白やオレンジは絶縁破壊が起きた時に出る光。
  • 抜くときもさすときも、同様の現象は起きるので、対策として負荷側の電源はかならずOFFにしてからコンセントの抜き差しをする事。
  • 充電器<炊飯器でスパークの大きさは異なる原因は、流れる電流の大きさが異なるから。
PR:このページではプロモーションを表示しています

コンセントさすとき光るのは一瞬起きる絶縁破壊が原因!対策知恵袋

前述した通り、コンセントをさすとき光るのは絶縁破壊が原因で、光るときの色も様々で、オレンジや白、緑などが一般的で、コンセントをさすとき光るだけではなく、コンセントを抜くときにもスパークが発生します。

コンセント抜き差しにおける、一瞬光る原因と対策の知恵袋について解説します。

コンセントさすと光る原因の一つ
このように曲がったコンセントプラグはトラッキング現象が起こりやすいので注意

コンセントのプラグは通常、銅が含まれている事が多いので、銅が燃焼すると緑色に光りますし、その他、環境に依存して、温度・湿度・不純物の有無にもコンセントさすと光る色は左右されます。

コンセントさすとき光るスパークは主に、接続された負荷の大きさや、過渡現象の大きさに左右されます。

接続された負荷のワット数が大きければ大きい程、発生するコンセントさすとき光るスパークの量も大きくなりますし、接続された負荷のコイル成分がつよいかどうかにもかなり依存します。

特に、モーターはコイルの固まりですし、PC周りの電源も、回路に電圧を下げる為のトランスやコイルがいくつも存在しており、コンセント抜き差しすると、コイルの逆起電力が原因で高いサージ電圧が発生し、半導体を破壊する原因になります。

このように、負荷の電源をON・OFFしたときに、一瞬高い電圧が流れて定常状態に戻る現象を過渡現象とも言い、電気回路的には負荷となり、頻繁なコンセントの抜き差しは家電製品の寿命を縮める原因にもなります。

サージによる高い電圧で起きるスパークは、私たちが常に負荷の電源をOFFにした状態で、コンセント抜き差しすれば防止する事が出来ます。

他にも注意が必要なのが、コンセントやプラグの端子の劣化です!古いコンセントやプラグは劣化して錆びている事もありますので、表面のでこぼこや、頻繁な抜き差しによる傷による表面の凹凸は、コンセントさすと光る原因になります。

充電器や炊飯器がコンセントさすとき光る!負荷によって異なる光量

充電器や炊飯器は勿論、コンセントにさすとき光る強さがあるって知ってました?コンセントを抜き差しすると、どの機器も同じ量のスパークをするわけではなく、負荷の状態や、コン