灯油が服についたり手についたりしても大丈夫?灯油の匂いを消す方法

灯油が服や手についた! 田舎暮らしを楽しむ
灯油がついても少量なら大丈夫な理由と対処方法を解説!

灯油が少量服や手についたりしても大丈夫です。

服についた時のポイントは、焦らずにまずは灯油を完全に揮発させてから洗濯すれば大丈夫です。(揮発した段階で匂いはほぼ無い)

手についた場合は、サラダ油やレモンに含まれるリモネンや、茶殻に含まれるカテキンが消臭効果があり、灯油の匂い対策に効果的です。

灯油を舐めてしまった場合の対処方法の知恵袋は、灯油を誤飲した量にもよりますが、多量に飲み込めば中毒症状が発生する為、気分が悪くなった場合は直ぐに医師の診察を受けましょう。

スポンサーリンク

灯油が服についたり手についたりしても大丈夫?灯油の匂いを消す方法ポイント

  • 灯油が服についた場合はまずは乾燥・揮発。それから洗濯すれば大丈夫!いきなり洗濯機に入れて洗濯しない事!
  • 手についた場合は、サラダ油やレモンの皮、茶殻が匂い消しに効果的!カテキンはポリフェノールの一種で消臭剤としても使われている。
  • 灯油を舐めてしまった場合の知恵袋は、無理に吐かせたり水を飲ませたりせず、まずは救急車!
PR:このページではプロモーションを表示しています

灯油が服についた場合でも大丈夫!昔のクリーニングでは灯油を使用

灯油が服についた場合、殆どの場合は大丈夫ですが、落ちるまでにはかなりの時間がかかります。

特に多量にしみ込んでしまった場合は、洗濯機に入れるよりも、野外に干して揮発するのを待ってから洗濯する事をおすすめします。

灯油が服についた場合大丈夫?
いきなり洗濯するのはNG!まずは揮発させてから洗濯

灯油が服についた状態で洗濯すると、洗濯機内部に匂いが移る可能性もありますので、絶対に灯油のかかった衣類を洗濯機に入れないようにしてください。

特に、乾燥機が着いたドラム式乾燥洗濯機の場合、洗い残しの灯油が揮発して、火事や爆発事故に繋がりかねない為、洗うとしても、服についた灯油は手洗いのみです。

洗うにしても、先ほど解説したように、まずは灯油が揮発するまで待ちましょう!意外と揮発するのは早いですし、揮発すると匂いも大分低減するので大丈夫です。

衣類で良く使われているナイロンですが、ナイロンは灯油に対して殆ど溶解する事は無いので、焦らずにまずは服についた灯油を乾かしましょう。

余談ですが、ドライクリーニングが登場した初期のころは、服のクリーニングに灯油他、ガソリンやベンゼンなどが使用されていた時期もあったそうですが、現在ではそのような事はありませんし、最近の衣類には様々な素材が使われており、どの部分が灯油で影響を及ぼすか分からないので、注意が必要です。

灯油が服についたまま、そのまま着ている人は居ないと思いますが、灯油が服についたら量にもよりますが、直ぐに衣服を着替えて灯油を落としましょう!

灯油は皮膚から吸収されると急性中毒を起こし、人体に悪影響を及ぼしますので、衣服についた灯油は直ぐに着替えて身体を洗い流しましょう。

揮発した灯油もかなり危険で、下記に紹介する事例でもあるように、灯油は意外と揮発し易く、密閉された空間で揮発した灯油を吸い込むと、嘔吐やめまいなどの急性症状を起こす可能性があります。

灯油を衣服にこぼしてしまった場合は仕方ありませんが、二次災害を防止する為に、換気の良い場所で作業するように注意しましょう。

幸いこのケースでは、死亡者は出ませんでしたが、揮発した灯油も人体には有毒という事が分ります。