キッチンコンセントが足りない賃貸!延長コード・電源タップで増やしたい

キッチンコンセント足りない賃貸 電気電子・情報工学
キッチンにコンセントが足りない、または無い賃貸は延長コードで増設するしかない

キッチンコンセントが足りない賃貸は非常に不便なもので、大抵は2個しかないか、ひどい場合はキッチンにコンセントがない賃貸も存在します。

賃貸なので、コンセントの位置が悪い場合や、増やしたい場合は、延長コードや電源タップで増設するしかありません。

キッチンのコンセントを増設する場合は、普通の延長コードではなく、専用のタップや漏電遮断器を付けないと危険です!

その理由を電気電子工学科の大学を卒業し、工場従事者の筆者が解説します。

スポンサーリンク

キッチンコンセントが足りない賃貸!延長コード・電源タップで増やしたいポイント

  • キッチンコンセントが足りない賃貸の場合、電気工事をすることが難しいので、基本は延長コードか電源タップで増設するしかない。
  • キッチンコンセントが欲しいところにない、コンセントの位置が悪い場合は、延長コードで拡張する必要がありますが、専用の漏電遮断器や延長コードを使わないと危険です!
  • キッチンコンセントは危ない!取り替えたら放置ではなく定期的にマメな清掃と確認が必要。(トラッキング火災の防止)
PR:このページではプロモーションを表示しています

キッチンコンセントが足りない賃貸には電源タップや延長コードで対応

キッチンにコンセントが足りない賃貸には、基本電源タップや延長コードで対応するしかありません。

安い賃貸だと、キッチンにコンセントが無い場合もありますが、大抵の場合は、キッチン照明の横あたりについて居る事もありますが、このコンセントを使って調理器具を使うのは非常に不便ですし、照明用のコンセントは普通、一個しかなく使える容量も小さい事が多いです。

キッチンにコンセントがない賃貸
キッチン照明にはコンセントが一口だけある事も
キッチン照明とコンセント
コードがぶら下がって直ぐ外れるので、お勧めしない

普通のコンセントが1500Wまで耐えられ、3口程度ついて居る事を考えるとかなり不便ですし、キッチンで使う電気機器は大抵高負荷なので、キッチン照明のコンセントに無理やり電源タップでタコ足配線すると、最悪火災の可能性もあるので注意が必要です。

おまけにこのコンセントは、地面と平行について居るので、コンセントを刺すとどうしてもコンセントの重みで抜けがちですし、第一キッチンの水場で垂れ下がったコードは邪魔で非常に危険です。

賃貸オーナーに交渉というのもアリですが、一番時間がかかり現実的ではない方法なので、お勧めしません。

電源タップや延長コードをキッチンで使用する場合、一般的なコンセントを使いがちですが、キッチンは水回りなので、専用の電源タップや延長コードを使用しないと、漏電の危険があって危険ってご存じですか?

特に、延長コードを使用して電子レンジにつなげる場合には注意が必要です!電子レンジは他の機器と異なり、内部で食品を温める為の電磁波であるマイクロ波を発生させますが、このマイクロ波を発生させるのに、約1500V以上の高電圧が必要で、流れる電流も大きいので人が何らかの原因で感電したら、ひとたまりもありません。

高電圧を扱う電子機器には、通常漏電した時の為に、アース線がついて居ますが、キッチンのコンセントにはアース線がない事が殆どですので、アース線が取り付けられない場合は、必ず漏電遮断器を別途で付ける必要があります。