お風呂ブザーおススメの自作方法を徹底解説!【ホームセンターで材料を揃える】

1.5V電子ブザー 趣味のDIY
大分前に購入した廃盤の電子ブザー

お風呂ブザーは壊れた電子部品を使用して自作可能です。ダイソーやヨドバシカメラで購入すると、1000円から2000円前後と機能の割に高価なお風呂ブザー。ホームセンターで揃う材料を使えば圧倒的低価格で制作出来、電子回路の基礎についても学ぶことも出来ます。お子さんの自由研究にもぴったりなテーマですのでDIYとエコ精神を発揮してお風呂ブザーの制作にチャレンジしてみましょう!

半田付けの資格を勤務工場で取得し、電子工作歴20年以上の筆者が詳細に解説します。

スポンサーリンク

お風呂ブザーおススメの自作方法を徹底解説!【ホームセンターで材料を揃える】ポイント

  • お風呂ブザー(水位センサー)の材料は電子ブザーさえ手に入れば後の部品は家電の分解でなんとか自作できるので、家電を分解するのもおすすめ。
  • 直ぐに動くお風呂ブザー(水位センサー)を自作したいなら最低限、電子ブザー・トランジスタ(2SC1815など)・電池ボックスを揃えよう!
  • 道具はダイソー・100均の半田ごて(はんだごて)とニッパーがあれば十分!ホームセンターならもっと良い温度調整機能付きのものが手に入る!
PR:このページではプロモーションを表示しています

お風呂の水位を検知してセットした水位に達したらアラームを鳴らすお風呂ブザーの自作です。
ホームセンターの材料で自作するお風呂ブザーがダイソーやヨドバシ等で販売しているものより低価格で制作できるのは、壊れた家電製品を利用してその部品を再利用可能という理由が一つ。(殆どの電子機器に組み込まれているトランジスターは電子回路を動かす上で基礎的な部品だからです)。一つ目の部品が1個手に入れば後はホームセンターでブザーや電池ボックスを揃えるだけなので数百円で制作出来ます。

同様のものはアマゾン等で1000円位で販売していますが、身近な部品を利用すれば数百円で同じようなものが出来ます。改造次第では電磁弁と組み合わせて水を止めるという動作をさせる事も出来ます。

田舎暮らしを楽しみながら薪で沸かすお風呂は風流な感じがして良いものですが、操作性が悪くふろ水を溢れさせて焚口や周りの縁石にかかってしまうと熱膨張からひび割れの原因となりかねません。
なぜ、こんなものをわざわざ紹介しようとしたかというと、田舎暮らしの古民家では時に五右衛門風呂や薪風呂で水位計を始め温度計や電磁弁も付いていないことが殆どです。
ダイソーやヨドバシで販売しているパナソニック製品を購入すれば早いですが、ここではあえてDIY精神を発揮して故障したパーツから外した部品とホームセンターで揃う材料で低価格でお風呂に取り付ける水位計を自作してみる事にします。(水位が設定値まで達すると、ブザーを鳴らして水の溢れを防止してくれる電子装置です)

自分で制作する事で電気回路の仕組みと応用の方法を身に着けてもらおうという考えです。

お風呂ブザーを自作する前にタイムラインでステップ順に自作する流れを抑えておきましょう。

お風呂ブザー自作の流れ
  • STEP1
    ホームセンターで揃える材料とその他のパーツと工具

    お風呂ブザーは故障した家電製品からトランジスタを探すところから始まります。ブザーや電池ボックスは勿論、工具も全てホームセンターで揃います。

  • STEP2
    お風呂ブザーの自作回路

    電極に水が触れるとブザーが鳴って知らせてくれる仕組みを回路図と画像を使って解説します。

  • STEP3
    自作したお風呂ブザーが動かない時のチェックポイント

    トランジスタの種類によっては動かない場合もありますので、チェックリストを参考にして接続方法や半田付けの方法について確認してください。

  • STEP4
    お風呂ブザーに付加機能を追加する(カスタム)

    電磁弁を付加してカスタムすれば、ダイソーで販売している商品より高機能なお風呂ブザーを自作する事が出来ます。

  • STEP5
    お風呂ブザー自作の要点を纏め

    上記STEP4までのお風呂ブザーの自作ポイントを纏めました。

お風呂ブザーを自作するときにホームセンターで揃える材料やその他のパーツ・工具について

電子お風呂ブザーを自作するに当たり、部品を調達する必要があります。先ずは部品調達の方法からレクチャーします。続いてホームセンターで揃える材料から道具についても解説します。

家電製品からお風呂ブザーに必要な材料をゲットせよ!

必要な部品は生活で要らなくなった家電製品の大抵のものからとる事が出来ます。ただ、スマートフォンやアンドロイド等の本体からはチップ部品しか取れないので、要らなくなったスマホの充電器本体を分解したりテレビやラジオからも同様の部品を取る事が出来ます。

ヒートシンクに固定されたトランジスタ
電源回路のトランジスタはヒートシンクに固定されていることが多い