バイスクランプの使い方とは?固定クランプの種類も解説

バイスクランプ各部 趣味のDIY
バイスクランプの使い方

バイスクランプって便利そうだけど使い方や種類を知らない方は多いと思います。なんとなくボルトやナットを回すプライヤーというイメージをお持ちではありませんか?実はそれだけじゃないんです!バイスクランプの種類や構造・用途・おすすめポイントなどを実際に見ながら解説します。

スポンサーリンク

バイスクランプの使い方とは?固定クランプの種類とポイント

  • バイスクランプとはものを固定しながら作業ができるのでとても便利な工具。
  • 固定クランプはバイスクランプやC型クランプの総称であり、C型クランプはネジ式のものが一般的。
  • バイスクランプを買うなら舐めたネジを固定しながら回す事ができる溝があるタイプをおすすめ。
PR:このページではプロモーションを表示しています

バイスクランプは別名ロッキングプライヤーとも呼ばれ、材料を簡単に強力に保持する事が出来ます。材料を保持したまま他の作業が両手で出来るので、非常に便利な工具と言えます。

例えば、ウォーターポンププライヤーは水道で使用する工具ですがロックしたまま回す事が出来ませんので不便な場合がります。

バイスクランプ(ロッキングプライヤー)であれば、片手だけで材料の保持や開放も簡単にできるので、より正確な作業が可能と言えます。

更に、バイスクランプは種類によっては有名なネジザウルスの様に舐めてしまったネジやトラスネジを回す溝がついているものもあります。でっぱりがほんの数ミリでもロックくして強力に保持する事ができます。

バイスクランプって種類があるけどおすすめは?どこで購入したらいいの?

バイスクランプ(ロッキングプライヤー)は様々な種類がありますが、大きく分けて次の二点です。他にもラジオペンチのような先の細いものなどもあります。

バイスクランプにはC型クランプなどもありますが、このクランプは土木建築用のもので、合板などの材料を簡単に固定したい時に使用しますので、割愛します。参考までにC型クランプとは上記の商品のようなものです。見ての通り大きなC型をしています。安価なものだと、ロックする部分がネジ回し式になっていますが、C型クランプは簡単に材料を固定する事が出来ます。

私が最もお勧めするバイスクランプです。このバイスクランプは固定しながら舐めた小ねじを回すことが出来るので、普通のバイスクランプと違い様々な用途におススメです。平ネジは勿論の事、トラスネジも回す事の出来る溝がついて居ます。なめたネジを回すバイスクランプには有名どころでネジザウルスがありますが、ネジザウルスはネジを回すのが専門でグリップ部分がラバーになっているので、固定した金属の焼き入れをする用途には躊躇してしまいますが、このバイスクランプなら全てが金属ですのでその心配もありません。

【カインズ】バイスプライヤー250mm 102007
バイスプライヤー250mm 102007ならカインズ。くらしに役⽴つオリジナル商品・お買得品を豊富に品揃え。5000円(税込)以上で送料無料。店舗在庫の確認、取り置きもできます。

こちらはカインズさんで購入できるバイスクランプですが、このタイプは安価ですがお勧めしません。ネジを回す溝がついて居ないのが、私の持っているバイスクランプと比較するとわかると思います。

DIYで使用するなら、お金をなるべくかけずに汎用性のあるものを選びたいものです。(用途によってはこれが間違えという訳ではありません)

バイスクランプを使い方の注意点は?安全なの?

続いてバイスクランプの注意点をお話しします。バイスクランプを使用する上で必ず読んでほしい注意ポイントになります。

バイスクランプは金槌ではない!叩いての使用は厳禁

バイスクランプを使うには何点か注意してほしいポイントもあります。まず、第一にバイスクランプはカナヅチではな