町内会に入らない一軒家の若者は非常識?自治会組長のリアル体験談!

川根本町のイメージ 田舎暮らしを楽しむ
町内会へ入らないと非常識と取られるのは本当か?

地域のコミュニティーに入ると避けられないのが町内会や自治会で、町内会に入らない一軒家の若者は非常識なのでしょうか?

川根本町に住んでみて、自治会組長を始めて体験した時のリアルな体験談をお話しします。

良く心配されることの一つとして、自治会に入らない戸建てはゴミ出しが出来ないと不安になる方もいらっしゃいますが、結論からいって川根本町ではそのような事はありません。(他の自治体や町内会では不明で、ゴミ収集場所の土地所有者が許可しないという事例もあるそうです)

スポンサーリンク

町内会に入らない一軒家の若者は非常識?自治会組長のリアル体験談!ポイント

  • 町内会に入らない一軒家の若者が非常識なんて事は全然ない!川根本町では町内会に入っていない人も実際結構いる。
  • 自治会の組長をやってみたが、意外と簡単で回覧板の資料を振り分けたり、資料や自治会費を集めたり年に4回の会議に出るだけ。
  • 自治会に入らないと戸建てのゴミが出せない事は無い。ゴミ袋は購入式でゴミの処分料が含まれているから、ゴミ袋さえ購入して名前を書けば基本誰でも捨てる事が出来る。
PR:このページではプロモーションを表示しています

町内会に入らない一軒家の若者もいるが非常識ではないし参加は自由

結論から言って、町内会に入らなくても、現在の川根本町の私が参加している地域の町内会・自治会では非常識と思われることはありませんし、参加する場合は自分が嫌なら家族の誰かが町内会に参加すればOKです。

川根本町の景色
近所のダム

地域によって様々な町内会のコミュニティールールがありますが、そもそも私が住む地域での町内会は承認制なので、参加しようとしても参加できない場合もあります。

町内会に参加して初めて知ったことなのですが、数年前まではオープンで誰が参加しても良かったそうなのですが、最近では宗教団体や反社会勢力の町内会への参加を避けるために、あえて承認制での町内会参加のルールを追加したそうです。

町内会を承認制にすることで、住民が共有するものや制度を、反社会勢力や宗教団体から守る役割があるそうです。

従って、川根本町の全てではないと思いますが、私が参加している町内会のコミュニティーは承認制なので、住民から認められなければ参加する事は出来ませんので、参加しないからと言って=非常識というレッテルを貼られる事もありません。

実際に移住してた一軒家の若者でも、参加しない人も居ますが、そういった方は地域の広報やお祭りの情報が回ってこないだけで、生活に必要な事は問題なく出来ますので安心して生活できるでしょう。

消防団もそうですが、『非常勤特別職の地方公務員という扱いなので、消防団に参加していないからと言って火事になっても消防団に入っていない一軒家の火災は放置ということはありえないのでご安心ください。(因みに私は消防団に入っていません)

非常勤特別職の地方公務員に関する情報は、総務省で言及されていますのでご覧ください。

消防団に関する質問 | よくあるご質問 | 総務省消防庁
火災の予防や消火、救急、救助など国民一人ひとりが安心して暮らせる地域づくりに取り組む消防庁の情報を発信しています。

町内会に入らない若者は変わり者?町内会に入らないデメリット

町内会に入るか入らないかは、基本的には自分次第だと思います。

地域によっては圧力を加えたり、厳しいルールで対応して若者から敬遠される地域もあるようですが、川根本町に至っては今の所そのような話は聞いたこともありません。

私も、現在は町内会に入って初めて組長をやっていますが、勧められて全ての行事に参加するつもりはないですし、『自分は自分 人は人 自分の時間を大切にしたい』という意識が人よりも強い方なので、忙しい時や興味のない行事には進んで参加する事はありません。

それでも地域の人とはそれなりに上手くやれていますし、大きなトラブルもありません。

町内会は法律で定められた参加理由がある訳ではありませんので、基本的には全国で町内会への参加は任意です。

参加しない若者が変わり者という認識がそもそもの間違いで、右に倣えの日本人らしい考え方だなと私は感じます。

町内会へ参加しない事へのデメリットもいくつか挙げておきます。

町内会が抱えている問題や、住民同士の結束感ややりとり、お祭りの情報などは町内会に入って初めてわかる事なので、お祭りごとのイベントが好きとか住民同士のつながりを強めたいという意思のある方は参加するメリットは大きいでしょう。

町内会に入る事で住民同士の情報交換も出来ますし、新たな出会いもあると思いますので、メリットは大きいでしょう。

ただ、私の場合は運がよかったのもあって、面倒な人が居ると途端にメリットがデメリットに変わる場合もありますので、そういった場合は町内会から早々に退散しても良いかと思います。

人の考えはそれぞれなので、町内会に参加しない若者や移住者を変わり者とする人も中にはいるかもしれませんが、町内会への参加は完全に個人の自由で恥じる事ではありませんので、必要ないと感じたら堂々と参加拒否を表明しましょう。

私も現在は町内会や行事に参加していますが、自分が必要ないと感じればいつでもやめるつもりですし、後ろめたい気持ちも全くありません。

ただ、現在は色々な意味で参加するメリットがあまりにも大きいので、今の所町内会への参加をやめるつもりはありません。

町内会に参加しない事への常識・非常識として、住民や人の目を気にするのではなく、自分はどうしたいか?を考えて行動した方が良いと思います。

以下の記事では、川根本町で古民家を購入した時の不動産屋・オーナーとの値引き交渉の仕方について解説していますので、地方移住に興味のある方は、リアルな移住者の話としてとても参考になるでしょう。