差し込み型コネクタの屋外使用禁止!外し方のコツと再利用の目安は?

差し込み型コネクタ 趣味のDIY
差し込み型コネクタは屋外使用禁止?外し方や再利用の目安を解説

差し込み型コネクタの再利用は禁止されておらず、基本的には再利用可能ですが、推奨されておらず一旦外したものは新品と交換する事をおすすめします。

外し方のコツは左右に引っ張りながらゆするだけで外す事ができ、取り付けも取り外しも特別な工具は不要です。

差し込み型コネクタの屋外使用においても禁止行為ではないものの、劣化を早める原因となる為推奨はされていません。

今回は差し込み型コネクタの禁止行為や外し方のコツについて、筆者が今まで工場や現場の電気工事で体験した事を、画像を交えて解説します。

スポンサーリンク

差し込み型コネクタの屋外使用禁止!外し方のコツと再利用の目安は?ポイント

  • 差し込み型コネクタは屋外利用が完全に禁止されている訳ではないが、湿気や紫外線で劣化しやすいのであまりおすすめしない。
  • 差し込み型コネクタの再利用についても禁止行為ではないが、配線も差し込み型コネクタも新品を使用して配線する事が推奨される。
  • 差し込み型コネクタの外し方のコツは左右にゆすりながら引っ張ると簡単に外す事が可能。再利用も基本的には可能だが、メーカー要確認。
PR:このページではプロモーションを表示しています

差し込み型コネクタの屋外使用は禁止と防水仕様のジョイントボックス

私がDIY小屋で施工した差し込み型コネクタとジョイントボックスの明らかな禁止施工事例から紹介します。

詳しくは各見出しで解説していますが、ポイント一旦冒頭でまとめると、絶対禁止行為(使用する材料や状況による)ではありませんが、基本的に差し込み型コネクタを屋外で使用するのは推奨されず、ましてや左下の画像のように、屋内用のVVFジョイントボックスを使い、差し込み型コネクタで防水処理をせずにまとめるのは結構危険な行為と言えます。

差し込み型コネクタの再利用も基本的には可能ですが、おすすめはされず、一旦使用したものは破棄して新品の差し込み型コネクタと新しく配線を剥きなおして配線する事をお勧めします。

差し込み型コネクタの屋外使用禁止
良くないジョイントボックスと差し込み型コネクタの使用例。禁止例
防水ジョイントボックス
配線が雑だが防水ジョイントボックス内部で差し込み型コネクタを使用している為今の所問題ないw

一応、屋根の直下で水がかからないことを確認しているのと、予算の問題で安い方法で施工していますが、この方法だと、蜘蛛がジョイントボックス内部に巣を作る可能性もあり、それが湿気で漏電や火災の原因となるので、もし私の様な施工を真似する場合は定期的なメンテナンスが必須です。

余談ですが、VVFケーブルを今回の画像の様に、導電性のパイプや配管類に這わせてステップルで固定するのは禁止行為です。

VVFケーブルの固定間隔も法律で定められた間隔があるので、仕事で配線する場合は、私の様に適当な間隔でVVFケーブルを固定しないように注意しましょう。

ここは自宅なので問題が起きても自己責任の範囲で修まりますが、仕事で金銭が発生している状態ではシャレになりません。

ただ、実際の所、結構どの業者も屋外でVVFケーブルを使っていたり、勉強の為に無資格者に配線させたり、電気工事界隈は結構自由度の高い配線をしているのが現状です。

そもそも学校の先生なんて明らかに無資格なのに、100Vで電気パンを作る実験をしたり、技術課の先生が生徒にテーブルタップを作る実習をさせたりしてますよね。

これも厳密には言えば違法(禁止)行為ですw

だからと言って私個人が咎めるつもりはありませんし、時と場合、先生の力量や安全対策にもよるので何とも言えません。

差し込み型コネクタの外し方のコツは?捻じりながら引っ張る

差し込み型コネクタの外し方はVVFケーブルを左右に捻じりながら引っ張れば少しずつ抜けていきます。

あまり強く左右に振り過ぎると、配線に傷がついてしまいますし、差し込み型コネクタの劣化を早めてしまいますので、ほどほどに。

差し込み型コネクタを取り外した後の再利用は基本的には可能ですが、電気工事士の試験を受ける場合は推奨されておらず、配線を外した場合、新品の差し込み型コネクターを使用し、かつVVFケーブルを新たに剥きなおします。