すりガラスが見えるカメラ!風呂のすりガラスはテープで見える危険!

古民家のすりガラス 田舎暮らしを楽しむ
すりガラスは一見プライバシーが高そうですが見える危険性があります!

すりガラスが見えるカメラというものは存在せず、風呂のすりガラスはテープを貼る事で表面が滑らかになり、乱反射が抑えられてはっきり見える危険性があります。

寛ぎ空間である風呂場やトイレで安心して過ごせるように、カメラですりガラスが見えるのか?テープを貼ると、すりガラスの透過性が増して風呂が見えてしまうのか検証と覗き対策方法を紹介します。

すりガラスは、ガラス表面に砂を吹き付けてガラス表面に傷をつける加工方法ですが、テープを貼ったり湿気で濡れると乱反射が抑えられて風呂が透けて見える危険性があるので、風呂場に使用するがガラスはより大凸面の大きな型ガラスや、ガラス専用のフィルム・カーテンと併用する事をおすすめします。

スポンサーリンク

すりガラスが見えるカメラ!風呂のすりガラスはテープで見える危険!ポイント

  • すりガラスが見えるというカメラは存在しないが安心はできない。
  • 風呂にすりガラスを使用すると、湿気や水滴の飛散で見える危険性があるので注意!
  • 風呂のすりガラスにテープを貼る方法も同様で、一部分だけ見える危険性がある為、風呂用のガラスは凹凸の大きな型ガラスやフィルムを張る事をおすすめする。
PR:このページではプロモーションを表示しています

すりガラスが見えるカメラが存在しないからと安心はできない!

すりガラスが見えるカメラやアプリは存在しませんが、安心する事は出来ませんので、すりガラスで風呂場やトイレを覗かれない為の対策や、すりガラスの種類についても解説します。

冒頭でもお伝えした通り、すりガラスとは普通のガラスの表面に砂を吹き付けて微細な凹凸を作る加工方法で、この方法で作られたすりガラスは表面が滑らかで、光沢を抑えた上品な仕上がりになります。

もう一つの加工方法が酸エッチングで、ガラスの表面をフッ酸などの酸で溶かして加工する方法です。

この方法で作られたすりガラスは、サンドブラストよりも表面が粗く、曇りガラスのような仕上がりになります。

風呂場の覗き対策に使うなら、なるべく屈折率が大きな酸エッチング処理されたガラスをおすすめします。

ここまですりガラスの加工方法や、すりガラスを超えて見えるカメラは存在しない事をお話ししましたが、実はまだこれだけでは安心できません。

すりガラスが透けて見えるカメラが無くても、赤外線で透けて見える可能性があるからです。

赤外線でものが透けて見えてしまう原理には主に二種類存在します。

一つ目が温度差を利用した方法で、物体と背景の間に温度差があると、それぞれ異なる量の赤外線放射を発し、赤外線カメラはこの赤外線放射を検知し、温度差を画像として表現することで、目に見えない物体を見ることができます。

例えば、人間の体温は周囲の環境よりも高いため、赤外線カメラで撮影すると、人体が赤く映り、また、暗い部屋の中で発熱している物体も、赤外線カメラで撮影すると光っているように見えます。

二つ目が物体と背景の透過率を利用した方法で、物体と背景によって、赤外線の透過率が異なる場合があります。

赤外線カメラはこの透過率差を検知し、透過率の違いを画像として表現することで、目に見えない物体を見ることができます。

例えば、服は赤外線を透過しにくい素材で作られていることが多いですが、肌は赤外線を比較的透過しやすい素材で作られています。そのため、赤外線カメラで撮影すると、服の下の肌が透けて見えることがあります。