エアーコンプレッサーの使い道は?洗車やホコリ飛ばしに使える!

川根本町ラボ | エアーコンプレッサーの用途 趣味のDIY
川根本町ラボでは掃除やDIY等に幅広くエアーコンプレッサーを利用しています

エアーコンプレッサーの使い道を知らず、選び方に困ったことはありませんか?普段から洗車やホコリ飛ばしに活用している筆者が、家庭用 100Vで使えるおすすめの最強エアーコンプレッサーを紹介します。

エアーコンプレッサーが一台あるだけで様々な使い道があり、特に田舎暮らしでは1台は持って損は無い多機能な道具です。

スポンサーリンク

エアーコンプレッサーの使い道は?洗車やホコリ飛ばしに使える!ポイント

  • エアーコンプレッサーは洗車やホコリ飛ばし以外にも、DIYに一台揃えておきたい工具。使い道も色々。
  • 最低30L位のタンク容量があれば洗車やホコリ飛ばしとしてもストレスなく使用できる。
  • タンク容量30L・100Vあれば家庭用ほかエアー注入・埃飛ばし・エアー工具等様々な用途に使える。
PR:このページではプロモーションを表示しています

エアーコンプレッサーがおすすめの理由はその汎用性の高さにあり、エアーコンプレッサーは皆さんが想像する以上に多くの使い道があるのです。

見出しにも書きましたが、エアーコンプレッサーの使い道は洗車やホコリ飛ばしなんてレベルには留まりません。

ネジを回したりは勿論、なんと吐き出すのが専門のエアーコンプレッサーと思いきや、掃除機としても使えます。

おまけに空気の力を利用したコンプレッサーは、運用コストが電気に比べて安いので、工場では機械制御の中心的存在としてコンプレッサーが使用されています。

工場で使用するコンプレッサーは、エアードライヤーというコンプレッサーの親玉のような超デカいコンプレッサーです。

空気を利用したポンプなどもありますので、水を汲みだすことだって出来るんです!今説明しただけでもコンプレッサーがどれだけ汎用性の効くスゴイ道具か理解できたと思います。

エアーコンプレッサーの使い道を業務用と家庭用で解説!

それでは、具体的にエアーコンプレッサー 100Vの家庭用と、エアーコンプレッサー 業務用の使い道について、私が実際に業務と家庭で体験した違いをお話しします。

エアーコンプレッサー 業務用の使い道。主に工場や建築業界などで活躍!

エアーコンプレッサーなんて工事業者とか専門業者しか使わないのでは?普通の人はあまりなじみのない機械かもしれまんが、田舎暮らしの生活用品として必ず揃えたいものの一つと感じています。

”エアーコンプレッサーがどういったものかを簡単に解説すると、圧縮空気を送るための機械です。”

電気を使用して圧縮空気を作るのですが、これがあると無いとでは掃除の進捗度合いもだいぶ違います。

田舎へ移住して掃除する部分は色々あるかと思いますが、私の場合、自家用車の洗車や、和室の梁やエアコンのホコリ飛ばしで大活躍しました。

掃除機で吸うという手もありますが、掃除機程度の吸引力では限界があります。

エアーコンプレッサーって掃除機にもなるのはご存じですか?しかも、その吸引力も半端ではありません。

アタッチメントを付け替えれば水や油も吸えますし、ゴミも袋のようなものに貯まり、貯まったらそれを捨てるだけです。

当たり前ですが、掃除機でエアーツールを使いタイヤ交換や、エアータッカーで木材に釘を打つことは出来ませんが、エアーコンプレッサーで有れば、一般的な空気入れの用途のほかに様々な使い道があるという利点があり、とにかく他の工具に比べ汎用性が高く多用途です。(工具の使用用途が一般的ですが、継ぎ手を利用して6mmのホースへ変換すると工場で使用するエアシリンダー等のエアー駆動部品の学習に使う事も出来ます)

エアーコンプレッサーのメーカーは約13社ありますが、有名メーカーと言えばA&Cですので、参考までにリンクをご覧ください。

エアーコンプレッサー・塗装設備のことなら株式会社A&Cサービス
株式会社A&Cサービスはエアーコンプレッサー&塗装設備のベストコンディションを提案する企業です。現場を熟知した専門スタッフによる出張修理やメンテナンス・各種工事、コンプレッサのリユース(中古)取り扱い、レンタル・サブスクリプション、光触媒施...

エアーコンプレッサー 100V 家庭用の使い道や活用例

田舎暮らしでどんな機械があると便利なのか迷ったら、エアーコンプレッサーも選択の一つにするといいです。

インパクトドライバーは、メーカーによってはオプションパーツでのこぎりやポンプには代用できますが、塗装したり釘打ちしたり、ごみを吹き飛ばすほどの大容量のエアーを生成する事は出来ませんし、先ほどの掃除機の例でも同様です。

応用範囲が最も広く、使い道が多い機械がエアーコンプレッサーなのです。

これだけ応用範囲が広く、多用途で便利なエアーコンプレッサーですが、不便な点を挙げるとすればコンパクトでない事でしょうか。

それから、充電式のインパクトドライバーのように小回りが利かない点です。

エアーを使うという構造上・仕組み上どうしてもエアーツールを使用するにはエアーホースが必要になってきます。

場合によってはこのホースが邪魔になりますし、第一エアーを作るには電源が必要ですので、電源の無い作業場では使えません。

静音設計のエアーコンプレッサーが殆どですが、静音と言えどもエアーコンプレッサーの動作音は相当うるさく耳障りです。

インパクトも締め込み音がうるさいですが、エアーコンプレッサーはその比ではありませんので、夜中に住宅街で使えばクレーム間違いなしの動作音です。

デカい本体も小回りが利かない要因の一つで、エアータンクがあるので仕方ないですが、かなりデカいです。

収納場所も考えないとかなりの保管スペースを必要としますし、移動も台車がついている位持ち運びには不便で、持ち上げようとしても本体は相当な重さです。

接続方法など細かい部品や器具は次の記事で紹介します。

エアーコンプレッサーの種類は?オイルレス?オイルタイプ?エンジン?

エアーコンプレッサーにはオイルタイプのものとオイルフリーの機種がありますが、迷ったらオイルフリーのものをお勧めします。

例えば、あなたがプラモデル好きで塗装の用途に使う場合オイルミストが混入すると製品の出来に影響するからです。

オイルフリーでないエアーコンプレッサーを購入した場合でも、オイルミストフィルターを使用すれば空気中に混入したオイルを分離してくれます。(しかし、結構高い)

エアーコンプレッサーを購入するときはオイルフリーのものを選択するとして、どのエアーコンプレッサーを選ぶかですが、洗車やエアーダスターでホコリ飛ばしとして使用するのであれば、ある程度のタンク容量が必要です。

30L~。タンク容量は大きければ大きい程良いです。馬力は0.5もあれば十分です。