猫が蜘蛛を食べる!蜘蛛を食べても危険は無いのか?猫が食べる虫

猫が蜘蛛を食べる! 田舎暮らしを楽しむ
セアカゴケグモやハチグモと寄生虫、農薬散布直後の蜘蛛を猫が食べる事が無いよに注意

猫が蜘蛛を食べても問題ありませんが、多量に摂取すると寄生虫やクモの骨格が喉に詰まる可能性もあるので注意が必要です。

家庭によく出る一般的な蜘蛛は、大型のアシダカグモ、バツ印の巣を作るのが特徴的な小型コガネグモや、色彩が毒々しいジョロウグモが出ますが、どれも無毒なので、猫が数匹食べた程度では直ぐに健康被害が出る事はありません。

ただ、殺虫剤で蜘蛛を殺した場合は、殺虫成分を含んだ蜘蛛を猫が食べる事になるので、殺虫剤で駆除した蜘蛛は、猫が食べないように直ぐに処分するように注意しましょう。

スポンサーリンク

猫が蜘蛛を食べる!蜘蛛を食べても危険は無いのか?猫が食べる虫ポイント

  • 猫が蜘蛛を食べる事は基本的には問題ないが、セアカゴケグモ・ハチグモは注意。(殆どいない)
  • 猫が食べると危険な蜘蛛は他にもあり、農薬が散布された直後の蜘蛛や、寄生虫のある蜘蛛を食べると健康被害の原因となる。
  • 猫についた蜘蛛の巣はタンパク質で毒は無いので、触っても安心だがベタベタして中々取れない事も。
PR:このページではプロモーションを表示しています

猫が蜘蛛を食べる原因は?食べても問題ないの!?特に問題なし

猫は動くものなら何でも追いかけて捕まえたがり、蜘蛛も例外ではありません。

うちの猫も、よく蜘蛛を見つけては追いかけて遊んでいますが、遊んでいると次第に興奮して大抵は食べてしまいます。

蜘蛛は見た目から毒がありそうで、猫に危険が無いのか心配になりますが、殆どの蜘蛛は無毒なので、食べても心配いりませんし、なんなら最近の昆虫食ユーチューバーの中では、人が蜘蛛食べている姿すらよく動画で見かけます。

家庭にはよく大型で、手のひらサイズのデカいクモの代表である、アシダカグモや、赤と黒と黄色が毒々しいジョロウグモ、バツ印の蜘蛛の巣が特徴的な小型コガネグモが出ますが、どれも無毒で毒は無いので安心して大丈夫です。

どこの家庭にも良く出るアシダカグモは猫が食べる代表の蜘蛛!だけど巣を作らない益虫です。

アシダカグモに関する生態は、下記の記事でまとめていますので、興味のある方は是非ご覧ください。

アシダカグモはゴキブリやムカデを食べる益虫なので、むやみに殺してしまうと他の不快害虫が増える原因に!

猫が蜘蛛を食べる理由は、主に狩猟本能・遊び・栄養補給の3つが考えられますが、家ネコの場合は単に遊びでじゃれている事が多いかもしれません。

猫はもともと肉食動物であり、野生の猫は獲物を捕らえて食べる習性があるので、家猫でもその本能が残っており、動くものを見ると追いかけたり、捕まえたりして遊びます。

蜘蛛も動く獲物として猫にとって魅力的な存在であり、じゃれ合うように捕まえて遊んでいるうちに食べてしまうことがあります。

他にも、子猫や若い猫は、特に遊び好きな傾向があり、蜘蛛を捕まえてもすぐに食べるのではなく、長時間じゃれ合ったり、おもちゃのように振り回したりして遊ぶことがあります。

その過程で誤って食べてしまうこともありますが、先ほど解説した通り、家庭に出る殆どの蜘蛛は無毒なので心配いりません。

蜘蛛はタンパク質や脂肪分が豊富に含まれており、猫にとって栄養価の高い獲物なので、野生の猫や栄養不足の猫は、獲物を積極的に捕食して食べることで栄養を補給します。

上記以外にも、誤認やストレスが理由で猫が蜘蛛を食べる場合があります。

子猫の場合、動くもの全てを餌と認識してしまうことがありますので、蜘蛛を昆虫と間違えて食べてしまうことがあります。

猫がストレスを感じている場合、正常な判断ができずに、普段食べないものまで口にしてしまうことがあります。

猫が蜘蛛を食べることは、基本的に問題ありませんが、毒のある蜘蛛・寄生虫のいる蜘蛛・農薬がかった蜘蛛の場合は注意が必要です。