ムラサキカタバミを食べるとどうなる?怖い花言葉の真相が衝撃!

カタバミ2種 田舎暮らしを楽しむ
カタバミとアカカタバミが両方生えている。ハート形の葉が特徴的

ムラサキカタバミは他の山菜同様にシュウ酸を含み、毒は無く食べる事が出来、今回は葉・茎・根を茹でと素揚げで実食レポートしましたが、結論から言って根っこだけは茹でても素揚げにしても土臭くて食べられる代物ではありませんでした。

カタバミの花言葉に関しては『輝き』と『喜び』で、昔の人がカタバミのシュウ酸を利用して硬貨を磨いた事に由来するもので、怖い要素が一切ないデマである事が分かりました。

カタバミの金属の汚れ落とし効果はかなり高く、実際に他のシュウ酸を多く含む植物と比較した結果、カタバミの汚れ落とし効果の有効性が確認出来ました。

カタバミを使った遊び方に関しても言及していますので、ぜひ最後までレポートをお読みください。

スポンサーリンク

ムラサキカタバミを食べるとどうなる?怖い花言葉の真相が衝撃!ポイント

  • ムラサキカタバミもアカカタバミも無毒なので、どのような調理方法で食べても健康に問題が出ることは無い。(但しシュウ酸を含むので腎疾患のある方は注意)
  • カタバミの花言葉は『輝き』と『喜び』で、昔の人がカタバミで金属を磨いた事に由来するもので、怖いという噂は完全なデマ。
  • ムラサキカタバミは葉も根も食べられない事は無いが、実際に食べてみると根だけは繊維質だらけで土臭く完食するのは難しい。
PR:このページではプロモーションを表示しています

ムラサキカタバミを食べる!葉は違和感ないが根っこは不味すぎる!

ムラサキカタバミも同様の種類のカタバミも元々日本には存在しない外来種の植物で、カタバミの名前の由来は花が閉じている時に半分食べられた?(全くその様には見えないが?)ように見える事からカタバミという名前がついたそうです。

カタバミが日本に持ち込まれた経緯や、山菜としての時期や実際に食べた感想をレポートします。

カタバミは外来種で観賞用として江戸時代に日本に持ち込まれた

カタバミという植物についてもう少し解説すると、カタバミは多年草の外来種で、原産が南ヨーロッパや北アメリカから観賞用として、江戸時代に日本に持ち込まれたのが始まりだそうです。

観賞用という位ですので、確かにカタバミの花は特徴的で美しいものが多いですが、その生命力も半端ではなく、あまりの繁殖力の高さから環境省で要注意外来生物として指定されているようです。

カタバミの葉や茎、根には他の植物と同様に例外なくシュウ酸を含み、そのままかじって酸っぱさを楽しむ事もあったようです。(イタドリもかじって酸っぱさを楽しむ事がある)

あく抜きの方法は他の植物同様、灰汁・コメの研ぎ汁・重曹を使用してあく抜き可能ですが、カタバミはそれほど酸っぱさが気にならないので、そのままゆでて食べる事が出来ます。

カタバミ2種
カタバミとアカカタバミが両方生えている。ハート形の葉が特徴的
朝開花前のカタバミ
夜になると閉じるが朝になるとまた開く不思議な植物

左の写真はムラサキカタバミとアカカタバミが同時に生えている珍しい様子です。

どこのカタバミ群生地帯を見ても、大抵はそれぞれ単体で群生している事が多く、同時に同じ種類のカタバミが混在して育成している事はあまり見た事がありません。

右の写真は朝の8時ころに撮影したカタバミの様子ですが、夜は眠るという噂通り、午前8時現在ではまだ花は開花していません。

朝8時前後のカタバミ
そろそろ日が出る頃だがまだ花は開いて居ない

午前8時30分現在、他の場所に群生しているカタバミの様子ですが、ちらほらと花が膨らんできているのが分かります。