パーツクリーナーでプラスチックは溶けるしゴムも劣化!割れる可能性

パーツクリーナーVSプラスチック製品 趣味のDIY
パーツクリーナーでプラスチックやゴムがとける?劣化するのは本当?

パーツクリーナーは石油系溶剤なのでプラスチックは溶けますし、ゴムはも劣化し、割れる可能性も大きな成分ですが、汚れを落とす効果は大きいので、プラスチックにマスキング処理を行ってからパーツクリーナーを吹きかければ問題ありません。

プラスチックにステッカーを張り付ける場合、脱脂処理としてプラスチックにパーツクリーナーを使う場合は、洗浄力が強すぎて溶ける可能性があるので、プラスチックの脱脂に使えるシリコンオフを使用して、プラスチック表面の劣化を防ぐ事が出来ます。

その他の方法として、プラスチックはアルカリに耐性があるので家庭用の洗剤も代用可能ですが、車用の専用洗剤が販売されており、極力パーツ類を傷めない成分となっているのでおすすめです。

本記事では、塩ビ管やプラスチックにパーツクリーナーを吹きかけて、パーツクリーナーがプラスチックに与える影響と、時間ごとの変化を観察します。

スポンサーリンク

パーツクリーナーでプラスチックは溶けるしゴムも劣化!割れる可能性ポイント

  • パーツクリーナーの成分は石油系溶剤なので、プラスチックを溶かし、ゴムも劣化する可能性が大!マスキング処理をすれば洗浄力の強いパーツクリーナーでもOK。
  • プラスチックの脱脂処理で、石油系溶剤を使用するならシリコンオフ。これならプラスチックが劣化したり割れる可能性を抑える事が出来る。
  • パーツクリーナーが無い場合は、家庭用の中性洗剤で代用可能だが、極力車・バイク用の洗剤を使う事をおすすめする。
PR:このページではプロモーションを表示しています

パーツクリーナーでプラスチックやゴムが溶ける・割れる・劣化する!

冒頭でもお伝えした通り、結論から言ってパーツクリーナーでプラスチック・ゴムパーツは溶けますし、劣化もします。

長期間放置すると割れる可能性もあるので、パーツクリーナーでプラスチックやゴムの洗浄を行いたい場合は、養生をしっかり行うか、プラスチックやゴムでも劣化しないシリコンオフを使用して洗浄する必要があります。

その他の一般家庭出来るパーツクリーナー以外の洗浄方法については、下記で順次解説していますので、最後までご覧ください。

では、実際に実例を交えて本当にパーツクリーナーがプラスチック製品に影響を及ぼすのかを確認してみたいとおもいます。

パーツクリーナー裏面
拡大してみると石油系溶剤という記載がある

まずは、パーツクリーナーへの注意点から!使用する溶剤も、溶剤を噴霧する為の高圧ガスもLPGという可燃性ガスを使用していますので、換気や火器には十分注意して作業してください。

パーツクリーナー VS 透明プラスチック

パーツクリーナーと最も石油系有機溶剤の影響を受けそうな、透明のプラスチックの影響を調べてみます。

結果ですが、対して面白いものではなく、1h程度放置しても特に見た目は変わりませんでした。

このプラスチックの成分が何なのかはわかりませんが、プラスチックの種類によっては影響を受けにくい種類も存在するのかもしれませんし、1h程度ではなくもっと浸す必要があったかもしれませんが、パーツクリーナーの仕様上、直ぐに揮発してしまうので数時間後の様子は分かりません。

パーツクリーナーVSプラスチック
石油系有機溶剤でどろどろに溶けるかと思われたが結果は?
パーツクリーナーの影響を受けてない!
見た目にはパーツクリーナーで全