コンセントが臭い!魚臭い・下水臭ささやカビ・タバコの臭いまで消臭

コンセントが臭い原因は? 田舎暮らしを楽しむ
動物の死骸やタバコのヤニが原因だが、焦げ臭い場合は要注意!

コンセントが臭い原因は様々な理由があり、魚臭い・下水臭さは壁向うの配管の異常や、壁に潜む動物の死骸が腐っている可能性もあります。

また、コンセントの裏側は大抵通気性が悪いので、カビが生えてそこからカビ臭い空気が漏れてくる可能性もあります。

タバコの臭いや、コンセントについたヤニの臭いは消臭が可能なので、電気工事で数々のコンセントを設置・分解した経験のある筆者が、主婦でも出来るコンセントの臭い対策について解説します。

注意が必要なのが、差し込み口の焦げ臭さで、常に焦げ臭い場合は中でショートしている可能性が高いので、直ぐに修理をする必要がある。

コンセントの電源は100Vの電源が出力されており、感電すると命にかかわります!筆者が解説した方法以外でのコンセントの臭い対策は絶対に行わないでください。
コンセントの配線は電気工事士の免許が必要です。

スポンサーリンク

コンセントが臭い!魚臭い・下水臭ささやカビ・タバコの臭いまで消臭ポイント

  • コンセントが魚臭い・下水臭い匂いの殆どは集合住宅の場合、壁内部の配管や、一軒家の場合は動物(特にネズミ)が腐っている事が殆ど。
  • コンセントがカビやタバコの臭いで臭い場合は、コンセントカバーのみ取り外して漂白する事も可能!(電気工事士免許不要)
  • 差し込み口が焦げ臭い場合は直ぐに修理を!交換自体は難しくないが、免許が必要なので電気屋さんに相談しよう。
PR:このページではプロモーションを表示しています

コンセントが臭い!魚臭い・下水臭い匂いがする場合の対策方法

コンセントが臭い原因には様々な理由がありますが、下水臭かったり魚臭い場合は、壁側の配管や動物の排泄物や死骸を疑う必要があります。

マンションなどの集合住宅の場合は、壁側に下水の配管が取り付けられている事も多く、空気抜きの穴から漏れてきたガスや汚水の臭いが壁の上昇気流を伝って上げってくる可能性もあります。

一般住宅で特に一戸建ての一軒家の場合は、壁に汚水の配管が設置されている事はありませんので、水漏れや配管の不備ではない事が殆どです。

一番よくあるコンセントが臭い原因としては、コンセントと同じ壁の中にネズミや動物が住んでいて、そこに排泄をしたり、死骸があったりするからです。

コンセントはカバーを外すと分かりますが、意外と大きな穴と隙間が空いており、室外と室内の温度差から、外の空気がコンセントの隙間から流れてくることも珍しくありません。

この、外の空気を取り込んだ隙間風と一緒に、動物の臭いが混じって流れてくると、コンセントが臭いという原因になる事があります。

壁を取り外して確認出来れば一番良いのですが、なかなかそのような事をするのは難しいので、気になる方はコンセントを外して、ファイバースコープカメラで中を覗いてみると良いかもしれません。

具体的なコンセントの臭い対策の前に、確認するのが動物の存在ですが、これは夜中にカリカリしたような音が聞こえれば、ほぼネズミです。(私の家の場合は朝方と夕方と夜中に頻繁に聞こえた)

具体的な対策方法は、まずはネズミや動物を追い出す事ですが、絶大な効果を発揮したのが超音波発生器です。

私は入居当初数年ネズミ被害に悩まされており、コンセントが臭い経験もしました。

ネズミ駆除用のエサや、粘着シートも試してみましたが、警戒心の強いネズミには全く効果がありませんでした。

ネズミが居る場所は分かっていたので、ミントスプレーを何度も噴射しましたが、数時間後には戻ってきて一時的な効果しかありませんでしたが、超音波発生器をネズミが生活している横に取り付けたところ、なんと即日でネズミが居なくなりました!

超音波発生器でコンセントが魚臭い・下水臭い匂いを対策!原因はほぼ動物の排泄物って知ってた?