パイプユニッシュをお湯で流してしまった!死亡する可能性は?

パイプユニッシュをお湯で流してしまった! 田舎暮らしを楽しむ
パイプユニッシュをお湯で流してしまったら、塩素ガスが発生して危険です!最悪死亡するかも!

パイプユニッシュをお湯で流してしまった場合、死亡する可能性はあるのかについては、その可能性は高いと言えます。

高温のお湯でパイプユニッシュを流すと、塩素ガスが発生して大変危険です。

また、パイプユニッシュ時間置きすぎ問題や、2時間放置でどうなるかですが、放置すると逆に溶けたごみでパイプを詰まらせる可能性があるので、推奨されません。

他にも注意が必要で、家庭の知恵風呂を見て雑菌を抑えるアルミホイルとパイプユニッシュが反応して、爆発の危険がある水素ガスを発生させます。

スポンサーリンク

パイプユニッシュをお湯で流してしまった!死亡する可能性は?ポイント

  • パイプユニッシュをお湯で流してしまったら、毒ガスの塩素ガスが発生して死亡する危険性がある!
  • パイプユニッシュの時間置きすぎや、2時間など放置してしまうとパイプの奥にゴミが詰まる可能性があります。
  • パイプユニッシュが配管を傷める事はありませんが、パイプ廻りの目皿の金属を傷める可能性は十分にあるので注意が必要です。
PR:このページではプロモーションを表示しています

パイプユニッシュをお湯で流してしまったらどうなる?毒ガスで死亡?

結論から言って、あまりに高温のお湯をかけると、塩素ガスが発生して死亡するというのは本当です!

パイプユニッシュ毒ガス発生の原因
金属類も水素ガスが発生して危険性が高い

他にも問題があり、熱湯はパイプの配管の接着剤を溶かしてしまったり、貯まったお湯がパイプを変形させる可能性があるので注意が必要です。

但し、これはあくまで排水管の種類がHT以外のもので、茶色の配管のHTは耐熱用の配管なので、HT管で施工されて専用の接着剤でつないでいるなら配管に対する影響はありません。

配管の種類による耐熱温度は下記の記事でまとめていますので、HT管について気になる方は、パイプユニッシュを使う際に、下記の記事も参考にしてください。

配管がHT配管なら熱湯を流しても問題ないってホント?配管の種類によるい耐熱温度について解説!

メーカーの指示通り、40~50度のお湯ならば問題ないので、バケツに張ったお湯でボトルを温めてから流すと効果的です。