アラジンストーブのメンテナンス方法はたったの4つだけ抑えておけばOK

アラジンストーブ 趣味のDIY
アラジンブルーフレーム

アラジンストーブをメンテナンスしようと思っても分解清掃が面倒。壊したらどうしよう。難しくないの?
そんなことは全くありません。今回この記事を読むだけでアラジンストーブの日常メンテナンスから困った時の対処方法までわかりやすく画像を交えながら全てを網羅して解説しています。

この記事を読みながらメンテナンスを進めて行けば、あなたのアラジンストーブが新品同様の青い炎が美しいブルーフレームに完全復活できます。

スポンサーリンク

アラジンストーブのメンテナンス方法はたったの4つだけ抑えておけばOKのポイント

  • アラジンストーブのメンテナンスの基本は芯の清掃から始め、それでもだめなら内炎板と外炎板のメンテナンスをするとブルーフレームが復活する場合が多い。
  • 余程芯を出し過ぎたりしなければアラジンストーブの芯を交換しなくても基本何シーズンも持つことが多い。
  • 意外と見落としがちな劣化灯油についても注意しよう。(何シーズンも持ち越した灯油は水分を含んでおり、不完全燃焼の原因になる)
PR:このページではプロモーションを表示しています

アラジンストーブの日常メンテナンスは大きく分けて4つあり、芯のメンテナンス・内炎板のメンテナンス・外炎板のメンテナンス・芯の交換と別れています。手順もこの順番通りに行えばばっちりアラジンブルーフレームが復活します!

不完全燃焼時のメンテナンスフロー
  • STEP1
    芯のメンテナンス

    専用のクリーナーを使用して芯のでっぱりを平らにならす。(芯の先端が平らではいと炎の高さが均一にならない)

  • STEP2
    内炎板のメンテナンス

    内炎版にはタンク下方からの大きな上昇気流を取り込むため、一番埃を吸い込みやすい部分です。

  • STEP3
    外炎板のメンテナンス

    内炎板に比べると空気の流量は少ないですが、長期間メンテナンスしないとこちらも埃がたまり不完全燃焼の原因となります。

  • STEP4
    芯の交換

    専用クリーナーで芯を清掃して内・外炎板を清掃してもだめならいよいよ芯の交換です。(前シーズンの劣化灯油を使うと水分を含んでいてメンテナンスを適切に行っても完全燃焼しない場合があります)

アラジンストーブの仕組みから不完全燃焼の原因を解説

アラジンストーブと関西火鉢
灯油ストーブと火鉢で冬の暖を取る

アラジン石油ストーブをブルーフレームにする為に必要な事は、日常メンテナンスが大切ですが、お手入れの前にまずはざっとアラジン石油ストーブの仕組みを知る事で不完全燃焼時(ブルーフレームでない黄色い炎がまじる燃焼)の問題の切り分けがしやすくなりますので、修理やメンテナンスを行う前に仕組みについて簡単に解説します。

アラジン石油ストーブは電源もいらずマッチだけでブルーフレームに燃焼するストーブです。燃料タンクに入った灯油を円筒形の芯だけで自然に吸い上げ、燃料がしみ込んだ芯に点火する事でブルーフレームを実現しています。ティッシュペーパーに灯油をしみ込ませて火を付けているのと基本的な仕組みは変わりませんが、実際にこのようにしただけでは黄色い炎で燃焼するだけです。

アラジンストーブがブルーフレームで燃焼するには芯の形状や燃焼部分が鍵を握っています。燃料タンクはドーナッツ状に穴が開いており、そこに円筒形状の芯を付けることで、下からの上昇気流を発生させます。さらにサイドにも空気の取り込み口があり、内側と外側から熱による上昇気流で自然に空気を吸い込み完全燃焼させています。

簡単にまとめると内炎板・外炎板には空気取り込み口には細かい穴が開いておりこの部分に埃が詰まると空気を効率よく供給できないので不完全燃焼の原因となるわけです。更に、芯に不純物が付いていたり芯の高さが均一でないと炎の高さが違ったり、これも不完全燃焼の原因になるという訳です。

アラジンストーブをブルーフレームに復活させる4つの具体的な方法

一番最初に芯の高さを専用のクリーナーで整えます。それでダメなら内炎板の埃とり・外炎板の埃とり・それでもだめならいよいよ芯の交換です。
順を追って解説しているので、それぞれの具体的な方法をそのまま真似してメンテナンスを進めるだけでOKです。

アラジンストーブの芯のメンテナンス-1step

アラジンストーブの不完全燃焼
芯を短くしてあえて不完全燃焼にしてみた
アラジンストーブ
アラジンブルーフレーム

まずは芯のメンテナンスをする前に、燃焼状態を比べてみましょう。左が不完全燃焼で、右が4ステップでメンテナンスが完了した完全燃焼時のブルーフレームです。

アラジンストーブの火入れ前
メンテナンスするにはこの状態から始める

それでは、火を付ける時と同様の状態にアラジンストーブを開きます。開くと内炎板と外炎板が見えます。アラジンストーブの芯のメンテナンスをするにはこの状態から内炎板を取り外す必要があります。

下の画像でも触れていますが、内炎板はかぶせてあるだけですの