バスロマンとバスクリンの違いや入浴剤は使わない方がいい?安全性は?

各社で入浴剤の違いは? 田舎暮らしを楽しむ
バスロマンとバスクリンの違いや使わない方がいい入浴剤や入れたまま追い炊きしてしまった時の対処法

バスロマンとバスクリンの違いは、バスクリンは薬効を狙った入浴剤がメインで、バスロマンは若者向けにリラックスやアロマ効果を狙ったバラエティ豊かな商品が多いです。

入浴剤は使わない方がいい!買ってはいけない入浴剤というのは、主に風呂釜に対しての影響が大きいので、追い炊き機能がある風呂釜で使われている銅管は、湯の花の硫黄には弱いので、買ってはいけないし使わない方がいい入浴剤です。

もし、入浴剤を入れたまま追い炊きしてしまった場合は、直ぐに水抜きをして、可能ならば銅管内部を水で満たして清掃しましょう。

人体に安全でおすすめの入浴剤は、石油由来の合成保湿剤や、香料、着色料、防腐剤が入っていない入浴剤がおすすめです。

スポンサーリンク

バスロマンとバスクリンの違いや入浴剤は使わない方がいい?安全性は?ポイント

  • バスロマンやバスクリンの違いは、販売戦略によるところの違いが大きいです。バスロマンは若者向けでバスクリンは薬効を狙った製品が多い事で知られています。
  • 入浴剤は使わない方がいい、買ってはいけない入浴剤というのは追い炊き機能のついた風呂釜に対する影響の大きさからで、硫黄が含まれるものは使わない方がいいです。
  • 安全でおすすめの入浴剤は、合成保湿剤、香料、着色料、防腐剤が含まれていないものです。
PR:このページではプロモーションを表示しています

バスロマンとバスクリンの違いは?成分表から入浴剤の違いを解説!

バスクリンとバスロマンの違いについて、成分から違いを解説していきたいと思います。

バスクリンとバスロマンは、どちらも日本の入浴剤市場を代表する大手ブランドですが、それぞれの特徴や歴史があります。

バスロマンの中身
風呂釜によくない使わない方がいい入浴剤は硫黄入りのもの

バスクリンは、1930年発売の歴史あるブランドで、日本の入浴剤文化を築き上げてきたパイオニア的存在で、「温浴効果」「薬効効果」を重視した商品ラインナップが特徴です。

温浴による疲労回復や肩こり緩和など、健康志向の方におすすめのブランドイメージです。

対してバスロマンは、1984年発売の比較的新しいブランドですが、近年高い人気を誇っています。

香りや色にこだわった商品が多く、バスルームでのリラックスタイムを演出するようなラインナップが特徴で、美肌効果や気分転換効果など、美容や癒しを求める方におすすめのブランドイメージです。

製品の特長として、バスクリンは薬用入浴剤や温浴効果を重視した商品が多いため、炭酸ガスや生薬などの成分が配合されていることが多いです。

バスロマンは、香りや色にこだわった商品が多いため、エッセンシャルオイルや植物エキスなどの成分が配合されていることが多いです。

バスクリンは薬用入浴剤、温浴効果入浴剤、スキンケア入浴剤など、幅広い種類の商品があります。

バスロマンは発泡入浴剤、にごり湯、入浴剤アソートなど、バラエティ豊かな商品があります。

  • 求める効果
    温浴効果、薬効効果、美肌効果、リラックス効果など、求める効果によってブランドを選ぶと良いでしょう。
  • 香りや色
    香りや色にこだわりがある場合は、バスロマンの方が豊富な選択肢があります。
  • 価格
    価格帯は両ブランドとも幅広いですが、バスクリンの方がやや低価格帯の商品が多い傾向があります。

どちらのブランドも、高品質な入浴剤を提供しています。ご自身の好みやニーズに合わせて、最適なブランドを選んでください。

体に悪いから入浴剤は使わない方がいい?入浴剤は入れなくても大丈夫