下地センサーのiphoneアプリは無料?反応しない場合の対処法

iPhone下地センサーアプリ 趣味のDIY
iPhoneの下地センサーアプリは現状存在しない。アンドロイド端末のみ

結論から言って下地センサーのiPhone無料アプリは現状では存在せず、andoroid端末のみで使用する事が出来ます。

iPhone・Android端末の下地センサーアプリに共通して言える事ですが、どちらも無料の下地センサーアプリだけをインストールすれば動作する物ではなく、別途下地を探すためのデバイスの購入が必要です。

アプリ以外で下地を探す一般的な方法は、『磁石を使う』『下地センサーを使う』『叩いて音の変化を確認』『ピンを刺す』『設計図を見るの4つの方法が存在します。

今回は、下地センサーのアプリは勿論、その他の下地探しの方法や下地センサーが反応しない原因についても解決方法を解説します。

スポンサーリンク

下地センサーのiphoneアプリは無料?反応しない場合の対処法ポイント

  • 下地センサーのiPhoneアプリは検索しても存在しないが、android端末ではアプリが存在する。(アプリのダウンロードは無料だが下地センサーアプリだけで動作するわけではない)
  • 残念ながら現状でiPhone端末で使用できる無料の下地センサーアプリは存在しない。
  • 下地センサーが上手く反応しない場合は、機器の仕組み上静電容量が上手く検知できていない事が原因。
PR:このページではプロモーションを表示しています

下地センサーの無料アプリはあるの?android端末で使える人気アプリ

下地センサーの無料アプリは存在します!但し、アプリをandroidにインストールすれば即、スマホが下地センサーの代わりになる訳ではありません。

その理由について簡単に解説します。

壁の中の下地(柱や配管)を探すにはセンサーが必要ですが、iPhoneやandroid端末にセンサーが組み込まれている訳ではないので、別途専用のガジェットを購入して下地を探す必要があるのです。

海外DIY界隈で人気のワラボットを使用した下地センサーで、下記がその話題の商品です。

では、その下地を探すセンサーの仕組みですが、『X線を利用』『静電容量を使用』『超音波』等の方法があります。

下地センサーガジェットの無料アプリで使われている下地を探すセンサーの仕組みは『X線』です。

壁にX線を当てて、瞬時に柱を見る事が出来る超便利な無料アプリが存在し、日本ではあまり話題になっていませんが、アメリカのDIY界隈ではとても人気商品の一つになっています。

The world's most advanced stud finder
Discover the power of Walabot DIY & DIY 2 - advanced wall imaging technology for home improvement and renovation project...

日本円で約4万円程のお値段で、静電容量を使用して下地を探す安価な下地センサーが2000円前後の価格と比べると大変高価ですが、スマホを通して下地がそのまま見れるのでとても面白いですね。

日本のアップルストアでは現状、下地センサーのiPhoneの無料アプリが存在しませんが、アメリカではiOSとandroid両方に対応しているそうです。
この辺は日本とアメリカの違いなのでなんとも言えませんが、通常、apple製品のアプリは、appleの厳しい審査に合格しないとアップルストアにアプリを出す事が出来ませんので、もしかしたら端末を購入しても日本では使う事が出来ないかもしれませんので、その辺は要確認です。

下地センサーのiPhoneアプリは現状で存在しない!android端末のみ

冒頭でもお伝えした通り、下地センサーのiPhoneアプリはアップルストアで探しても現状では存在しません。

Android端末のみ、特別なガジェットを購入して無料でアプリをインストールする事が出来ます。

Android・iPhoneアプリにも言える事ですが、そもそもスマートフォンには下地を感知するためのセンサーや仕組みが組み込まれていないので、アプリをインストールしただけではスマートフォンで壁の下地を探す事は出来ません。

iPhone下地センサーアプリ
iPhoneの下地センサーアプリは現状存在しない。アンドロイド端末のみ